生田大和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

生田 大和(いくた ひろかず)は、宝塚歌劇団所属の演出家[1]

略歴[編集]

2003年、宝塚歌劇団に就職。

2006年7月花組宝塚大劇場公演『ファントム』にて新人公演の演出を初担当。

2010年1月、花組宝塚バウホール公演『BUND/NEON 上海』で演出家デビュー。

2014年2月、『ラスト・タイクーン - ハリウッドの帝王、不滅の愛 -』で、大劇場公演デビュー(同公演は蘭寿とむの退団公演)[2]

2017年、『ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』(望海風斗トップお披露目公演)では、作曲家のフランク・ワイルドホーンと共同制作を行なった[3]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

大劇場作品[編集]

バウホール 他の作品[編集]

ディナーショー[編集]

  • 涼紫央ディナーショー『HOME〜宝・夢〜』(2012年)
  • 芹香斗亜『宝塚巴里祭2018』(ホテル阪急インターナショナル・パレスホテル東京)(2018年7月)

新人公演での演出[編集]

演出助手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]