環5モノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

環5モノレール(かん5モノレール)は、かつて東京都区部に建設が検討されたモノレール路線。

1966年頃から主に社団法人日本モノレール協会が提案し、1969年からは東京都首都整備局の「モノレールに関する調査研究会」が検討した。おおむね環状5号線沿いの一周約35kmのルートを環状運転する構想だった。しかし、1972年に約半分の路線長の「環5北モノレール」に縮小された後、1974年に事実上廃案となった。

路線データ[編集]

  • 路線距離:35.8km[1]
  • 方式:日本モノレール協会は跨座式(日本跨座式)と懸垂式(サフェージュ式)の両方で提案。明治通りの上を走る跨座式と懸垂式モノレールのモンタージュ写真も作られた[2]。「モノレールに関する調査研究会」は跨座式を選択[1]
  • 複線区間:全線[1]
  • 車庫:2ヶ所。日本モノレール協会は都電荒川車庫と大久保車庫の用地利用を提案。「モノレールに関する調査研究会」は荒川車庫については追認したが、大久保車庫は売却済のため、もう1ヶ所の用地は運河の上空に22万6千m2の人工地盤を建設するとした。[3]
  • 駅数:37[1]
  • 駅一覧:深川森下町 - 清澄公園 - 深川 - 越中島 - 月島 - 勝どき - 浜松町 - 東京タワー前 - 二の橋 - 古川橋 - 天現寺 - 恵比寿 - 並木橋 - 渋谷 - 神宮前 - 千駄ヶ谷 - 代々木 - 新宿 - 西大久保 - 早稲田 - 目白 - 雑司ヶ谷 - 池袋 - 巣鴨学園前 - 西巣鴨 - 王子 - 荒川車庫前 - 尾久 - 熊野前 - 東尾久 - 町屋 - 荒川区役所前 - 三ノ輪 - 竜泉寺 - 浅草 - 厩橋 - 両国( - 深川森下町)[3]

年表[編集]

  • 1966年5月、日本モノレール協会事務局長、熊谷次郎が路線延長37.0kmのモノレール「環状線」を提案[4]
  • 1966年12月、東京都交通局が財政再建のための基本方針15項目で、都電都営トロリーバス全廃に言及。
  • 1967年2月、「三副都心連絡協議会」が、池袋 - 新宿 - 渋谷間にトロリーバス代替のモノレール建設を提案し、東龍太郎東京都知事に対して要望書を提出[5]
  • 1967年4月、日本モノレール協会が池袋 - 新宿 - 渋谷間のモノレール計画を発表[6]
  • 1967年7月20日、東京都交通局事業財政再建計画が都議会で承認される。都電・都営トロリーバスの全廃決定。代替交通機関として、地下鉄・バスのほかにモノレールも検討するとした[7]
  • 1968年都市交通審議会答申第10号地下鉄12号線が位置づけられる。運輸省はこの12号線にモノレールを適用することを検討するとした[8]
  • 1968年6月、日本モノレール協会が池袋 - 新宿 - 渋谷間モノレール案を組み込んだ形で、路線延長35.0km、駅数36の「東京環状モノレール計画案」を作成[3]。依頼を受けた運輸省に報告[9]美濃部亮吉東京都知事と都議会各会派に都での検討を提案[3]
  • 1969年9月、東京都が首都整備局に「モノレールに関する調査研究会」を設置[10]
  • 1970年12月21日、「モノレールに関する調査研究会」が路線延長35.8km、駅数37の路線計画がまとめられた中間報告書を美濃部知事に提出[1]
  • 1972年3月、美濃部知事が地下鉄12号線の免許を申請する意向を示す[11]
  • 1972年度、「モノレールに関する調査研究会」が「環5モノレール」から地下鉄12号線と重複する区間を削除し、都電の三ノ輪 - 王子 - 早稲田間の代替路線の性格が強い「環5北モノレール」を検討[12][13]
  • 1974年3月、美濃部知事が都電の三ノ輪 - 王子 - 早稲田間(現在の都電荒川線)を存続する意向を示す[14]
  • 1974年4月、「モノレールに関する調査研究会」が美濃部知事に最終報告を行う[15]。「モノレール開発計画報告書」及び「モノレール調査報告書」を提出。
  • 1974年9月、都議会で都電の三ノ輪 - 王子 - 早稲田間存続が決定される。「環5北モノレール」は事実上廃案。

並行して検討された路線[編集]

  • 中央線:新宿 - 飯田橋 - 横川橋、11.8km[4]。都市交通審議会答申第6号の「9号線」の一部(都営地下鉄新宿線の原型)をモノレールに置き換えたもの。
  • 東西線:中村橋 - 目白 - 飯田橋 - 神田 - 錦糸町、18.3km[4]。都市交通審議会答申第6号の「10号線」(東京メトロ有楽町線の原型)をモノレールに置き換えたもの。
  • 南北線:赤羽 - 王子 - 六本木 - 目黒、23.3km[4]。都市交通審議会答申第6号の「7号線」(東京メトロ南北線の原型)をモノレールに置き換えたもの。
  • 江東モノレール:東駒形 - 亀沢町 - 深川木場 - 八号埋立地- 十二号埋立地 - 南砂町 - 押上( - 東駒形)、約20km[16]。「モノレールに関する調査研究会」が1970年度に調査[17]
  • 環8モノレール:葛西 - (環状7号線) - 小岩 - 青戸 - 亀有 - 赤羽 - (環状8号線) - 蒲田 - (東京湾岸道路)( - 葛西)[3]。日本モノレール協会では「外環状モノレール」と呼んでいた。「モノレールに関する調査研究会」が1971年度に「環6,7,8モノレール」として調査[18]、1972年度に「環8モノレール」として調査[12]。後のメトロセブンエイトライナーと似た構想であるが、東京湾岸道路を通して環状運転するものだった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「東京都のモノレールに関する調査研究会中間報告」、日本モノレール協会、「モノレール」18号、P36 - 41、1971年6月
  2. ^ 「計画された東京環状モノレール」、「運輸」第50巻第12号、p10 - 13、運輸社、1969年11月
  3. ^ a b c d e 「研究事例A 巨大都市のモノレール計画<東京環状線>」、熊谷次郎(日本モノレール協会事務局長)、「モノレール」19号、P70 - 79、1971年12月
  4. ^ a b c d 「都市交通機関としてのモノレール」熊谷次郎(日本モノレール協会事務局長)、「新都市」第20巻第5号、P43 - 49、都市計画協会、1966年5月
  5. ^ 「三副都心のモノレール」、「東京だより」第190号(1967年3・4月号)、P44 - 45、東京だより新社、1967年3月
  6. ^ 「池袋 - 新宿 - 渋谷3都心を結ぶモノレール建設計画」日本モノレール協会、「モノレール」9号、1967年4月
  7. ^ 東京都議会 昭和42年第2回定例会(第11号) 本文、1967年7月20日
  8. ^ 「都市交通審議会で地下鉄網の整備の答申をいただきました際に、十二号線と申しまして東京の環状を回る線が一本計画として出ております。これはあるいはモノレールで実施したらいいのではないか、こういう考え方を持って検討いたしております。」町田直政府委員(運輸省鉄道監督局長)、第61回国会 内閣委員会 第40号、1969年7月
  9. ^ 「過密都市・東京の交通問題と未来像――脚光を浴びる環状モノレール建設構想の周辺」、「東邦経済」39号、P30、東邦経済社、1969年5月
  10. ^ 「昭和45年度 事業概要」、東京都首都整備局、P83、1970年
  11. ^ 「地下鉄十二号線については、グラントハイツ返還後の跡地利用、新宿副都心の開発及び牛込柳町地区の再開発等との関連から、これも都が積極的に建設すべき路線であると考え、都市交通審議会の答申も出されましたので、直ちに免許出願をいたす所存でございます。」美濃部亮吉、東京都議会 昭和47年_第1回定例会(第3号) 本文、1972年3月2日
  12. ^ a b 「昭和48年度 事業概要」、東京都首都整備局、P83、1973年
  13. ^ 「昭和四十七年度においては、環状七・八号線(西側は環八、東側は環七)を中心とする環状モノレール及び早稲田~王子~三ノ輪に関連する区間のモノレールについて調査」三宅政一議員の文書質問に対する美濃部亮吉知事の答弁書、東京都議会 昭和48年_第1回定例会(第8号) 本文、1973年3月15日
  14. ^ 「都電についてでございますが、荒川線二系統は一応五十一年ころまで存置することになっております。しかし存置の理由であった代替バスの運行、道路の整備が必ずしも五十一年で満たされる見通しがない現状では、物理的に都電を廃止することは困難でございます。したがって、今後の対策としては、専用軌道のまま存置することを検討中でございいます。私といたしましてはできるだけ存置をいたしたい、そう念願をしております。」美濃部亮吉、東京都議会 昭和49年_第1回定例会(第6号) 本文、1974年3月7日
  15. ^ 「昭和49年度 事業概要」、東京都首都整備局、P86、1974年
  16. ^ 「進むモノレール建設構想――首都圏では東京環状モノレール構想など」、「東邦経済」41号、P88 - 91、東邦経済社、1971年4月
  17. ^ 「昭和46年度 事業概要」、東京都首都整備局、P79、1971年
  18. ^ 「昭和47年度 事業概要」、東京都首都整備局、P75、1972年

関連項目[編集]