生島遼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

生島 遼一(いくしま りょういち、1904年9月2日 - 1991年8月23日)は、日本のフランス文学者文芸評論家京都大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

大阪府生まれ。1929年京都帝国大学文学部仏文科卒、神戸商業大学予科講師、教授、戦後47年第三高等学校教授、49年京大教養部教授、1964年京大文学部教授を務め、1968年定年退官[1]。若くしてスタンダールの『赤と黒』を翻訳。以後バルザックフローベールプルーストら19世紀フランス文学の作家を紹介し、ラファイエット夫人の「クレーブの奥方」、フローベールの「感情教育」では文章の美しさで翻訳の世界に新境地を開いた。

また、ボーヴォワール『第二の性』の訳でも知られ、桑原武夫伊吹武彦とともに京大フランス学を形成した。仏文学者と翻訳家、ふたつの顔で知られているが、日本文学評論や文芸エッセイも著した。作家でやはり京大教授だった山田稔が「端正と気品が文学のモットーだった」と語る一方で、好き嫌いが激しく時にかんしゃくを起すなど、自ら認める我がままな一面もあった。当時、国際日本文化研究センターの教授だった杉本秀太郎は「昔気質の学者でした」と語り、晩年まで、自らの舞台にも立つ「第三の顔」も有名で、芸術家肌を地でゆく学者でもあった。1981年日本芸術院賞受賞[2]。1991年8月23日、86歳で死去。

著書[編集]

  • 日本の小説 新潮社 1944、角川文庫 1953、朝日選書 1974
  • 心理と方法 フランス文芸論 白日書院 1948
  • 西洋の小説と日本の小説 三笠書房 1950
  • フランス小説 創元社 1951、河出新書 1955
  • フランス小説の「探求」 人文書院 1972、筑摩書房〈筑摩叢書〉 1976、復刊1985
 副題に「クレーヴの奥方」からヌーヴォー・ロマンまで

翻訳[編集]

共著・編著[編集]

  • 『文学と女の生き方』 桑原武夫共著 (中央公論社 1952)
  • 落合太郎著作集』 桑原武夫と共編(全1巻 筑摩書房 1971)
  • 『スタンダール全集』 桑原武夫と共編(全12巻 人文書院 新版1978)
  • 『現代の随想14 吉川幸次郎集』 興膳宏と共編(彌生書房 1982)

出典項目[編集]

  • 「『桑原武夫全集 第1巻・2巻・3巻・4巻』朝日新聞社(1969)」
  • 堀内寿郎『一科学者の成長』北海道大学図書刊行会(1972)」
  • 「生島遼一『水中花』岩波書店(1972)」
  • 吉屋信子『自伝的女流文壇史』中公文庫(1977、改版2005)」ISBN 978-4122045293
  • 吉村正一郎『待秋日記』朝日新聞社(1978)」
  • 「生島遼一『鴨涯日日』岩波書店(1981)」所収『自伝抄〈照る日 曇る日〉』他
  • 「朝日新聞 1991年8月26日夕刊、山田稔の追悼記事『文の人 生島先生を悼む』」
  • 「朝日新聞 1991年12月30日」追悼記事
  • 「山田稔『ああ、そうかね』京都新聞出版センター(1996)」、所収『鴨涯の家』 ISBN 978-4763804020
  • 西川長夫『フランスの解体ーもうひとつの国民国家論』人文書院 (1999)」『あとがき』より ISBN 978-4409230329
  • 「『文藝春秋 特別版 日本人の肖像』2002年12月臨時増刊」に所収〈特集 我が人生の師〉より
  • 小谷野敦編『翻訳家列伝101』新書館(2009)」の項目『生島遼一』 ISBN 978-4403251023
  • 山田稔『マビヨン通りの店』編集工房ノア(2010)」所収、『生島さんに教わったこと』 ISBN 978-4892711862
  • 「『週刊文春〈文春図書館〉『坪内祐三連載コラム「文庫本を狙え!」。『春夏秋冬』(講談社文芸文庫)(2013.2.28号)」

参考文献[編集]

[編集]

  1. ^ 柿谷浩一編「年譜」『春夏秋冬』講談社文芸文庫
  2. ^ 『朝日新聞』1981年3月4日(東京本社発行)朝刊、22頁。