用瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
用瀬駅
駅舎(2007年10月1日)
駅舎(2007年10月1日)
もちがせ
Mochigase
鷹狩 (1.3km)
(3.8km) 因幡社
所在地 鳥取県鳥取市用瀬町用瀬501
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 B 因美線
キロ程 21.1km(鳥取起点)
電報略号 モチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
90人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1919年大正8年)12月20日
備考 無人駅
テンプレートを表示

用瀬駅(もちがせえき)は、鳥取県鳥取市用瀬町用瀬にある西日本旅客鉄道(JR西日本)因美線である。

恒例行事の「流しびな」によって知名度の高い駅だが、通常は特急列車は停車しない。ただし、旧暦3月3日に行われる流し雛イベント時に一部の特急列車が臨時停車する。かつては急行停車駅であった。

歴史[編集]

  • 1919年大正8年)12月20日 - 因美軽便線(後の因美線)鳥取駅 - 用瀬駅間開業時に設置。当初は終着駅であった。
  • 1922年(大正11年)9月2日 - 軽便線制度廃止により、因美軽便線が因美線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1923年(大正12年)6月5日 - 因美線が当駅から智頭駅まで延伸、途中駅となる。
  • 1928年昭和3年)3月15日 - 因美南線開業に合わせ、因美線が因美北線に改称され、当駅もその所属となる。
  • 1932年(昭和7年)7月1日 - 当駅を含む鳥取駅 - 津山駅間全通に伴い、因美北線が現在の因美線の一部となり、当駅もその所属となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道に承継。
  • 2014年(平成26年)2月12日 - 自動券売機を撤去

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有し、列車交換が可能な地上駅。駅舎側とホームは鳥取寄りの構内踏切で連絡している。駅舎側の1番線を上下本線、2番線を上下副本線とした一線スルーとなっており、通過列車は上下線ともその1番線を通過する。

木造駅舎が残っている。改札外に男女別の水洗式便所がある。鳥取鉄道部管理の無人駅であり、以前は駅舎内に自動券売機が設置されていたが、すでに撤去されている。(歴史欄参照)

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 B 因美線 下り 智頭上郡方面 一部2番のりば
2 上り 鳥取方面  

通過列車は上下線とも1番線を通過するが、停車列車は原則として下りが1番のりば、上りが2番のりばを使用する。ただし、下り列車で対向列車が通過列車である場合などは2番のりばを使用する。

利用状況[編集]

鳥取市統計要覧によると、2017年度の年間の乗車人員は3.3万人で、一日平均の乗車人員は90人と算出できる。

近年の乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 年間
乗車人員
一日平均
乗車人員
2008年 4万 110
2009年 4万 110
2010年 4.2万 115
2011年 4.2万 115
2012年 4.1万 112
2013年 4.1万 112
2014年 4.1万 112
2015年 3.1万 85
2016年 3万 82
2017年 3.3万 90

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
B 因美線
鷹狩駅 - 用瀬駅 - 因幡社駅

関連項目[編集]