環境総合テクノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 環境総合テクノス
KANSO CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
541-0052
大阪府大阪市中央区安土町1-3-5
設立 1974年1月17日
業種 建築業
法人番号 9120001077653
事業内容 環境、土木、建築事業
代表者 取締役社長 大石 富彦
資本金 1億円
売上高 210億円
純利益 7億6847万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 186億9102万4000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 574名
外部リンク www.kanso.co.jp
テンプレートを表示

環境総合テクノス(かんきょうそうごうテクノス)は、関西電力の完全子会社で[2]、関西電力グループの土木・建築・環境を統合する会社である。略称はKANSOテクノス。

概要[編集]

事業内容
  1. 環境に関する研究調査、測定分析、影響予測及び評価
  2. 土木、建築、環境緑化、造園設備の調査、計画、設計、 監理及び土木、建築、とび・土工、電気、管、鋼構造物、 舗装、しゅんせつ、塗装、防水、機械器具設置、造園工事の請負
  3. 地盤、測水等に関する調査及び測量業
  4. 工場、事業場等施設の設置、管理及び環境整備に関する事業
  5. 環境計測器、貝類減容装置、焼却炉、太陽光・風力エネルギー機器等環境関連機器の販売、設計施工及び保全修理
  6. 環境分析用標準物質及び生物同定用試薬の製造・販売
  7. 分析技能試験に関する事業
  8. 農林産物の栽培施設、魚介類の養殖施設、水族館の研究調査、設計、施工及び運営
  9. 農林水産物、花卉、園芸植物の生産、販売並びに園芸資材、民・工芸品の製造、販売
  10. 産業廃棄物の運搬、処理及び加工、販売
  11. 労働者派遣法に基づく労働者派遣事業
  12. 前各号に附帯関連する事業

沿革[編集]

1974年1月17日、株式会社関西総合環境センター創立。2004年10月1日環境総合テクノスに商号変更、関西電力グループの環境、土木、建築事業を統合し現在に至る[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]