生活協同組合コープぐんま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
生活協同組合コープぐんま本部
生活協同組合コープぐんま本部(入口付近)

生活協同組合コープぐんま(せいかつきょうどうくみあいコープぐんま)は、群馬県桐生市に本部をおく生活協同組合コープネット事業連合に加盟[1]日本初となる県域を越えた事業連帯組織[1]。 2014年(平成26年)10月現在でスーパーマーケット8店舗[2]のほか、コープデリ宅配事業を展開している。

組合員数は244,118(世帯)人(2010年3月20日現在)。

沿革[編集]

  • 1956年昭和31年) - 桐生中央消費生協設立[3]
  • 1970年(昭和45年) - 前橋市民生協設立
  • 1976年(昭和51年) - 西部市民生協、北部県民生協設立[3]。桐生中央消費生協が群馬県民生協に名称変更[3]
  • 1984年(昭和59年) - 群馬県民生協、西部市民生協、北部県民生協の三生協が合併し、群馬県民生協に[3]
  • 1986年(昭和61年)1月 - 北関東協同センター設立総会を開催[1]
  • 1991年平成3年) - コープカード(組合員証)発行
  • 1992年(平成4年)
    • 3月 - 生活協同組合連合会コープネット事業連合創立総会を開催[1]
    • 7月21日 - コープネット事業連合を設立[4]。いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、ちばコープ、さいたまコープの5生協が参加[1]
    • 9月 - 群馬県民生協と前橋市民生協が合併、コープぐんま誕生[1]
  • 1995年(平成7年)
    • 8月 - 店舗システムとEOSを共同化[1]
    • 11月 - 店舗POSを共同化[1]
  • 1999年(平成11年)3月 - 生鮮商品部機能をコープネット事業連合へ委託[1]
  • 2002年(平成14年)8月 - コープさいたまとPC・日配センターの共同化を開始[1]
  • 2003年(平成15年) - コープカードの変更(利用高割戻制からポイント制度へ移行)
  • 2006年(平成18年) - 高崎市民生協、東毛生協がコープぐんまと組織合同
  • 2007年(平成19年)
    • 3月 - 高崎市民生協と東毛生協を合併[1]
    • 4月 - 19店舗の内、不採算店5店舗(相生店、茂呂店、十王公園店、元町店、とみおか店)を閉鎖
  • 2010年(平成22年)4月~5月 - 14店舗の内、不採算店6店舗(薮塚店、けやき通り店、境町店、群馬町店、豊岡店、中之条店)を閉鎖

店舗一覧[編集]

2007年初めには計19店舗を展開していたが、「ミニコープ」という小型店舗(売場面積50坪程度)を全店閉店。 2014年(平成26年)10月現在は中型・大型店舗(売場面積150坪から450坪)8店舗のみとなっている。

前橋市

  • コープ昭和店
  • コープ細井店

高崎市

  • コープ寺尾店 - 2014年(平成26年)に大幅に改装[2]

桐生市

  • コープ東久方店

伊勢崎市

  • コープ宮子店

太田市

  • コープ新井店

藤岡市

  • コープ藤岡店

邑楽郡邑楽町

  • コープ中野店

コープデリ宅配センター一覧[編集]

共同購入、個別購入の配達・受付を行うセンター。県内に9拠点。 前橋市

  • コープデリ南前橋センター
  • コープデリ東前橋センター

高崎市

  • コープデリ新高崎センター

みどり市

  • コープデリ桐生センター

渋川市

  • コープデリ北部センター

沼田市

  • コープデリ沼田センター

藤岡市

  • コープデリ藤岡センター

富岡市

  • コープデリ富岡センター

邑楽郡大泉町

  • コープデリ太田センター

コープカード[編集]

コープカード
5ポイントサービス券

店舗を利用する組合員に発行されるポイントカード。

基本ポイント(「今回ポイント」の欄に表示)

  • 購入金額200円(税込)につき1ポイント(毎週木曜日と第2、第4、第5日曜日は3ポイント、不定期でポイント5倍、10倍の場合あり)

ボーナスポイント(「サービスポイント」の欄に表示)

  • レジ袋を辞退すると5ポイント(2点以上購入の場合に限る)
  • 毎月第1日曜日に2,000円(税込)以上購入の上、「ぐーちょきパスポート」[5]を提示すると50ポイント
  • 毎週、日曜日の3日間に配布される「5ポイントサービス券」[6]を翌週の、木曜日の来店・購入時に提示すると1枚につき5ポイント

たまったポイントは500ポイントで「お買い物券」500円と交換するか、出資金500円に振り替える。 ポイント端末はPOSレジと連動していないため、店員が手入力している。

ポイント以外のサービス

  • 毎月第1、第3日曜日は一部の商品を除き購入金額から5%引き。
  • 年に数回、一定金額・回数以上購入の組合員に優待ハガキ(5%引き券、商品割引クーポン)が送付される。

コープデリ宅配にもポイントの制度があるが、店舗のポイント制度とは内容が異なり、連動もしていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『第21回通常総会資料 生活協同組合連合会コープネット事業連合 20年のあゆみ 2012年7月12日版』 コープネット、2012年7月12日。
  2. ^ a b “コープぐんま=新たな店舗モデル確立へ 寺尾店を大規模リニューアル”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2014年10月5日)
  3. ^ a b c d 『生協名鑑 1995年版 日本生協連会員紹介』 コープ出版、1994年12月。ISBN 978-4873320540
  4. ^ “コープネット=理念実現へさらなる飛躍 設立20周年で組合員400万人に”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2012年8月5日)
  5. ^ 18歳に達して最初の3月31日を迎えるまでの子どもがいる家庭または 妊婦がいる家庭に群馬県が配布するカード。詳細は http://kodomo.pref.gunma.jp/gcp/gcp.htm 参照。
  6. ^ 購入金額1,000円(税込)につき1枚配布される(配布・回収を毎週繰り返しているため、週ごとに色が異なる)。

関連項目[編集]