甘英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

甘 英 (かん えい、ウェード・ジャイルズ記法:Kan Ying、生没年不詳)は、字は崇蘭。後漢の人。ローマに派遣された中国の軍事大使であり、紀元97年西域都護であった班超の命によって、当時大秦と呼ばれていたローマとの国交を開く任務を託された。彼は、7万人の規模を持った班超の遠征軍の一員であり、甘英は軍と共に、パルティア王国の西の国境まで到達した。

概説[編集]

甘英はおそらくローマには到達しなかったと考えられるが、少なくとも歴史に記録されている限りでは、古代において、中国人としてもっとも西方へと旅した人物である。

後漢(紀元25年-紀元220年)の歴史を記した『後漢書:西域伝·安息伝』の記述に従えば:

「(和帝永元九年(紀元97年)、班超はその副官である甘英を、「西の海」の海岸と、途上の諸地域へと派遣し、帰還を命じた。これ以前の時代には、誰もこれらの地域に到達した者はおらず、『山海経』にも詳細は記述されていなかった。甘英は探検旅行で知ったすべての国々について、その慣習や地勢に関する報告書を作成した。」(『後漢書』 : レスリーとガーディナーによる引用)

(九年,班超遣掾甘英窮臨西海而還。皆前世所不至,山經所未詳,莫不備其風土,傳其珍怪焉。於是遠國蒙奇、兜勒皆來歸服,遣使貢獻。)

『後漢書』の別の部分には、また以下の記述がある:

永元9年(紀元97年)、班超はその副官である甘英を大秦へと派遣し、(甘英は)條支を通過して、安息(パルティア)の西の境において、「大海」(ペルシア湾)の岸へと到達した。」(『後漢書』88)

(和帝永元九年,都護班超遣甘英使大秦,抵條支。臨大海欲度。)

甘英はローマ(中国では当時「大秦」と呼ばれていた)についての報告を残したが、それは間接的な資料に依拠せざるを得ない。彼はローマの位置を、「海」の西側に比定している:

「その版図は何千にも渡る領域に及び(「里」は中国での里であり、およそ500メートルほどである)、城壁で囲まれた 400 を越える都市を含む。数十の小国が臣従している。都市の外壁は石造りである。駅舎制度が確立されている。……松とイトスギが生えている。」(『後漢書』 : レスリーとガーディナーによる引用)

(大秦國一名廣鞬,以在海西,亦云海西國。地方數千里,有四百餘城。小國役屬者數十。以石為城郭。列置郵亭,皆堊塈之。有松柏諸木百草。)

彼はまた、ネルウァによる養子制度での帝位継承について述べており(ネルウァはトラヤヌスを養子として、彼に帝位を譲った)、ローマ人の身体外見やその産物などについても述べている:

「王については、世襲で決まっているのではなく、もっとも資質に適う者が選ばれている。……この国の人々は長身で、釣り合いの取れた容貌を持っている。人々は中国人に似ており、これが、この国が大秦(大いなる)と呼ばれている理由でもある。土地からは、多くの金や銀、また、夜光の玉を含む様々な珍しい宝石が産出する。……人々は、多彩な色を持つタペストリーダマスクを造るため、金糸を使って刺繍した布繊維を縫う。金塗装した布や、「火浣布(炎で洗った布)」(アスベスト)を造る。」(『後漢書』 : レスリーとガーディナーによる引用)

(其王無有常人,皆簡立賢者。國中災異及風雨不時,輒廢而更立,受放者甘黜不怨。其人民皆長大平正,有類中國,故謂之大秦。) (土多金銀奇寶,有夜光璧、明月珠、駭雞犀、珊瑚、琥珀、琉璃、琅玕、朱丹、青碧。刺金縷繍,織成金縷罽、雜色綾。作黃金塗、火浣布。又有細布,或言水羊毳,野蠶繭所作也。合會諸香,煎其汁以為蘇合。) 最終的に甘英は、シルクロードの西の端にある対極としてのローマを正しく把握した:

「様々な、驚嘆すべきまた類稀な外国の物品はすべて、この国から齎されるのである。」(『後漢書』 : レスリーとガーディナーによる引用)

(凡外國諸珍異皆出焉)

到達しなかった理由[編集]

後漢書の西域伝・安息伝はこう記載する。 :「和帝永元九年,都護班超遣甘英使大秦,抵條支。臨大海欲度,而安息西界船人謂英曰:「海水廣大,往來者逢善風三月乃得度,若遇□風,亦有二歲者,故入海人皆繼三歲糧。海中善使人思土戀慕,數有死亡者。」英聞之乃止。」(和帝の永元9年西域都護の班超は甘英を大秦への使者とし、條支(位置については諸説ある[1])を経て、大海(同上の注[2])に到着して渡ろうとした。安息国の西の国境の船乗りは甘英に言った。「海水は広大で、往来する者は、もし良い風に会えば三ヶ月で着く。もし遅い風が吹けば2年間かかる。ゆえに海に入る者は3年分の食料を用意する。また海中には人に故郷を恋慕させるものがいて、数多くが死ぬ。」甘英はこれを聞き断念した。)

当時安息国は漢とローマの中継地点に当たり、漢朝とローマの絹と絹織物交易から、利益を得ていた。もし漢がローマと直接交易路を結べば、その利益が損なわれてしまうと考えていたのかもしれない。そこで安息人は甘英にシリアの陸路を示さず、航海の困難と恐怖を煽った。この一言により、甘英は航海を断念し、西海から帰還しローマに辿りつけなかった。

「海中善使人思土戀慕」をギリシア神話セイレーンではないかという学者がいる。

晋書・四夷伝・西戎伝附大秦国伝」にはやや異なる記述がある。 :漢時都護班超遣甘英使其國。入海,船人曰:「海中有思慕之物,往者莫不悲懷。若漢使不戀父母妻子者可入。」英不能渡。 (漢の時代に西域都護の班超が甘英をその国に使者として派遣した。海に入る時に、船乗りは言った。「海の中に恋しく思わせるものが居る。行くもので悲しまない者はない。もし漢の使者の中に父母や妻子が恋しくないものが居れば入れる。」甘英は渡れなかった。)

甘英は内陸出身であり、「途經大海,海水鹹苦不可食。」(《晋書》)と海水が飲めないことまで報告している。彼は航海について知識が乏しく、これが安息人の誇張した航海の危険を鵜呑みにし、安息で足を止めた理由かもしれない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 條支の位置については諸説ある。地中海東岸説、ペルシア湾東岸説、カスピ海沿岸説など。詳しくは金宇飛を見よ:條支国地理位置的幾種假説
  2. ^ 金宇飛:條支国地理位置的幾種假説

参考文献[編集]

  • D.D. Leslie and K.H.J. Gardiner "The Roman Empire in Chinese sources" ローマ、Bardi 1996年
  • フランセス・ウッド 『シルク・ロード』 カリフォルニア大学出版: ISBN 0520243404

en:Gan Ying 23:40, 6 May 2006 より翻訳(後半)・訳修了
contributors:PHG, 212.129.143.28, Kizor, 202.156.6.54, Eiorgiomugini, Piotrus, Liuyao et al.

関連項目[編集]