生葉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡県生葉郡の位置

生葉郡(いくはぐん)は、福岡県筑後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 八女市の一部(星野村)
  • うきは市の大部分(吉井町長栖・吉井町鷹取を除く)

歴史[編集]

景行天皇の九州巡幸の最終地として有名である。当時は的邑(いくはのむら)と呼ばれていた。

近世以降の沿革[編集]

流川村、小坂村、西溝尻村、東溝尻村、朝田村、西隈上村、東隈上村、山北村、東原口村、大野原村、西原口村、大石村、西大石村、古川村、糸丸村、長野村、福久村、角間村、妹川村、星野村、新川村、田籠村、小塩村、千代久村、岩光村、竹重村、屋形村、安富村、延寿寺村、屋部村、大村、三角村、末永村、国光村、若宮村、今丸村、四太郎村、下宮田村、富光村、安枝村、夏梅村、高田村、今竹村、菅村、清宗村、島村、上宮田村、徳丸村、包末村、小江村、溝口村、国吉村、能楽村、橘田村、稲崎村、末石村、金本村、三牟田村、吉井町
  • 浮羽村 ← 西溝尻村、東溝尻村
  • 三春村 ← 東原口村、大野原村、西原口村
  • 高見村 ← 大石村、西大石村
  • 桜井村 ← 長野村、福久村、角間村
  • 富永村 ← 千代久村、竹重村、屋形村
  • 生葉村 ← 岩光村、菅村、清宗村、島村
  • 福益村 ← 安富村、延寿寺村
  • 清瀬村 ← 大村、三角村、末永村
  • 千年村 ← 今丸村、包末村、小江村[下記を除く]
  • 宮田村 ← 四太郎村、下宮田村
  • 八和田村 ← 富光村、安枝村、小江村[小向名・中島名・砂原名・今寺名]
  • 江南村 ← 夏梅村、高田村、今竹村
  • 福永村 ← 溝口村、国吉村、能楽村
  • 新治村 ← 稲崎村、末石村、金本村、三牟田村


  • 小坂村が流川村に、糸丸村および小江村の一部(染名)が古川村に、国光村が若宮村に、上宮田村が徳丸村に、小江村の一部(字欠町)が西隈上村に、小江村の一部(角間名)が桜井村にそれぞれ合併。
  • 8月21日 - 第2次府県統合により福岡県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての生葉郡が発足。「竹野生葉郡役所」が竹野郡田主丸町に設置され、同郡とともに管轄。
41.姫治村 42.山春村 43.大石村 44.椿子村 45.浮羽村 46.吉井町 47.千年村 48.江南村 49.福富村 50.星野村(桃:八女市 橙:うきは市 1 - 24は上妻郡 31 - 33は下妻郡 51 - 57は竹野郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・うきは市。(1町9村)
    • 姫治村 ← 小塩村、新川村、田籠村、妹川村
    • 山春村 ← 三春村、山北村
    • 大石村 ← 高見村、古川村
    • 椿子村 ← 東隈上村、西隈上村、朝田村
    • 浮羽村 ← 流川村、浮羽村
    • 吉井町(単独町制)
    • 千年村 ← 徳丸村、千年村、桜井村、福永村、橘田村、清瀬村、若宮村、宮田村
    • 江南村 ← 新治村、八和田村、生葉村、江南村
    • 福富村 ← 屋部村、福益村、富永村
    • 星野村(単独村制。現・八女市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、下記の変更が行われる。同日生葉郡廃止。
    • 「竹野生葉郡役所」の管轄区域から生葉郡の一部(星野村)を除いた区域をもって浮羽郡が発足。
    • 上妻郡下妻郡および生葉郡の一部(星野村)の区域をもって八女郡が発足。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
浮羽郡八女郡