生命力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

生命力(せいめいりょく)

一般概念
  • 生命が持つ力 → 生命
  • 生あるものが自身を治癒する力[1] → 自然治癒力
  • ガレノスが唱えた概念[2] →ガレノス
  • ドイツのハンス・ドリーシュ(1867-1941)が唱えた、生命が持つ、目的へ向かって完成し全体化する力。→エンテレキー、ハンス・ドリーシュ
  • 手相診断などで用いる概念「生命力」 → 手相生命線 
  • 生き続ける力[3] → サバイバル
  • 人が混沌とした社会を生きぬく力に関連して 日本の中央教育審議会が提唱した概念 → 生きる力


特定の作品名

脚注[編集]

  1. ^ 『自然治癒力を生かす―百歳までも幸福に生きる知恵』2000, p.60
  2. ^ 『ガレノス 自然生命力』平河出版社 1998
  3. ^ 広辞苑 第五版 p.1480「生命」-「生命力」

関連項目[編集]