生コマーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生コマーシャル(なまコマーシャル)は、民間放送におけるコマーシャルメッセージ(CM)のうち、生放送形式で放送されるものの呼称。生CMまたは生コマと略される[1]

概要[編集]

多くの場合、スタジオで1人ないし複数の出演者が、決められた時間枠内で、商品に関する情報をアナウンスする。テレビの場合、小さな画角が保たれたセット内で、商品を手に持つか、かたわらに立つかした出演者がとうとうとアナウンスを述べ、場合によっては実際に使用する、というシンプルな構成の演出方法を取る。

日本の民間放送初期、収録素材(音声録音用磁気テープ映画フィルムVTR等)によってCMを放送することはハイコストであったり、環境によって技術的に困難だったりしたため、ほとんどのCMが生CMで放送された[2]

扱われる商品およびサービス[編集]

食料品・飲料品、生活雑貨、家電製品、保険など、分野は多岐にわたる。

ラジオの生コマーシャル[編集]

ラジオ番組の生ワイド番組等では、CM枠でスタジオ音声を降ろさずに、番組のラジオパーソナリティ自身がCMのアナウンスを行う形式が主流であり、21世紀以降も実施されている。以下は実例。

テレビの生コマーシャル[編集]

テレビ生CMの沿革[編集]

日本の民間テレビ放送開始当初は、前述の通り収録素材によるCMを送出しにくい事情があった。特に映像記録手段がフィルムしかなかった時代では、テレビカメラの映像信号を直接放送した方が、フィルムのテレシネ送出よりコマ数が細かく、画質も鮮明であり、宣伝のために好都合だったという事情があった[2]

この時代の代表的な形式として、番組本編中断時に、その番組の出演者にそのままCMを演じさせる、という構成があった。広く知られ、文献に残る例として、舞台コメディの生中継番組『のり平のテレビ千一夜』(早川電機[2]、生テレビドラマ『日真名氏飛び出す』(三共[2][4]の事例がある。特に後者は、登場人物が毎回のシーン中にスポンサー企業の商品を必ず用いるというプロダクトプレイスメントの手法であった。当時は番組1本につき1社のスポンサーがつく一社提供番組が主流だったことや、のちの時代ほどステーションブレイク(番組終了から次の番組開始までの時間)に多くの時間を取らず、スポットCMを詰めていなかったことが、この演出形式を容易にした。

番組出演者を用いなかった初期の例として、日本テレビの『日本プロレス中継』では、試合間のインターバルで、スタッフが掃除機を使用してリング上を清掃しているさまを撮影し、実況アナウンサーが三菱電機の商品であることを宣伝するというものがあった。

民放テレビ4年目の1956年頃から、とりわけ家電製品メーカー企業において、生コマーシャルのための専属タレントが固定で用いられる例がみられるようになった。東京芝浦電気の旗和子、三洋電機の林ひな子がその草分けとされ[5]、翌年には松下電器産業泉大助が人気を博した[6]。このほか、日本教育テレビアナウンサーから東芝専属に転身した押阪忍、同じくNHKアナウンサーから日立製作所専属となった高橋圭三などが挙げられる。

やがて、生コマーシャルは主として『小川宏ショー』『3時のあなた』など、番組本編も生放送であるワイドショーなどで行われる程度となっていった。また、VTRの普及にともない、生コマーシャルの構成をそのまま生かして収録した「ビデオコマーシャル」と呼ばれる手法と生コマーシャルとを併用するようになった。

テレビ生CMの技術[編集]

収録コマーシャルはテレビ放送局内のCMバンクシステムから再生・送出されている。これに対し生コマーシャルは、上述の「ビデオコマーシャル」の場合も含め、生放送中の番組本編同様、スタジオ副調整室から送出(サブ出し)している。このため、生コマーシャルはビデオレコーダ等のCMスキップ機能でコマーシャルと認識されない。

原則として収録コマーシャルはウォーターマークの表示を止めるが、生コマーシャルではそのまま表示される。

何度も繰り返し放送される収録コマーシャルと違い、一度しか放送されないので、時間内ですべての情報を認識させるための台本およびフリップボード字幕スーパーなどの文字情報製作に専門の知識と経験が要求される[7]

在京キー局での生コマーシャルのセットはすべて番組美術会社の「日芸」が製作している[要出典]

テレビ生CMの手法[編集]

1本あたりの時間は、60秒から120秒前後である。

番組本編のセットや出演者を用いた演出の生コマーシャルを行う場合、民放連放送基準92条[8]に基づき、「これは(○○の)CMです」という表示をするなど、一見してコマーシャルだとわかるような処置をしなければならないことになっている。

番組本編も生放送である場合、生コマーシャルの放送時間は番組の進み具合によって変化することがある。

スポーツ中継番組による生CMの例[編集]

スポーツ中継番組や、特別番組などでは、サブ出しで番組本編にかぶせるように、協賛スポンサーの生コマーシャルを実施するケースが存在する。これは民放連放送基準150条の、スーパーインポーズをCMに原則用いないための自主規制ルールに設けられた例外規定[8]に基づくもので、多彩な放送手法がみられる。

生CMを実施しているテレビ番組[編集]

2019年10月現在

過去[編集]

備考[編集]

藤田まことによる「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」の流行語で知られる『てなもんや三度笠』は収録番組であり、厳密には生コマーシャルの例に含まれない。公開収録形式の撮って出しによる放送であり、上記『のり平のテレビ千一夜』の手法の踏襲である。

脚注[編集]

  1. ^ コマーシャル』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 向井敏『増補版 紋章だけの王国』潮出版社、1983年 pp.25-27「『即物性』の実態」
  3. ^ 当番組は店内放送でも同時に流れている。店内放送として随時挿入される催事案内や各種告知が、そのまま生CMとなっている。BGM「鶴屋ラララ」(秘密のケンミンSHOWでも取り上げられたことがある)は、催事ごとに最後の部分の歌詞が異なる。また、母の日の催事のみが、「鶴屋ラララ」ではなく、通常のCMのBGMとなっている。
  4. ^ 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』(自由国民社、1998年)p.20
  5. ^ 『増補版 紋章だけの王国』p.219
  6. ^ 『テレビ史ハンドブック 改訂増補版』(自由国民社、1998年)p.26
  7. ^ テレ朝☆生コマーシャルの裏側みせます♪ 野村絵理奈のブログ 2009.02.27
  8. ^ a b 日本民間放送連盟 放送基準
  9. ^ withタイガース2015年6月20日(土)13:54〜17:00 - gooテレビ番組
  10. ^ プロ野球中継 MBSベースボールパーク 阪神vs埼玉西武・2016年6月4日(土) 13:54〜17:00 - gooテレビ番組
  11. ^ ハテナTV なぜコマーシャルを生で放送するんだろう? 2015.06.27(土) 新・週刊フジテレビ批評

関連項目[編集]