生田神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
生田神社
Ikuta-jinja, haiden-1.jpg
拝殿
所在地 兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目2-1
位置 北緯34度41分41秒
東経135度11分26秒
座標: 北緯34度41分41秒 東経135度11分26秒
主祭神 稚日女尊
社格 式内社名神大
官幣中社
別表神社
創建 神功皇后元年(201年
本殿の様式 春日造
札所等 神仏霊場巡拝の道66番(兵庫1番)
例祭 4月15日
地図
生田神社の位置(神戸市内)
生田神社
生田神社
テンプレートを表示
鳥居

生田神社(いくたじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区下山手通にある神社式内社名神大社)で、旧社格官幣中社

廣田神社長田神社とともに神功皇后以来の歴史を有する神社であり、長田神社・湊川神社とともに神戸を代表する神社の1つである。かつて、現在の神戸市中央区の一帯が社領であり、これが「神戸」という地名の語源となる。地元では「生田さん」として親しまれている。

祭神[編集]

稚日女尊(わかひるめのみこと)である。「稚く瑞々しい日の女神」を意味し、天照大神の幼名とも妹とも和魂であるともいわれている。

歴史[編集]

概史[編集]

201年神功皇后三韓外征の帰途、神戸港で船が進まなくなった為神占を行ったところ、稚日女尊が現れ「吾は活田長峡国に居らむと海上五十狭茅に命じて生田の地に祭らしめ。(=私は“いくた”の“ながさの国”におりたいのです。“うなかみのいそさち”に命じて生田の土地に祀らせてほしい)。」との神託があったと日本書紀に記されている。

当初は、現在の新神戸駅の奥にある布引山(砂山(いさごやま))に祀られていた。799年延暦18年)4月9日の大洪水により砂山の麓が崩れ、山全体が崩壊するおそれがあったため、村人の刀祢七太夫が祠から御神体を持ち帰り、その8日後に現在地にある生田の森に移転したといわれている。

平城天皇806年大同元年)には「生田の神封四十四戸」と古書には記され、現在の神戸市中央区の一帯が社領であった所から、神地神戸(かんべ)の神戸(かんべ)がこの地の呼称となり中世には紺戸(こんべ)、近年に神戸(こうべ)と呼ばれるようになった。

延喜式神名帳では「摂津国八部郡 生田神社」と記載され、名神大社に列し、月次・相甞・新甞の幣帛に預ると記されている。

近代社格制度のもとで1871年明治4年)に県社に列格し、その後1885年(明治18年)に明治天皇の西国巡幸の際、初めて官幣社に列し官幣小社に、1896年(明治29年)には官幣中社に昇格した。

社殿は、1938年昭和13年)の神戸大水害1945年昭和20年)の神戸大空襲1995年平成7年)の阪神・淡路大震災など何度も災害などの被害にあい、そのつど復興されてきたことから、「蘇る神」としての崇敬も受けるようになっている。

神階[編集]

伝説・伝承[編集]

799年の大洪水の際、社の周囲にはの木が植えられていたが、洪水を防ぐ役割を全く果たさなかった。その故事から、今でも生田の森には1本も松の木は植えられていない。また過去には能舞台の鏡板にも杉の絵が描かれ、元旦には門松は立てず杉飾りを立てる。

中央区熊内町の熊内八幡神社付近にある「旭の鳥居」[1]には、砂山に生田神社があった頃の一の鳥居であるという伝承がある。「旭の鳥居」は、元旦に朝日を受けても影を落とさないとされることからこの名がある[1]

宮司である加藤隆久『生田神社』(学生社、2005年)に歴史も含め詳しい説明がある。

の生田敦盛では、敦盛の遺児が賀茂明神への祈誓により当地にて亡き敦盛と対面する。

境内[編集]

鳥居の向こうに楼閣・本殿があるが、他にも脇社として蛭子神社および稲荷社・弁天池などがある。また、「謡曲生田敦盛」の碑や、地元飲食店や食品間連企業などの寄付で作られた包丁塚・震災復興祈念碑・楠の神木がある。柱に書かれた寄進者名には、ホテルあるいは海洋関係の企業も多い。

包丁塚は、1993年(平成5年)10月25日に建立された。

境内北側に鎮守の森が広がっており「生田の森」と呼ばれている。

摂末社[編集]

境内に以下の摂末社がある[2]。祭神・説明欄は公式サイトによる[2]

  • 住吉神社
  • 八幡神社
  • 諏訪神社
  • 日吉神社
    • 祭神:大山咋命
    • 説明:農工業・五穀豊穣の神
  • 市杵島神社
  • 稲荷神社
    • 祭神:稲倉魂命(うがのみたまのみこと)
    • 説明:生活守護・食物、稲の神
  • 塞神社
    • 祭神:道返大神(ちがえしのおおかみ)・八衢比古神(やちまたひこのかみ)・八衢比売神(やちまたひめのかみ)
    • 説明:病気封じ・道守りの神
  • 雷大臣神社
    • 祭神:中臣烏賊津連(なかとみのいかつおみのむらじ)
    • 説明:元社家であった後神(ごこう)家の始祖神
  • 人丸神社
    • 祭神:柿本人麿
    • 説明:夫婦和合・学問向上の神
  • 蛭子神社
    • 祭神:蛭子命
    • 説明:商売繁盛の神
  • 大海神社
    • 祭神:猿田彦命
    • 説明:海上安全・交通安全・方位除け・道開きの神
  • 松尾神社
    • 祭神:大山咋命
    • 説明:酒造・農工業の神
    • 生田神社を「灘五郷酒造の発祥地」とする石碑が奉納されており、玉垣は酒造業者・酒問屋・酒販店によって整備されている[3]。碑には、『延喜式』「玄蕃寮」の記載において、新羅からの使節を「敏馬浦」でもてなす際に、生田神社・廣田神社長田神社および大和国の片岡神社から稲を持ち寄り、生田神社で醸造した新酒を用いることが定められた由緒[4][5]が記されている[3]
  • 戸隠神社
    • 祭神:手力男命
    • 説明:身体健全・筋力増進・大力の神
  • 生田森坐社
    • 祭神:神功皇后
    • 説明:安産・万物成長・生田の森の守り神

祭事[編集]

1月 - 3月
  • 初詣歳旦祭1月1日・中祭)
  • 日供始祭 翁面掛け神事(1月2日) - 翁面掛神事も兼ねて行い、先着で近くで見物可能
  • 元始祭(1月3日・大祭)
  • 氏子年頭拝(1月10日前後)
  • 注連縄焼却神事(1月16日)
  • 節分祭/豆撒き神事2月3日) - 本殿にて節分祭、境内特設櫓から福豆を撒く
  • 紀元祭(2月11日・中祭)
  • 祈年祭(2月17日・大祭)
  • 生田稲荷神社祭/餅まき神事(3月中旬)
4月 - 6月
  • 曲水の宴/春献茶祭(4月上旬)- 生田の森に於いて開宴
  • 生田祭例祭/氏子奉幣祭(4月15日・大祭) - 氏子・地域神戸の安全繁栄を願う祭典
  • 生田祭神幸式(御渡り式)(4月例祭の近日) - 生田神社周辺と当番地区を練り歩き、安全繁栄を願う祭典
7月 - 9月
  • 夏越大祓式(茅の輪くぐり)(7月15日) - 参道中央に厄払いの茅の輪を設置
  • 道饗祭/千燈祭(7月15日) - 夏越大祓式の後に開催
  • 大海神社祭(夏祭)(8月3日・宵宮祭/4日・本祭/5日・礼代祭)
  • 古式祭(9月19日・中祭)
  • 秋季大祭/氏子奉幣祭(9月20日・大祭) - 氏子・地域神戸の安全繁栄を願う祭典
  • 秋祭神賑行事(薪能・雅楽の夕べなど)(9月19日 - 23日) - 秋祭り期間中に、芸術文化や神事を開催
  • 秋献茶祭(秋祭り期間中)
  • 献華祭(秋祭り期間中)
10月 - 12月
  • 明治祭(11月3日・中祭)
  • 新嘗祭(11月23日・大祭)
  • 煤払祭(12月13日
  • 天皇誕生祭(12月23日)
  • 杉盛づくり(12月27日) - 杉の枝約2,000本を使用した大きな杉飾りが奉納される
  • 師走大祓式(12月31日) - 社殿左前の祓所で人を模った人形によって、穢れを清める神事
  • 道饗祭/除夜祭(12月31日) - 師走大祓式と共に、当日参加が可能な祭典

その他[編集]

分社[編集]

  • 生田神社兵庫御旅所(兵庫区大開通6丁目)[6]

神社で行われた行事等[編集]

生田神社界隈[編集]

三宮駅の南西、生田ロードの先端に一の鳥居がある。そこから参道はセンター街を抜けて北上し、生田新道を越えた東急ハンズの北東脇に社号標と二の鳥居がある。境内にはいると時間貸しの駐車場があり、その先に三の鳥居と御神門がある。 境内には幾多の歌にも詠まれた「生田森」が残っており、かつては源平の戦場にもなった森が今では市民の憩いの場になっている。

  • 秋とだに吹きあへぬ風に色かはる 生田の杜の露の下草(藤原定家 続後撰和歌集)
  • 津の國の生田の杜に人はこで月に言とふ夜はのあきかぜ(中務卿宗尊親王 新後撰和歌集卷第五秋歌下)

交通[編集]

それぞれ北西方面へ徒歩数分。

周辺名所・旧跡・文化・観光施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 熊内八幡神社”. 兵庫県神社庁. 2020年7月10日閲覧。
  2. ^ a b 境内を歩く 神社編”. 生田神社. 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ a b 灘五郷酒造の発祥地”. 発祥の地コレクション (2018年3月). 2020年7月10日閲覧。
  4. ^ 「灘の生一本」の起源はご神託にあった?!─ 灘酒と3つの神社の関わり”. SAKETIMES (2019年2月21日). 2020年7月10日閲覧。
  5. ^ 大和王権と猪名川流域”. Web版 図説 尼崎の歴史. 2020年7月10日閲覧。
  6. ^ 兵庫の守り神 生田神社 兵庫宮 御旅所”. 生田神社. 2020年7月10日閲覧。
  7. ^ 氷見のアスナロ 神戸・生田神社内の鳥居に”. 北日本新聞 (2018年12月7日). 2018年12月11日閲覧。

関連図書[編集]

  • 安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、1968年、6頁
  • 加藤隆久編集・著者『神社の史的研究』桜楓社、1976年、558頁
  • 白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、1979年、24-25頁
  • 加藤隆久編集・著者『神道津和野教学の研究』国書刊行会、1985年、558頁
  • 上山春平他『日本「神社」総覧』新人物往来社、1992年、198-199頁
  • 加藤隆久編集・著者『神葬祭大事典』戎光祥出版、1997年、558頁
  • 加藤隆久編集・著者『生田神社』学生社、2005年、216頁
  • 加藤隆久編集・著者『熊野大神』戎光祥出版、2008年、558頁
  • 加藤隆久編集・著者『生田の森』国書刊行会、2010年、832頁
  • 加藤隆久編集・著者『生田の杜とミナト神戸の事始め』戎光祥出版、2014年、127頁

関連項目[編集]