生物彗星WoO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
生物彗星WoO
ジャンル 特撮ドラマ
出演者 谷村美月
矢崎広
黒谷友香
永島敏行
豊原功輔
影丸茂樹
ほか
オープニング 「Guardian Angel」Splash Candy
エンディング 「傘はひとつで足りるのかな…」
ガールズ・オン・ザ・ラン
製作
制作 NHK円谷プロダクション
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
NHKデジタル衛星ハイビジョンでの放送時間
放送期間 2006年4月9日~8月13日
放送時間 日曜日19:30~20:00
NHK総合テレビジョンでの放送時間
放送期間 2006年11月17日 - 2007年3月16日
放送時間 金曜日25:10 - 25:40
テンプレートを表示

生物彗星WoO』(せいぶつすいせい ウー)は、2006年4月9日から8月13日までNHKデジタル衛星ハイビジョンで放送された特撮テレビ番組。全13話。

概要[編集]

本作は円谷プロにとって『電光超人グリッドマン』以来となるウルトラシリーズ以外の特撮ヒーローテレビシリーズであり、巨大ヒーロー・怪獣作品としては、日本初のハイビジョン撮影を使用したテレビシリーズである[1]。ただし、巨大ヒーローと怪獣が戦わない回が全13話中5話あり、作品全体の内容はヒーロー作品というより、「一人の少女が逆境の中で人との交わりを通じて精神的に強くなっていく」というジュブナイルSFとなっている[2][3]

また、合成やミニチュアを部分的に使用している作品はNHKでも過去にも存在しているが、全編通しての特撮作品としてはNHKでは初めてである[2]。当初NHK側はウルトラシリーズの新作を希望していたが、当時すでに『ULTRA N PROJECT』の企画が進行していたため現在の形となった。

可愛いWoOのキャラクターに相反し、重苦しいドラマ展開や残虐描写などが多い作品でもある。一方で、民放ではなくNHKでの放送のため、玩具などの商品展開を気にせず作品作りに打ち込めたことが本作の番組製作における最大のメリットとなった。

『WOO』[編集]

原案となった『WOO』は、円谷英二と金城哲夫が円谷プロ最初のテレビドラマとしてフジテレビに持ちこんだ企画で「ウルトラQ伝説/アスペクト刊」によると「WOO」の一番古い企画書は、昭和38年(1963年)春ごろにフジテレビに提出されたものであり、不定形の宇宙人が活躍するというもので、サンプルストーリー13本も制作されていたが[4]、予算や技術的な問題から中止となった。フジテレビに提出された「WOO」の企画書によると、物語は故郷を失った宇宙生物・WOOが、アンドロメダ星雲から宇宙を漂流して地球に漂着。ヌード・カメラマンの秋田譲二に助けられ、ともに不可解な事件を解決してゆくというものであった。設定では、WOOはゲル状の不定形生物で、通常は「眼」しか見えていないキャラクターとされている。この番組は「円谷空想科学映画劇場」というシリーズとされていて、30分、オールフィルムで合計39本(3クール)の制作で1クールごとに主人公が変わる設定になっていた。企画書によると第1クールの主人公がWOO、第2クールではラッパー、第3クールではスペースホースと1クールごと別の主人公が設定されている。「WOO」の制作中止が決定したのは、昭和39年(1964年)4月以降と考えられるとされている[5][6]

「WOO」の企画書によると主要人物として、ヌードカメラマンの秋田譲二、その助手の団太郎、そして、彼らを取り巻くモデルたちが紹介されており、毎回グラマーなモデルが出演する設定になっていた。その中で実際に発表されたキャストは、番組のヒロイン(ドロシー役)となる予定だった浮須良美(うきす・よしみ)という女優だけである。彼女は、朝鮮戦争で死んだ米兵を父に持つ17才のハーフで、ファッションモデル出身の女優だった。「ウルトラマン創世記/小学館刊」によると「WOO」のキャストで決まっていたのは、主役の秋田譲二役の佐原健二だけだったと紹介されている[要ページ番号]

円谷プロは『WOO』による収益を見込んで、当時の世界に2台しかなかったアメリカ・オックスベリー社製の高性能光学撮影機「オプチカルプリンター1200シリーズ」を企画段階で発注した。しかし企画の頓挫で支払いが不可能になったが既に輸送中のためキャンセルも出来ず、当時TBSのディレクターだった円谷一を通じてTBSに購入を肩代わりしてもらった。TBSでは機材を活用するため円谷プロとの間で企画段階だったSF特撮シリーズ『UNBALANCE』の制作を決定、タイトルを『ウルトラQ』に改めて1966年から放送し人気を博した。

その後昭和40年(1965年)晩秋、TBSは、「ウルトラQ」の放映開始を直前に控えて、新たな企画を依頼した。その時、最初に提出された企画が、フジテレビで企画された「WOO」にトップ屋集団A.G.C(アート・グラフィック・センター)という組織を加えたTBS版の「WOO」だった。この企画は、採用されなかったが、この企画が発展して『ウルトラマン』が誕生したと言われている。[要出典]この時の資料として「設定とストーリー WOO」という企画書が現存しており、書籍『ウルトラマン大鑑』(朝日ソノラマ刊)には、この企画書の全文及びTBS版「WOO」のサンプルストーリー「凍結アメーバー」の脚本の全文が掲載されている[要ページ番号]

『ウルトラマン』第30話に登場する伝説怪獣ウーの名前の元にもなっている[7]

ストーリー[編集]

サッカー好きな女子中学生、神代アイはある日、彗星から落ちてきた不定形生物を見つけ、WoOと名づける。しかしWoOを捕らえるべく追いかけてくる防衛隊から、アイはWoOと共に逃げることになる。怪獣が現れた時にはWoOはアイ吉となって戦う。

WoO[編集]

  • 体長:20センチメートル[8]
  • 体重:2キログラム[8]
  • 出身地:宇宙[8]

水に覆われた故郷の星からやってきた生命体。卵の状態で宇宙を彷徨い、地球に落下し、公園でアイに拾われた。

擬態能力を持ち、アイ吉やリュックサックに擬態する。

また、触覚を発光させることで、電気機器を触れずに操作したり、物を修復したりするなどの超能力が使える。しかし力を使い過ぎると化石状の姿になって休眠してしまうがエネルギー源である水を得ると元に戻る。

高度な知性を持つが、地球落下以前の記憶は失われている模様。

デザインは原案の「目だけが見える巨大なアメーバのような生物」というコンセプトを元に、勾玉やオタマジャクシ、および『ウルトラマン』に登場したガヴァドン(A)がモデルとなっている「アメーバ・コア」が細胞分裂して凄まじい熱を発して変身したものが巨大化したものが、徐々に冷めていったものや胸のコアが落ちて崩壊していく流れとなっており、『ターミネーター2』のT-100をイメージしている[9]。その後、すべての形状を円や球状をベースにしたコア素材となり、下部も脚に変更された[9]。模様を増やして足を太くし、背中から尻尾にかけて緩やかな流れにしたものが最終決定稿となった[9]。背中の線は貯金箱をイメージしている[9]

雛形を作る際にプロップを塗装したカラーバリエーションは、毎回のエンディングで使用されている[9]

アイ吉[編集]

  • 身長:38メートル[8]
  • 体重:5千トン[8]
  • 出身地:東京多摩市[8]

WoOが怪獣と戦うために変身した巨人。小太郎がアイにプレゼントした自作のフィギュア「アイ吉」がモデル。胸部には「AI」が逆さに描かれている[9]。身軽でひょうきんな動きで怪獣と戦う。身体を丸めて高速回転しながら行う体当たりが必殺技。アイに教えられたサッカーの技術を活かして戦うことも。

仮名では「ラッパーマン」という名称で、初期形態や最終形態も描かれていた[9]

当初は頭部がWoOの頭部をヘルメット状にしたもので、大きく変更して模様を変更したものが決定稿となった[9]。撮影用のスーツがフォームラバーのため、たくさん細かい模様を入れて継ぎ目をごまかしている[9]。当初は上半身から下半身にかけて青から紫のグラデーションにしていたが、現場で補修した際に「厳しい」という声があったため、三面図を描く際に青一色になった[9]。決定稿では描かれていないが、造形段階では頭部の側面が間延びするのを防ぐため、耳穴を付けている[9]

別案では、女性タイプやロボット系、気持ち悪い系も存在していた[9]。なお、アイ吉のフィギュアはミクロマンの男性素体をベースにパテを盛って作られている[9]

  • 必殺技
    • リバウンド・クラッシュ
    相手の力を利用して、頭から体当たりする。第3話で使用。
    • トルネード・キック
    体の回転で旋風を起こし、それにより浮き上がった工事用車両を敵に蹴り込む。第4話で使用。
    • スピニング・アタック(アイ吉バージョン)
    WoOも使用した高速回転のアイ吉バージョン。第3話・第4話で使用。
    • アイス・シュート
    ジュース缶の中の水を瞬時に氷結させて撃つ。第5話で使用
    • アイ吉拳
    全身にエネルギーをみなぎらせて放つパンチ。第10話で使用。
    • スピニング・アタック
    アイとともに放つ、スピニング・アタックの強化版。第13話で使用してゲルノイドと化した永倉を倒した。

登場人物[編集]

神代 アイくましろ アイ
サッカー部に所属していた多摩ヶ丘中学に通う中学2年生で母親と二人暮し。スタンドプレーが原因で試合に負け、優勝を逃したことで部員たちに疎まれ、レギュラーへの道を断たれた上にサッカー部を追放される。彗星が爆破した後、拾った卵からWoOが生まれたことで運命が左右されることになる。中学校が襲われた際、幼馴染であるマドカを眼前で失い、自身はWoOの力によりただ一人生き残った。その後、防衛隊に保護されるが、WoOの力で隊員たちの会話を偶然聞いてしまい、WoOも自分も殺されると思い、逃亡生活が始まる。
小太郎に想いを寄せており両思いである。食べ物の好き嫌いが多く、特に野菜が大嫌いで野菜ジュースにさえあからさまな嫌悪を示すほど。
神代 清美くましろ きよみ
アイの母親で雑誌「アグア」の副編集長をしているシングルマザー。ワーカホリックな一面があり、帰りは常に深夜。アイからの電話も常に留守電で、仕事関係の人間以外の電話に出ることは決して無い。
元木 小太郎もとき こたろう
アイの中学の先輩で、高校中退のフリーター。作中ではコンビニでアルバイトをしている。ハリウッドで特撮映画監督になるのが夢。フィギュアを作るのが得意で、アイにアイ吉をプレゼントした。アイのことが好きで、アイのためならどこまでも行くという情熱を持っているが、偶然に遭遇した永倉により怪獣化してしまう。
葛城 シオンかつらぎ シオン
防衛隊少尉。元は研究者だが、恋人の権田大尉が彗星の爆発に巻込まれ、その捜索のため情報管理室三課に加わった。最初はWoOは宇宙から来た凶悪生物だと思っていたが、権田に会ったというWoOを信じ、アイを守ることを決意。
山南 大輔やまなみ だいすけ
防衛隊情報管理室三課の指揮官でマドカの父親。大佐。アイを幼い時の頃から知っており、「おじさん」と呼び慕われていたが、一人娘であるマドカを失ったことがきっかけとなり、仕事一筋の鬼軍人となった。妻に関しては作中で一切描写が無い。
櫻庭 賢三さくらば けんぞう
情報管理室三課の一員。
雑崎 尚人さいが なおと
情報管理室三課の一員。
桐島 隆司きりしま りゅうじ
情報管理室三課の一員。WoO捕獲のみならずアイの抹殺までも辞さない防衛隊の命令に疑問を抱くようになる。
秋田 譲二あきた じょうじ
科学雑誌「ケミストリー」の記者。シオンとは旧知の仲でもあり、彼女の頼みでアイを守ることに協力するようになる。
権田 一郎ごんだ いちろう
防衛隊のパイロット。シオンの恋人で、秋田の大学の後輩。宇宙探査機「とらざめ」で彗星の調査に向い、爆発に巻込まれ行方不明となる。
永倉 泰三ながくら たいぞう
防衛隊研究所所属の研究者[注 1]でシオンの元上司。WoOに対して並々ならぬ執念を示し、新型WoO細胞を開発したことで眠っていた野心が目覚め、小太郎を怪獣に変化させたり、自らを怪獣化したりする等して、一連の事件の元凶となった。
ウエーバー参謀
SWORD(宇宙環境保全局、Space Wonder Observer Rhea Defenderの略)の参謀。日本を守ることを建前としながら、実は日本をWoO共々消滅させようと企んでいる、もうひとりの事件の元凶でもある。
山南 マドカやまなみ マドカ
第1話に登場。山南大輔の一人娘でアイの幼馴染。サッカー部ではエース的存在。部員から「要らない」と蔑まれ、部を追放されたアイを最後まで庇った。アイの眼前でゲルネイクの触手に捕らえられ、体内に同化されてしまう。

登場怪獣[編集]

共通要素として不定形生物のため、丸い目を入れている[9]

ゲルネイク
  • 身長:48メートル[8]
  • 体重:1万1千トン[8]
  • 出身地:多摩市[8]
第1・2話に登場。アメーバ状の不定形な姿をしている。身体から無数の触手を伸ばしてアイの通う多摩ヶ丘中学校の生徒を体内に同化させたが、アイを守ろうと巨大化したWoOと交戦。触手で捕縛して取り込もうとするが、WoOの歌(中枢信号)を受けて弱体化し、スピニング・アタックを受けてバラバラになった。
  • 特別番組『トクサツ・ナイツ メトロン星人の怪獣大作戦』では名無しだった所をメトロン星人に名前を命名されている。意味はメトロン星の言葉で「邪悪な蛇」とのこと。同番組のテロップによる肩書きは「WoO星獣」。
デザイン画での名称は、「アメーバ」であった[9]。イメージソースはアメーバで、初稿から表面を変更して触手を増やしたものが決定稿となった[9]。円谷プロの1話怪獣は1本角というものに則って中央には1本触手を付けている[9]
ゲルローブ
  • 身長:53メートル[8]
  • 体重:1万2千トン[8]
  • 出身地:多摩川付近[8]
第3話に登場。海棲生物に似た姿をしている。尖った腕の先から太い触手を伸ばし、ミサイルのように発射したり相手を縛り上げる。口があるが、人間を捕食する時は触手の先端をイソギンチャクのように開いてそこから体内に吸収する。初めてアイ吉に変身したWoOと戦い、スピニング・アタックで爆散した。
モチーフは魚類で、どろどろの粘膜質にするなど北浦監督のテイストを入れている[9]。腕には共通要素の丸い目を入れ、WoOに付いていた矢印風のトゲを背中に付けている[9]
ゲルベイロ
  • 身長:54メートル[8]
  • 体重:1万3千トン[8]
  • 出身地:新宿[8]
第4話に登場。昆虫に似た姿をしている。口から2本の触手を伸ばし、クワガタの顎に似た直列した頭部の牙で獲物を噛み砕く。アイ吉のトルネード・キックで大量の工事用車両をぶつけられ、弱ったところにスピニング・アタックを受けて爆発した。
モチーフは昆虫で、ハサミの向きを横から縦に変更している[9]
ゲルバイル
  • 身長:50メートル[8]
  • 体重:1万4千トン[8]
  • 出身地:渋谷[8]
第5話に登場。ゲル状態で地下に潜伏していたがWoOの中枢信号を受けてWoOを取り込むために怪獣化した怪獣。口から高熱火球を吐き、迎撃に出た防衛隊の戦車や戦闘機を次々に撃破した。アイ吉と交戦し、アイス・シュートで蜂の巣にされた。
モチーフは両生類で、初稿では触手だったものを手に変更したものが決定稿となった[9]
ゲルバイルMK
  • 身長:50メートル[8]
  • 体重:1万4千トン[8]
  • 出身地:多摩市[8]
第10話に登場。WoO細胞を改造した新型WoO細胞をその身に取り込んで怪獣細胞を操る力を持った永倉が、WoO抹殺のために小太郎を変化させた怪獣。語尾の"MK"とは小太郎のイニシャルである。一度はアイの声を受けて小太郎の心を取り戻すが、アイ吉の渾身のパンチアイ吉拳でバラバラになった。
ゲルバイルの初稿が基で、触手部分を新規造形している[9]
ゲルノイド
  • 身長:60メートル[8]
  • 体重:2万トン[8]
  • 出身地:東京北西部[8]
第12・13話に登場。永倉が新型WoO細胞の力で怪獣細胞と一体化した怪獣。口から吐く火球と地表を踏み付けて発生させる衝撃波による連鎖爆発が武器で、あらゆるものを腹部から吸収する。巨大な体躯を持つが、ホバリングで身軽に移動する。一度はアイ吉を体内に取り込むが、アイと一体化して脱出したアイ吉のスピニング・アタックで完全に滅んだ。
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、新型WoO細胞を移植した永倉の名称を「ゲル永倉」と記載している[8]
モチーフは貝などの海洋生物で、いくつかのカラーバリエーションの中から選ばれた[9]

登場兵器・メカニック[編集]

とらざめ
第1話、第12話に登場した防衛隊の有人宇宙探査機。航空機に近い形状を持つ一人乗りの宇宙船で、機首下部に大型のミサイルを格納している。地球に接近するポルナレフ彗星(生物彗星)の調査の為に、権田大尉が搭乗して米国アリゾナ基地から打ち上げられたが、原因不明の彗星の爆発に巻き込まれ、残骸の破片は東京都内に落下。権田も消息不明となった。
その後、第12話で彗星の爆発はとらざめが放ったミサイルによる物で、ウェーバーが彗星への攻撃命令を拒んだ権田からミサイルのコントロールを奪い、自らの名声の為に彗星への攻撃を強行していたことが明らかになった。
90式戦車F-1
第5話に登場した防衛隊の兵器。双方ともに実在する主力戦車支援戦闘機であり、ゲルバイル攻撃の為に出動したが、有効な打撃は与えられなかった。また、同時に登場した歩兵部隊はマーベリックM88を使用している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「Guardian Angel」
作詞:Babee 作曲:Franken 歌:Splash Candy
エンディングテーマ
「傘はひとつで足りるのかな…」
作詞: 海老岡宏子 作曲:斉藤高広 歌:ガールズ・オン・ザ・ラン

放映リスト[編集]

放送日 話数 サブタイトル 登場怪獣 脚本 演出・特技監督
4月9日 1 あいつが宇宙から落ちてきた! ゲルネイク 江良至 大橋守
北浦嗣巳
4月16日 2 わたし殺される!
5月7日 3 ヒーロー?誕生 ゲルローブ 北浦嗣巳
5月14日 4 WoO、死なないで ゲルベイロ 小林雄次
5月21日 5 迎撃命令 ゲルバイル 岡野勇気 川崎郷太
6月11日 6 さよならWoO -
6月18日 7 新たなる恐怖 江良至 北浦嗣巳
6月25日 8 わたしの居場所 大橋守
北浦嗣巳
7月2日 9 追いつめられて 江良至
北浦嗣巳
北浦嗣巳
7月9日 10 ごめんね、小太郎 ゲルバイルMK 北浦嗣巳
高野敏幸
7月16日 11 ラブ・フォー・オール - 江良至
小林雄次
岡野勇気
北浦嗣巳
大橋守
7月23日 12 最後の闘い ゲルノイド 小林雄次 北浦嗣巳
8月13日 13 未来への絆

上記のほか、2006年8月7日よりBS2、同年11月17日から2007年3月16日まで総合テレビミッドナイトチャンネル枠・金曜深夜1:10)で放映されていた。

DVD[編集]

2006年10月27日から2007年3月23日にかけて、6巻に分けられてDVDが発売された。発売元はNHKエンタープライズ、販売元はバンダイビジュアルである。第1巻から第5巻は2話ずつ、第6巻は3話本編が収録されたほか、各巻20分から40分程度の映像特典が本編ディスクに収録されている。

漫画[編集]

加々見絵里による同名漫画が、集英社の漫画雑誌『りぼん』2006年9月号から2007年2月号まで連載された。エブリデイ・マジック作品へ変更され、学校を中心とした普通の日常生活が描かれる。WoOのデザインやアイ、小太郎などの登場人物は一致するものの、設定は「アイの両親が健在」「小太郎が高校生」等、大きく異なる。いわゆる怪獣物の記号は全て廃されたため、アイ吉や怪獣、防衛隊の面々は登場しない。

単行本が2007年3月に発売された。全1巻。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、「生物学博士」と記載している[8]
  2. ^ 江川生と誤記。

出典[編集]

  1. ^ 宇宙船YB 2007, p. 64.
  2. ^ a b 宇宙船YEAR BOOK 2006』朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2006年4月20日、11頁。ISBN 4-257-13086-5。
  3. ^ 宇宙船YB 2007, p. 44.
  4. ^ 「ウルトラマン大鑑/朝日ソノラマ刊」[要ページ番号]
  5. ^ 「ウルトラQ伝説/アスペクト刊」[要文献特定詳細情報]
  6. ^ 「ファンコレNo.2/朝日ソノラマ刊」[要文献特定詳細情報]
  7. ^ 「『ウルトラマン』全39話+前夜祭見どころ徹底解説」『大人のウルトラマン大図鑑』マガジンハウス〈MAGAZINE HOUSE MOOK〉、2013年10月1日、42頁。ISBN 978-4-8387-8847-7。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦『円谷プロ全怪獣図鑑』小学館、2013年、351頁。ISBN 9784096820742。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x デザインワークス 2019, pp. 280-281, 「丸山浩デザイン解説 生物彗星WoO」
  10. ^ a b 生物彗星WoO Vol.2 (DVD). NHKエンタープライズ.. (2006年11月24日). BCBS-2708. http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/10136A1/backURL/http%28++www.nhk-ep.com+shop+main/detail.html 

参考文献[編集]

  • 宇宙船YEAR BOOK 2007』朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日。ISBN 978-4-257-13096-3。
  • 『丸山浩特撮デザインワークス』洋泉社、2019年12月6日。ISBN 978-4-8003-1684-4。
NHK総合テレビ 金曜25:10枠(ミッドナイトチャンネル枠)
前番組 番組名 次番組
生物彗星WoO