生田原川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
生田原川
Image-request.png
画像募集中
水系 一級水系 湧別川
種別 一級河川
延長 38.6 km
平均流量 7.59 /s
(対遠橋観測所 2012年[1]
水源 旭峠付近(北海道
河口・合流先 湧別川(北海道)
流域 北海道
テンプレートを表示

生田原川(いくたはらがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内の紋別郡遠軽町南部に源を発し、遠軽町向遠軽で湧別川に合流する一級河川である。ヤマベが多く生息する川として有名。

地理[編集]

北海道紋別郡遠軽町南部、旭峠北東の旧生田原町と旧丸瀬布町の境付近が水源。概ね北東から北に流れる。旧生田原町中心部で浦島内川、生田原安国付近で旭野川、生田原水穂付近で仁田布川を合流し、遠軽町役場北東の遠軽町向遠軽で湧別川に合流する。国道242号、JR石北本線など重要な交通路が並行する。

流域の自治体[編集]

北海道
紋別郡遠軽町

主な支流[編集]

  • 浦島内川
  • 旭野川
  • 仁田布川

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 流況表/対遠橋(たいえんばし)”. 水文水質データベース. 国土交通省水管理・国土保全局. 2016年1月10日閲覧。