環境統計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

環境統計学(英語: )とは、統計学環境視点から見たものである。  

統計学環境学などに応用したもので応用統計学の一種と考えられる。[1]

解説[編集]

環境的視点から見たとき、必要な統計学役割は次の記述統計学推測統計学の2つに要約される。[2]

二項分布
記述統計学

ばらつきを含んだ多数のデータから、測定の対象となっている事象の特徴を客観的に導き出す方法である。[3]具体的には、度数分布ヒストグラム)の作成、代表地の算定、ばらつきの程度の算定、相関係数回帰分析多変量解析[4]などがある。

推測統計学

対象事象の全体の特徴を推測することが統計学役割である。推測するための主な方法は、推定検定である。推定では、標本から得られる特徴をもとに、確率的なばらつきを考慮しながら、母集団の特徴を見極めようとする方法である。検定では、まず標本から得られた知識をもとに、母集団の特徴について何らかの仮説を立てる。次いで、確率論に基づいてその仮説が正しいとみなせるかどうかを検証する方法である。[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『環境統計の現状』p.336
  2. ^ 『環境統計学入門』p.3
  3. ^ 『環境統計学入門環境データの見方・まとめ方』p.17
  4. ^ 『多変量解析による環境統計学』p.11
  5. ^ 『環境統計学入門環境データの見方・まとめ方』p.37‐38

参考文献[編集]

  • (本)『環境統計学入門環境データの見方・まとめ方』 片谷教孝,松籐敏彦著   平成20年3月10日発行 オーム社 計164頁
  • (本)『多変量解析による環境統計学』石村 貞夫,劉 晨著   2009年7月24日発行 共立出版 計256頁
  • (本)『環境統計学』鈴木栄一著   1979年2月1日発行 地人書館 計253頁
  • (本) 『統計学』杉原左右一著 2014年1月発行 晃洋書房 計353頁
  • (記事)『環境統計の現状』小池修一郎著 1991年 造園雑誌 55巻4号336-339頁

関連事項[編集]