生田久貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生田 久貴(いくた ひさたか、1962年11月30日 - )は、日本の元ラグビー選手で、現在はミクニ代表取締役社長

プロフィール[編集]

来歴[編集]

慶應義塾幼稚舎、同普通部、同高校を経て、慶應義塾大学(以下、慶大)商学部に進学。

幼稚舎時代から続けてきたラグビーを慶大でも続け、4年時となる1985年度シーズンにおいて、関東大学ラグビー対抗戦グループでは4位に終わったものの、全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)の出場権をかけた関東大学ラグビーリーグ戦グループとの交流試合において、同グループ優勝の日本大学に勝利して出場権を得ると、大学選手権では決勝で対戦した明治大学と12 - 12で引き分け両校優勝、翌日行われた抽選の結果、日本ラグビーフットボール選手権大会(日本選手権)の大学代表チームとして出場権を得るに至った。そして1986年1月15日に行われた第23回日本選手権では、トヨタ自動車(現在のトヨタ自動車ヴェルブリッツ)を18 - 13で下し、慶大としては同大会初優勝、また大学チームの日本選手権優勝は、1975年度の明治大学以来、10年ぶりの出来事とあいまった。

上記のミラクル的なラグビー日本一の立役者の一人が生田であると、スポーツマスコミが大々的に取り上げた影響も手伝い、慶大卒業後は社会人ラグビーとは無縁といってもいい三菱商事に就職しながらも、その後日本代表選手に選出されることになった。そして1987年第1回ラグビーワールドカップ(以下、W杯)の代表選手にも選出され、同大会のアメリカオーストラリア戦に出場した。しかし、上記のW杯出場等を契機にラグビーの第一線級選手としては退き、その後は全早慶明戦に出場する程度にとどまった。

その後、実父の允紀が社長を務めていたミクニに転じ、2008年、允紀の後を受け、同社代表取締役社長に就任した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]