田上一秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田上 一秀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1947-07-23) 1947年7月23日(70歳)
身長
体重
185 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田上 一秀(たのうえ かずひで、1947年7月23日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

都城農業高時代は、1965年プロ野球ドラフト会議西鉄ライオンズから10位指名を受けた坂元健投手の控えであった。打撃が良いので、一塁手で三番も務めた。

1965年夏の甲子園大会予選一回戦、対妻高戦(延長18回引き分けと再試合の2試合)で10打数7安打を記録し有名になった。

読売ジャイアンツ近鉄バファローズなどもマークしていたが、社会人野球電電関東入りが内定していたので12球団とも選択リストには入れなかった。だが、1965年のドラフト外南海ホークスに入団。

上手からの本格派。金田を思わせる身長だったが、コントロールが悪く、一軍公式戦に出場することはなく、退団した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 48 (1966年 - 1967年)

関連項目[編集]