甘平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甘平
Kanpei mugimugi.jpg
ミカン属 Citrus
マンダリンオレンジ Citrus reticulata
交配 '西之香' × 'ポンカン'
品種 '甘平' 'Kanpei'
開発 愛媛県, 2007年

甘平(カンペイ)とは、愛媛県で開発された柑橘類の一種である。

来歴[編集]

1991年春に愛媛県果樹試験場(松山市)において「西之香」に「シラヌヒ」の花粉を交配し、得られた種子を播種し1993年に穂木を採取、温州ミカン中間台木に高接ぎを行い、1997年に初結実した。調査の結果、果実品質が良好だったため、愛媛34号の系統名で一次選抜を行い、県下の産地で現地試験を開始した。2005年に種苗法に基づく種苗登録申請を行い、2007年8月に種苗登録された[1][2]。 しかし、2014年にDNA鑑定の結果、ポンカンと西之香が交配してできた事が明らかになった[3][4]

特徴[編集]

マンダリンタイプの柑橘で、果実の大きさは220 グラム程度と「シラヌヒ」とほぼ同程度であり、外観は扁平である。果実の糖度は1月下旬で13度以上となり、クエン酸含量も 1.1%程度まで下がり食味良好である[1]

脚注[編集]