生産者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

生産者 (せいさんしゃ) とは、実際に商品を生産する個人または企業のこと(商品に限らず、特定の物にとらわれない何かを作る者の事を言う場合もあり)。消費者と対になる概念。食物連鎖においては植物のことを指す。

代表的な生産者[編集]

生物学における生産者[編集]

生物学に於いては、生態学の分野で、食物連鎖や栄養段階、生態ピラミッドなどを考える上で生産者という言葉を使う。これは、普通はいわゆる植物藻類を含む広い意味で)のことである。

自然環境には様々な生物が生息しており、それぞれの環境にはある程度決まった組み合わせの生物群が見られる。これを生物群集と言うが、そこに生息する動物菌類などの従属栄養生物は、他の動植物を餌として捕食したり分解したりしてエネルギーを得ている。生物群集の食物連鎖を辿って行くとその最基部には植物が存在し、エネルギーの源は植物の光合成によって作られたものであることがわかる。植物は光のエネルギーを用いて無機物から有機物を合成しており、これを栄養源として生育する(独立栄養生物)。植物が消費するエネルギーも光合成産物に由来するので、生物群集の消費するあらゆるエネルギーは植物の光合成に依存していることになる。このような意味で、光合成を行う植物はその群集における生産者と呼ばれる。

なお細菌類にも光合成を行う種が存在し、他に光ではなく無機化合物を酸化させることでエネルギーを取り出す化学合成細菌も知られている。これらも独立栄養生物として有機物を生産するが、我々がよく知っているような環境に於いてはその活動は(わかっている限りでは)目立ったものではない。従って、一般には植物が生産者とほぼ同等の意味で使われる。

ただし、深海底で発見された熱水鉱床の生物群集では化学合成細菌が生産者となっていることがわかっている。

関連項目[編集]

消費者 分解者