生野幸吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

生野 幸吉(しょうの こうきち、1924年5月13日 - 1991年3月31日)は、日本ドイツ文学者詩人小説家

経歴[編集]

東京・高円寺生まれ、1947年、東京帝国大学法学部政治科卒業、1951年、東京大学独文科卒、助手となる。1954年、東京水産大学講師、1961年、東京大学教養学部講師、1964年、東京大学文学部助教授、1973年、教授。1985年定年退官、大阪経済法科大学教授、1986年、千葉大学教授。

詩人として「歴程」同人、1966年、「生野幸吉詩集」で高村光太郎賞受賞。詩集に「浸礼」。また小説集「私たち神のまま子は」「徒刑地」がある。

詩集・小説[編集]

  • 『飢火』河出書房 1954
  • 『生野幸吉詩集』思潮社 1966
  • 『生野幸吉詩集』思潮社(現代詩文庫), 1969
  • 『私たち神のまま子は』新潮社 1970
  • 『徒刑地』中央公論社 1971
  • 『氷期』文学書林, 1975
  • 『杜絶』詩学社, 1988

評論[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]