田中マルクス闘莉王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中マルクス闘莉王 Football pictogram.svg
Tulio 20080622.jpg
田中マルクス闘莉王(2008年撮影)
名前
本名 田中マルクス闘莉王(日本国籍名)
マルクス・トゥーリオ・リュージ・ムルザニ・タナカ(ブラジル国籍名)
愛称 トゥーリオ、トゥー
カタカナ タナカ マルクス トゥーリオ
ラテン文字 TANAKA Marcus Túlio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-04-24) 1981年4月24日(37歳)
出身地 サンパウロ州パルメイラ・ド・オエスチ
身長 185cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 京都サンガF.C.
ポジション DF (CB) / FW (CF)
背番号 4
利き足 右足
ユース
1997 ブラジルの旗 ミラソウFC
1998-2000 日本の旗 渋谷教育学園幕張高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 サンフレッチェ広島 39 (2)
2003 水戸ホーリーホック (loan) 42 (10)
2004-2009 浦和レッズ 168 (37)
2010-2015 名古屋グランパス 181 (36)
2016 名古屋グランパス 7 (0)
2017- 京都サンガF.C. 31 (15)
代表歴2
2003-2004  日本 U-23
2006-2010 日本の旗 日本 43 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月20日現在。
2. 2010年6月29日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 マルクス闘莉王(たなか マルクス トゥーリオ、1981年4月24日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身のプロサッカー選手Jリーグ京都サンガF.C.所属。おもなポジションディフェンダー(センターバック)だが、フォワードとして起用されることもある。元日本代表

父親が日系ブラジル人で母親がイタリア系ブラジル人で、ブラジルおよび日本の2重国籍である(2003年取得)[1]。なお、ブラジル国籍名はマルクス・トゥーリオ・リュージ・ムルザニ・タナカ(ポルトガル語: Marcus Túlio Lyuji Murzani Tanaka)。ニックネームは「サムライ闘莉王[2]」、「闘将[3]」など。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

広島県出身であった父方の祖父[注 1]、父方の祖母富山県出身で共にブラジルに渡った日系移民である。父親は日系ブラジル人二世で、自身は日系三世[1][7][8] に当たる。

「マルクス・トゥーリオ」という名は、古代ローマの哲学者のマルクス・トゥッリウス・キケロに由来して、父親の知人の医師によって名付けられた[9]。「リュージ」という名は、父親に由来して名付けられたものだが[10]、日本での戸籍名では「ユウジ」と表記されている[10]。父親は小学校教師とレストラン経営の傍らで、40歳を過ぎてから弁護士資格を取得した努力の人である[11]。生まれて初めて喋った言葉は、「ママイ(お母さん)」「パパイ(お父さん)」「ボーラ(ボール)」だったという[12]。その言葉どおり、物心ついたときには既にボールを蹴っていた[12]

1989年1月、オレステス小学校入学[13]。当時の担任教師によれば、「優しい子で、困っている友達を見ると放っておけない性格だった」「勉強が得意で、努力家で、学業成績が良かった。水泳も得意で、学校の水泳大会ではいつも優勝していた。」という[14]。ただし本人は、「数学は得意だったけど、国語は苦手だった。友達と喧嘩することも多かった」と回想した[15]。サッカーを本格的に始めたのは9歳の時で、ボランティア活動で子ども達にサッカーを教えていたコーチが近所に引っ越してきたことがきっかけであった[16]。そのサッカー教室へ通い上達していった[17]。しだいに少年チームだけでは物足りずに父親の試合について行き、大人に混じってサッカーをすることもあった[17]

中学時代は「自分の人生に責任を持つ人間に育ってほしい」という父親の厳しい教育方針のもと[18]、昼間は会計事務所で働き、夜間はオレステス中学校夜間部へ通う生活を送った[18]。中学校では体育教師の熱心な勧誘でバレーボール部に所属してエースアタッカーとして活躍し、地区大会で優勝するほどであった[19]。また数学教師の推薦でオレステス中学校代表としてブラジル数学オリンピックに出場し、全国大会にまで進んだ経歴も持つ[20]。中学時代に本格的にサッカーをやっていなかったプロ選手はほとんど存在せず[21]、この時期にサッカーから離れていたトゥーリオは非常に珍しい存在である[21]

1997年、人に勧められて受けたミラソウFCのセレクションに合格し、その頃からプロサッカー選手を目指すようになった[22]。その1ヶ月後の1998年1月、留学生を探しにミラソウFCを視察していた千葉県の渋谷幕張高校サッカー部監督の宗像マルコス望に才能を見出され、日本の高校への留学を誘われた[23]。1998年3月、カバン1つだけを持参して16歳で来日した[24]。最も辛かったのは日本語ができなかったことで、日本に来て最初の1年間が人生で最も辛かったという[25]。しかし日本語も英語も必死に勉強したという[25]。サッカーに関しては、本来は攻撃的ポジションの経験しかなかったが[26]、宗像の意向でセンターバックにコンバートされた[26]。ブラジルではトップ下か攻撃的MFを担当しており[27]、それまでヘディングの練習はしていなかった為、毎日ヘディングの練習を繰り返した[26]。ただし幼少期の乗馬の経験が、空中戦におけるバランス感覚やポジショニングに大きく役立ち、また中学時代のバレーボールの経験が、跳躍力とタイミング判断に大きく役立つことになった、と本人は回想した[28]。個人としては千葉県選抜チームのメンバーに選出されて国体に出場し、全国優勝を果たした[29]。渋谷幕張高校サッカー部の一員としては、本人のフリーキックからのゴールが決勝点となり、サッカー部を初の全国大会出場へ導くという実績を残した[30]

クラブ歴[編集]

広島、水戸[編集]

2001年に高校を卒業し、祖父の勧めでサンフレッチェ広島に加入した[1][8][注 2]2002年シーズンに広島がJ2に降格し、1年での昇格を目指すためクラブはベテランの外国籍選手を獲得することとなり、1チームにA登録選手が3人までと規定されていた外国籍選手の保有枠に入れず[31]、翌2003年からJ2の水戸ホーリーホックレンタル移籍で加入した。その水戸で、個性を大事にした前田秀樹監督のもと、ディフェンダーでありながら10得点を挙げるなどの活躍をし、守備も攻撃もできる選手としての才能が開花することとなった[32]。同年10月には日本国籍を取得して、登録名を「トゥーリオ」から「田中マルクス闘莉王」に変更した[33]

浦和レッズ[編集]

2004年に広島からJ1浦和レッズに完全移籍。レギュラーで活躍し、ステージ優勝を果たした。

2006年にはリーグ初優勝を果たし、Jリーグ最優秀選手賞 (MVP)および日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。

2007年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝、FIFAクラブワールドカップ 3位に貢献し、浦和の黄金時代を築いた。2008年にはDFながらチーム得点王となる11得点を挙げるなど、以降も攻守にわたって浦和の軸として活躍した。Jリーグベストイレブンには、浦和に在籍した6シーズンすべて選出された。2008年7月にはハットトリックを達成した[34]

一方で浦和入団の際にラブコールを出してくれたギド・ブッフバルト監督の退任以降に就任したホルガー・オジェックフォルカー・フィンケら後任監督と相次いで衝突した。オジェックの後任監督のゲルト・エンゲルスとは良好な関係を築いており、解任に際して惜しむコメントを残している。

2009年8月にはベテラン選手をクラブから去らせるなどの方針を採った浦和のフロントとフィンケの方針に苦言を呈したが[35]、状況は変わらなかった。2009年シーズン終了後に契約満了により浦和を退団し[36]名古屋グランパスへの完全移籍が決定した。欧州からもオファーが来ていたが[37][38]、移籍先を国内の名古屋に決めた理由にドラガン・ストイコビッチ監督からの「来年はワールドカップがあるから、日本でプレーするべきだ」というメッセージが最大の決め手となった[37]

名古屋グランパス[編集]

加入会見で「リーグ優勝できなければ名古屋に来た意味はない」と語った言葉通り、名古屋を初優勝へ導いた[39]。最終ラインを巧みに統率して守備を安定させ、空中戦でも圧倒的な強さを発揮。さらに高精度のフィードを前線に配給して攻撃の起点になりながら、機を見て攻め上がりゴールにからむ決定的な仕事もこなした[39]。その貢献度は大きく、「初優勝の最大の立役者[40]」との評価を受けた。チームメイトの楢崎正剛は、MVPは闘莉王である[41][42] と評価し(実際に受賞したのは楢崎)、名波浩は「勝ち点10以上を一人で持っている[43]」と語った。しかし、「サッカー人生で一番重視していたワールドカップイヤーで、しかも名古屋に移籍して優勝すると公言したから100%以上の気持ちでやった」ことによる代償として、終盤戦には右膝と太腿裏を負傷し、リーグ優勝の瞬間にはピッチに立つことができなかった[44]

2011年は、シーズン前半は自身の怪我やAFCチャンピオンズリーグとの過密日程等によりチームの順位は低迷したが、故障から復帰すると順位を上げ、終盤は6連勝で最終節まで優勝争いをして2位となった[45][46]。攻撃参加は自重して守備を引き締め、若手育成にも尽力した[47]。12月にオズワルド・オリヴェイラ監督が指揮するブラジルのボタフォゴからオファーを受けたが、名古屋側が絶対慰留の方針だったために[48][49][50]、交渉は進まなかった。家族はブラジルへの移籍を希望したが[51]、本人は名古屋の大黒柱としての責任感を理由に日本に残ることを決意した[52]

2012年6月に再びボタフォゴから好条件のオファーを受けたが、これを再び辞退して名古屋に残留した[53][54]。FWとして起用された2012年8月4日は、DF登録選手として歴代初となる4得点を記録した[55][56]

2014年は、西野朗監督から主将に任命された[57]。ディフェンスながら7得点を挙げ、永井謙佑に次いでシーズンチーム得点数2位となった。

また、磐田との練習試合でピッチでイライラを爆発させた闘莉王は西野監督を「おっさん」呼ばわりした[58]

2015年シーズンも主将を2年連続で務め[59]、シーズン後半にはFWとして6試合に出場した[60]。シーズン通してレギュラーとして出場したが、大幅な減額での契約更新の打診には応じず[61]、翌年1月9日に名古屋グランパスを退団することが発表された[62]

名古屋グランパス復帰[編集]

名古屋退団後はブラジルに帰り、無所属の期間が続いたが、2016年8月23日、小倉隆史が事実上の監督解任となり、降格圏内にいる名古屋グランパスへ復帰する事をボシュコ・ジュロヴスキ監督代行が明言した[63]。同月26日に正式に発表された[64]。9月10日に行われたJ1・2ndステージ第11節 アルビレックス新潟戦で公式戦293日ぶりのピッチに立った。試合は1-0で勝利し、クラブワースト記録の18戦勝ちなしだったチームを勝利へ導いた[65]。闘莉王加入後にチームは、残留圏内に順位を上げたが、最終的には15位と勝ち点は並んだが得失点差でJ2降格が決定。翌年からのアドバイザー就任の打診を断り[61]、11月7日、契約満了に伴って名古屋を退団した[66]

京都サンガF.C.[編集]

名古屋退団後は、一時ブラジルに帰国し、自身の力でチームを残留させられなかった事や、名古屋から退団を迫られた形などのショックで引退も考えたが、京都サンガF.C.の強化部長らがブラジルまで直接訪ね、熱意を感じ2003年以来のJ2での戦いを決意した[67]

2017年1月6日に正式に京都への加入する事が発表された[68]。3月4日に行われた第2節の徳島ヴォルティス戦では、Jリーグ18ヶ月ぶりゴールとなる移籍後初得点を決めて今シーズン勝利に貢献[69]、4月15日に行われた第8節の愛媛FC戦では、FWとして起用されハットトリックを達成[70]。35歳11カ月22日でのハットトリックはJ2最年長記録を更新し、J1・J2・ルヴァン杯の得点を合わせるとJリーグ公式戦通算得点102得点になり、Jリーグ史上初のDF登録選手の100得点突破となった[71]

日本代表歴[編集]

世代別代表[編集]

クラブでの活躍が認められ、2003年10月に日本国籍を取得するとすぐに山本昌邦監督率いるU-23日本代表に選出された[72]。2004年3月3日のアテネオリンピックアジア地区最終予選のアウェーでのレバノン戦では4-0のスコアで勝利し[注 3]、続く3月5日のアウェーでのUAE戦も2-0のスコアで勝利した[73]。しかし3月14日のバーレーン戦で左太腿裏肉離れを発症して途中交代となり、その後に日本はセットプレーから失点して敗れた[73]。全治3 - 4週間と診断されたが本人の願いにより松葉杖をついて残り2試合に同行した[73]。本大会のメンバーにも選出され[注 4]、アテネオリンピックには3試合すべてに出場した[75]

A代表[編集]

ジーコ監督には一度も招集されず、2006FIFAワールドカップには出場することができなかった。

2006年8月にイビチャ・オシム監督の指揮するA代表に初選出。以降は負傷を繰り返しながらも、日本代表の中心選手として定着した。

2008年からの2010 FIFAワールドカップ・アジア最終予選では8試合に全試合フル出場して本大会出場に貢献し[76]、本大会への代表にも選出された。

本大会直前に行われた強化試合である2010年5月30日のイングランド戦では前半に得点を決めたものの、後半にはクリアミスによるオウンゴールを献上した[77]。さらに6月4日に行われたコートジボワール戦では2戦連続となるオウンゴールを献上。直後のプレーでディディエ・ドログバと交錯、ドログバは右腕を骨折した[78]。コートジボワール代表のエリクソン監督はこの件を全く非難せずに、「不運だったのです。あれは悪いプレーではなかったし、愚かなプレーでもなかった。故意ではなかった。」と擁護した[78]。その後のドログバの右腕の回復は良好で、本大会に間に合わせることができた[78]。なお闘莉王は本大会後に、著書の中でエリクソン監督へ深い感謝を述べた[79]。故意ではなかったものの、ドログバには日本サッカー協会を通して謝罪文を送付し、誠意を尽くした[80]

2010 FIFAワールドカップ本大会では、守備の大黒柱として全4試合にフルタイムで先発出場し、自国開催以外で初となる日本代表の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。冷静な読みとカバーリング、空中戦でゴールにカギをかけた[81]。攻撃面でも精度の高いフィードを繰り出してカウンターの起点となり、チームが不調の時期にも熱い言葉をかけ続けてチームを鼓舞した[81]。これらの活躍により、本大会直前に挙がっていた周囲からの不満の声をも消し去った[82]。日本史上最高のセンターバックとして名をとどろかせた闘莉王と中澤のコンビは、アーセン・ベンゲルから「日本代表の最高の武器だった」と絶賛された[83]

アルベルト・ザッケローニ監督の指揮するAFCアジアカップ2011のメンバーには、怪我のために[84] 予備登録メンバーからも外れた[85]。2011年3月29日に行われた慈善試合「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」では、Jリーグ選抜チームとしてフル出場し、後半の82分には攻め上がって三浦知良のゴールをアシストした。試合後には、「サッカー選手としてじゃなく、一人の人間としてなにかの力になりたかった」「日本はまた、素晴らしい国になると思う」とコメントした[86]

プレースタイル[編集]

確かな守備力に加え、高い得点力も備える超攻撃的リベロ[87]。空中戦で圧倒的な強さを持ち、正確なフィードで攻撃の起点にもなる[88]。自陣ゴール前での絶大なる存在感はもちろんのこと、コーチングを含めた統率力も高い[89]。ビルドアップも的確で、高精度のロングフィードは数々のチャンスを創出する[89]。ボールを足で扱う技術も優れ[90]、決定力もあるため、しばしばボランチ、トップ下、果てはワントップに至るまで、センターラインのあらゆるポジションで起用されることもある[90]。一方でスピードには優れないが、それをカバーできる頭の良さを持っている[91]

優れた守備力と同時に攻撃力も兼ね備える選手として、Bleacher Report (en:Bleacher Report) の「得点力の高いディフェンダー世界トップ20」の特集で世界一に選出された[92]

感化する力、インスピレーション[90]

国際サッカー連盟 (FIFA) からカリスマ性を持つ選手であると評されている[90][93]。サッカーというチームワークにおける協調性について、ドラガン・ストイコビッチ監督は、「チームにモチベーションを与えることができる選手だ。彼はリーダーだ。」と語る[94]

守備の間合い

絶妙な「間合い」を持っている[95] とされており、前田秀樹監督は特に一対一の対応について、「闘莉王には一流の間合いがあった」と高く評価した[95]

人物[編集]

「これからも日本人の心をサッカーに生かしたい。まわりをサポートする。まわりを大切にする。みんなで気持ちをひとつにする[96]。」というサッカー観を持つ。敬虔なクリスチャンカトリック[97] で、プレー中にはしばしば十字を切るシーンが見られる。

サッカー選手以外になりたかった職業は獣医[98]。プロ入り二年目にはウサギを飼っていた[99] という一面も持つ。

家族を一生大切にしていこうと誓っている[100]。最も尊敬する人物は父親[101]。日本出身の祖父母に子供の頃よく言われた言葉は「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」。(これは、イネは成長して実をつけると頭が垂れ下がっていく。人間も、人格が高い人であればあるほど謙虚になっていくという教えであり、成功するほど背負うものは重くなっていくという意味である[100])。

語学力[編集]

流暢な日本語を話す。その他、母国ブラジルの公用語であるポルトガル語は当然として、学生時代に英語の成績も良かった為にドラガン・ストイコビッチ監督とも直接英語でコンタクトする事も多かった[102]スペイン語圏のダニルソン・コルドバの練習中の通訳も受け持っていたという。

日本への愛[編集]

日本に帰化した理由について、闘莉王は

僕ができることはサッカーしかない。日本国籍を取って、日の丸を付けて、プレーをする。日本のためにサッカーをして、お世話になった人たちに恩返しをしたい[103] — 闘莉王

と語った。日本国籍取得の話を最初に持ち掛けた当時のGM今西和男は、「闘志を持ちながらも、礼を重んじる。このような選手が入ったら、日本代表はきっとうまくいくと思った[104]」という。

表現者としての力[編集]

「闘莉王の体には、浦和レッズのユニフォームと同じ真っ赤な血が流れていた[105]」と言われたように、試合での強さ以外にも、その姿は見ている者の心を揺さぶる[106]、と評されることがある。

スタンドを見ていると、涙がこみ上げてくることがある[107] — 闘莉王(浦和レッズの応援と声援について)

一生懸命で熱くなりすぎてしまい、時にはサポーターとも口論になってしまうこともあったが[106]、それはいつでも、誰に対しても、本音で真剣に向き合っていた証拠である[106] とも言われている。一方で、浦和時代には選手起用を始めとする、強化方針に注文をつけ、移籍後も古巣に対する批判を行っている。

エピソード[編集]

  • 2008年は日本ブラジル移民100周年に当たり、日伯交流年の一環としてブラジル音楽から本人が選曲したコンピレーションアルバム『TRIP IN BRAZIL』が発売された[7][108]。これは日伯交流記念事業の正式認定を受け、ブラジル大使館からの協力によって制作された企画である[108]。そのCDには本人がポルトガル語でヴォーカル参加した楽曲も収録されている[注 5]。そのほか、愛知県内のブラジル人学校の子ども達を継続的に試合に招待するなどの地域貢献も続けている[110]
  • 2008年11月4日、西武ドームで行われた野球の日本シリーズ第3戦では、浦和レッズと同じ埼玉に本拠地を置く埼玉西武ライオンズの応援として始球式を務めた[111]。このシリーズで西武は読売ジャイアンツ相手に勝利し日本一となった。
  • 他スポーツでは卓球もかなり上手である。松井大輔の証言によれば、2010FIFAワールドカップの大会期間中に選手同士で何度も卓球大会を開催し、その中で闘莉王が圧倒的に強かったと語った[112]
  • 2010FIFAワールドカップのオランダ戦での活躍ぶりは、スペイン紙『As(アス)』から「El dandy」(エル・ダンディ、粋な人)と称えられ、空中戦の強さと、後半に送り出した決定的なパスも高く評価された[113]
  • 2010 FIFAワールドカップ開催中に入院した父を見舞うため、ホテル日航関西空港で行われた日本代表選手団の記者会見に参加しなかった[114]引退も考えていたが、父の後押しで現役続行を決意した[115]
  • 2010 FIFAワールドカップ帰国後の記者会見今野泰幸が、闘莉王の出演したケンタッキーフライドチキンのCMのフレーズ「集まれー!!」を真似した。このモノマネは大きな反響を呼び、今野の所属するFC東京の携帯サイトで着ボイス配信された[116] ほか、長友佑都も後にバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでしたフジテレビ、2010年7月22日放送)」の中で「集まれー!!」のオペラ・バージョンを披露するなど広がりを見せた。
  • もともと日本人の血を引くブラジル出身選手として初めてFIFAワールドカップに出場した人物である[117]。(なお、これまでに日本国籍を取得してワールドカップに出場したブラジル出身選手は呂比須ワグナー三都主アレサンドロがいる[117])。
  • 2011年4月14日、東日本大震災[注 6]で被災した水戸を訪問した。小学校を訪れて子供達を激励し、ボール遊びでは大歓声と笑い声があふれた[119]。また、水戸市長を表敬訪問し、市内の小中学校へサッカーボールと本を寄贈した[119]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 広島 23 J1 17 1 5 0 0 0 22 1
2002 6 22 1 5 0 0 0 27 1
2003 水戸 28 J2 42 10 - 3 0 45 10
2004 浦和 4 J1 21 3 6 1 1 0 28 4
2005 26 9 7 1 2 0 35 10
2006 33 7 7 1 1 0 41 8
2007 26 3 0 0 1 0 27 3
2008 31 11 1 0 1 0 33 11
2009 31 4 1 1 0 0 32 5
2010 名古屋 29 6 1 0 0 0 30 6
2011 31 6 2 2 0 0 33 8
2012 33 9 2 1 3 3 38 13
2013 27 3 4 1 0 0 31 4
2014 31 7 4 3 4 2 39 12
2015 30 5 6 2 0 0 36 7
2016 7 0 - 0 0 7 0
2017 京都 J2 31 15 - 0 0 31 15
2018 -
通算 日本 J1 395 75 51 13 13 5 459 93
日本 J2 73 25 - 3 0 76 25
総通算 468 100 51 13 16 5 535 118

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2007 浦和 4 8 0 2 0
2008 4 1 -
2011 名古屋 5 0 -
2012 5 2 -
通算 AFC 22 3 2 0

その他の国際公式戦

記録等

代表歴[編集]

主な出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 43試合 8得点(2006年 -2010年)
    • (先発出場試合数 43[120]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2006 5 1
2007 4 1
2008 10 2
2009 13 2
2010 11 2
通算 43 8

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2006年11月15日 日本の旗 日本 サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○3-1 AFCアジアカップ2007 (予選)
2. 2007年8月22日 カメルーンの旗 カメルーン ○2-0 キリンチャレンジカップ2007
3. 2008年6月14日 タイ王国の旗 タイ タイ王国の旗 タイ ○3-0 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
4. 2008年11月19日 カタールの旗 カタール カタールの旗 カタール ○3-0
5. 2009年6月17日 オーストラリアの旗 オーストラリア オーストラリアの旗 オーストラリア ●1-2
6. 2009年10月8日 日本の旗 日本 香港の旗 香港 ○6-0 AFCアジアカップ2011 (予選)
7. 2010年2月11日 香港の旗 香港 ○3-0 東アジアサッカー選手権2010
8. 2010年5月30日  オーストリア イングランドの旗 イングランド ●1-2 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッズ
名古屋グランパス
  • J1リーグ:1回(2010年
  • FUJI XEROX SUPER CUP:1回(2011年)

個人[編集]

その他[編集]

出演[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

※その他多数

テレビアニメ[編集]

広告[編集]

プロモーション[編集]

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 田中マルクス闘莉王 『鉄壁』 小学館、2010年3月19日。ISBN 978-4-09-387893-7。
  • 田中マルクス闘莉王 『大和魂』 幻冬舎、2010年12月5日。ISBN 978-4-344-01922-5。

関連書籍[編集]

  • 矢内由美子 『闘莉王―赤き魂のサムライ』 徳間書店、2007年11月。ISBN 978-4-19-862351-7。
  • 矢内由美子 『闘莉王 超攻撃的ディフェンダー (スポーツ・ノンフィクション)』 学習研究社、2009年4月8日。ISBN 978-4-05-203086-4。
  • 工藤晋、山仲剛太 『漫画・闘莉王物語 (少年サンデーコミックス)』 小学館、2010年6月1日。ISBN 978-4-09-122390-6。
  • NHK「スポーツ大陸」制作班 『NHKスポーツ大陸―遠藤保仁・闘莉王・中村憲剛』 金の星社、2010年9月。ISBN 978-4-323-07192-3。
  • 小林良介 他 『勝利を支える愛情 スポーツ感動物語―田中マルクス闘莉王、ウィリアムズ姉妹、内田篤人ほか』 学研教育出版、2012年2月14日。ISBN 978-4-05-500933-1。

CD[編集]

  • Tanaka Marcus Tulio 『TRIP IN BRAZIL』 Prima★Stella Records、2008年11月。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本人が笠戸丸に乗船してブラジルに移住し始めたのは1908年である[4] がコーヒー農場で働くために家族全員でブラジルに移住したのは1929年、12歳のときであった[4]。のちに病気で家族が離れ離れになるが、当時ブラジルに渡った移民の中には病死したり、作物が不作で餓死することも珍しいことではなかった[4]。闘莉王はプロデビューのクラブを複数オファーの中から祖父の出身地であるサンフレッチェ広島に選び[5]、また日本国籍取得の際の本籍地の欄にも広島と記入している[6]
  2. ^ プロ同期加入は、林卓人河野淳吾西嶋弘之寺内良太梅田直哉李漢宰がいる[8]
  3. ^ この試合では相手選手との接触により肩から落下して左肩を脱臼する怪我をしたが、左腕を自分で肩に押し込んでプレーを続行した[73]。チームメイト達はその迫力に感化されたと言われている[73]
  4. ^ 予選を共に戦ってきた仲間である鈴木啓太山瀬功治らの落選にショックを受け、闘莉王は鈴木のユニフォームを、田中達也は山瀬のユニフォームを共に着用して記者会見に臨み、「アテネでは、一緒にやってきた全員の思いを背負ってやろうと思う」と仲間達への思いを述べた[74]
  5. ^ 父方の親戚に浪曲のプロ歌手もおり、レコードも発売している[109]。祖母の証言によれば、芸達者なところや運動能力の高さがよく似ているという[109]
  6. ^ 3月11日の地震発生時、ベガルタ仙台との試合へ向かう列車に乗っていた[118]。地震で列車が停止し、仙台へは到着しなかった[118]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニッケイ新聞:あるぜんちな丸同船者寄稿集
  2. ^ 矢内 2009、12頁
  3. ^ 朝日新聞 2010年6月14日付夕刊、13頁
  4. ^ a b c 矢内 2009、38-40頁
  5. ^ 矢内 2009、74頁
  6. ^ 矢内 2009、136-137頁
  7. ^ a b 海外移住資料館だより 第14号
  8. ^ a b c 中国新聞 サンフレ新人素描[リンク切れ]
  9. ^ 矢内 2009、24頁
  10. ^ a b 矢内 2009、23頁
  11. ^ 闘莉王 2010.3、152頁
  12. ^ a b 矢内 2009、27頁
  13. ^ 矢内 2009、28頁
  14. ^ 矢内 2009、29-30頁
  15. ^ 矢内 2009、30頁
  16. ^ 矢内 2009、31頁
  17. ^ a b 矢内 2009、32頁
  18. ^ a b 矢内 2009、34頁
  19. ^ 矢内 2009、35頁
  20. ^ 矢内 2009、36-38頁
  21. ^ a b 矢内 2009、36頁
  22. ^ 矢内 2009、50頁
  23. ^ 矢内 2009、50-55頁
  24. ^ 矢内 2009、58頁
  25. ^ a b 矢内 2009、66-68頁
  26. ^ a b c 矢内 2009、63頁
  27. ^ 闘莉王 2010.3、108頁
  28. ^ 闘莉王 2010.3、104-113頁
  29. ^ 矢内 2009、69頁
  30. ^ 矢内 2009、72頁
  31. ^ 矢内 2009、91頁
  32. ^ 矢内 2009、97-100頁
  33. ^ 矢内 2009、139頁
  34. ^ (英語)Urawa regain J-League lead”. FIFA公式サイト (2008年7月17日). 2011年7月12日閲覧。
  35. ^ (英語)Japan’s Tulio blasts Urawa’s transfer policy”. ESPN (2009年8月4日). 2011年7月24日閲覧。
  36. ^ 闘莉王との契約について”. 浦和レッズ公式サイト (2009年12月12日). 2011年12月23日閲覧。
  37. ^ a b (英語)Japan defender Tulio swaps Urawa for Nagoya”. ESPN (2009年12月22日). 2011年7月24日閲覧。
  38. ^ (ポルトガル語)Em 2010, Tanaka recusou se transferir para a Europa”. Lance (2011年12月15日). 2012年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  39. ^ a b 『Jリーグ2010シーズン総集編』 日本スポーツ企画出版社。JANコード 4910239980119。10頁。
  40. ^ 『Jリーグ2010シーズン総集編』 日本スポーツ企画出版社。JANコード 4910239980119。12頁。
  41. ^ 「名古屋Jリーグ初制覇」 週刊サッカーマガジン別冊(ベースボールマガジン社)、p14、JANコード 4910238860115
  42. ^ 【2010Jリーグアウォーズ】最優秀選手賞・楢崎正剛選手コメント”. J’s GOAL (2010年12月6日). 2012年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  43. ^ 『やべっちF.C.特大号 Vol.2』 KKベストセラーズ、2010年12月20日。ISBN 978-4-584-20393-4。24頁。
  44. ^ 週刊サッカーダイジェスト2011.3.1号(日本スポーツ企画出版社)独占インタビュー pp.6 - 9、JANコード 4910239910314
  45. ^ ピクシー誇れる2位”. 中日スポーツ (2011年12月4日). 2011年12月24日閲覧。[リンク切れ]
  46. ^ 毎日新聞 2011年12月4日付、21頁
  47. ^ 『Jリーグ2011シーズン総集編』 日本スポーツ企画出版社。JANコード 4910239980126。13頁。
  48. ^ 闘莉王ボタフォゴ移籍? 名古屋が否定”. 日刊スポーツ (2011年12月15日). 2012年2月7日閲覧。
  49. ^ (ポルトガル語)Contratação de Tanaka é complicada e negociação de Cortês esfria”. IG (2011年12月15日). 2012年2月7日閲覧。
  50. ^ (ポルトガル語)André Silva sobre Tanaka: ‘Ele quer retornar ao Brazil, mas o clube não quer liberar’”. UOL (2011年12月26日). 2012年2月7日閲覧。
  51. ^ (ポルトガル語)Zagueiro Túlio Tanaka segue sendo o ‘sonho impossível’ do Botafogo para 2012”. UOL (2011年12月24日). 2012年2月7日閲覧。
  52. ^ 闘莉王 改めて残留&V宣言”. 中日スポーツ (2012年2月7日). 2012年2月7日閲覧。
  53. ^ 闘莉王、ボタフォゴの獲得オファー断り残留…名古屋”. スポーツ報知 (2012年6月23日). 2012年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  54. ^ (ポルトガル語)Com entraves na relação entre clube e jogador, Botafogo desiste de Tanaka”. globo (2012年6月25日). 2012年6月29日閲覧。
  55. ^ 悪夢振り払う5発大勝”. 中日スポーツ (2012年8月5日). 2012年9月27日閲覧。
  56. ^ (英語)Struggling leaders and unlikely goal kings”. FIFA公式サイト (2012年8月6日). 2012年9月27日閲覧。
  57. ^ 闘莉王、初の主将”. 中日スポーツ (2014年1月25日). 2014年1月27日閲覧。
  58. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “西野監督 腹くくった長谷部との“トップ会談”、チーム一つにしたハリル氏と真逆の手法 - スポニチ Sponichi Annex サッカー” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/04/kiji/20180704s00002014015000c.html 2018年7月10日閲覧。 
  59. ^ 名古屋、田中マルクス闘莉王が2シーズン連続でキャプテンに就任”. サッカーキング (2015年1月23日). 2016年8月30日閲覧。
  60. ^ 闘莉王FW先発、川又ベンチ、4バック…サポーターから抗議文の名古屋が大胆システム変更”. ゲキサカ (2015年9月26日). 2016年8月30日閲覧。
  61. ^ a b 闘莉王 引退勧告 アドバイザー就任打診に悲痛「心がズタズタ」 デイリースポーツ (2016年11月7日)
  62. ^ 田中マルクス闘莉王選手、退団のお知らせ”. 名古屋グランパス. 2016年1月9日閲覧。
  63. ^ 名古屋に闘莉王が帰って来る!「彼のような選手が必要」新監督が電撃発表”. スポニチ (2016年8月23日). 2016年8月23日閲覧。
  64. ^ 田中 マルクス闘莉王選手、加入内定のお知らせ”. 名古屋グランパス (2016年8月26日). 2016年8月26日閲覧。
  65. ^ 名古屋19戦ぶり勝利!闘将闘莉王が帰ってきた!!「生きてる感じがした」”. ゲキサカ (2016年9月10日). 2016年9月13日閲覧。
  66. ^ “田中 マルクス闘莉王選手、契約満了のお知らせ” (プレスリリース), 名古屋グランパスエイト, (2016年11月7日), http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2016/1107post-678.php 2016年11月9日閲覧。 
  67. ^ 田中マルクス闘莉王:帰国し引退一転 J2京都が口説”. 毎日新聞 (2017年2月4日). 2017年4月28日閲覧。
  68. ^ “田中マルクス闘莉王選手 名古屋グランパスより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2017年1月6日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/35390 2017年4月28日閲覧。 
  69. ^ 35歳の闘莉王、Jで18ヵ月ぶりのゴール!見事なボレーシュートだ”. Qoly (2017年3月7日). 2017年4月28日閲覧。
  70. ^ 京都・闘莉王が大車輪!チームを救うロスタイム弾&ハットトリック達成”. サンスポ (2017年4月15日). 2017年4月28日閲覧。
  71. ^ FW起用の闘莉王J2最年長ハット「神様のおまけ」”. 日刊スポーツ (2017年4月16日). 2017年4月28日閲覧。
  72. ^ 矢内 2009、140頁
  73. ^ a b c d e 矢内 2009、146-148頁
  74. ^ 矢内 2009、149-150頁
  75. ^ 矢内 2009、152-153頁
  76. ^ FIFAワールドカップ2010 アジア最終予選結果[リンク切れ] - スポーツナビ、2010年6月7日閲覧。
  77. ^ 闘莉王一撃、日本に光明 イングランド戦[リンク切れ] - asahi.com、2010年5月31日、2010年6月7日閲覧。
  78. ^ a b c (英語)World cup 2010: Drogba plays with cast on his arm”. BBC (2010年6月15日). 2011年8月10日閲覧。
  79. ^ 闘莉王 2010.12、140-141頁
  80. ^ 朝日新聞 2010年6月14日付夕刊、1頁
  81. ^ a b 「2010南アフリカワールドカップ決算号」(ベースボールマガジン社)p56、JANコード 4910238880809
  82. ^ Japan defender Tulio fit for Paraguay”. ESPN (2010年6月28日). 2011年7月13日閲覧。[リンク切れ]
  83. ^ 中沢&闘莉王“史上最強の壁”ベンゲル氏絶賛「最高の武器」”. スポーツ報知 (2010年7月1日). 2011年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  84. ^ (英語)Injured Tulio left out of Japan’s Asian Cup squad”. FIFA公式サイト (2010年12月6日). 2011年6月27日閲覧。
  85. ^ 闘莉王W杯予選予備登録 代表復帰へ前進 nikkansports.com、2011年8月24日
  86. ^ 「サッカーダイジェスト」日本スポーツ企画出版社、2011年4月19日号、JANコード 4910239930411 、p38-47
  87. ^ 「サッカーダイジェスト」日本スポーツ企画出版社、2011年3月1日号、JANコード 4910239910314 、p6-9
  88. ^ 「サッカーダイジェスト」日本スポーツ企画出版社、2011年5月10日号、JANコード 4910239930510 、p8-10
  89. ^ a b 『Jリーグ・オフィシャル・ファンズ・ガイド』 社団法人日本プロサッカーリーグ、2011年3月。ISBN 978-4-02-190215-4。116頁。
  90. ^ a b c d (英語)Japan’s defensive inspiration”. FIFA公式サイト (2009年6月23日). 2011年6月30日閲覧。
  91. ^ 【日本代表】福田・名波・三浦淳が語る「ザックのサッカーを実践するベストメンバーとは?」 web Sportiva、2012年1月4日
  92. ^ (英語)1.Marcus Tulio Tanaka ~ 20 top goal-scoring defenders in world football”. Bleacher Report (2011年6月20日). 2012年9月27日閲覧。
  93. ^ (英語)Nagoya Grampus”. AFC公式サイト (2011年2月21日). 2012年3月8日閲覧。[リンク切れ]
  94. ^ NHK「不屈の闘将 〜田中マルクス闘莉王」ドキュメンタリー(2010年12月23日放送)
  95. ^ a b 矢内 2009、94-95頁
  96. ^ 第89回全国高校サッカー選手権大会公式ポスター
  97. ^ 闘莉王 2010.12、33-34頁
  98. ^ 『2011 J1&J2選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2011年3月JANコード 4910239980317。10頁。
  99. ^ 矢内 2009、89頁
  100. ^ a b 闘莉王 2010.12、39頁
  101. ^ 闘莉王 2010.3、190-191頁
  102. ^ 闘莉王、ピクシーに弟子入り宣言 名古屋”. スポーツ報知 (2010年1月25日). 2011年12月6日閲覧。[リンク切れ]
  103. ^ 矢内 2009、135頁
  104. ^ 朝日新聞 2010年6月30日付、39頁
  105. ^ 矢内 2009、2頁
  106. ^ a b c 矢内 2009、131頁
  107. ^ 矢内 2009、5頁
  108. ^ a b 闘莉王が日伯交流年盛り上げへCD発売”. 日刊スポーツ (2008年9月23日). 2012年7月15日閲覧。
  109. ^ a b 矢内 2007、33頁
  110. ^ 闘莉王をブラジル学校生徒が激励”. 中日スポーツ (2010年3月19日). 2012年7月15日閲覧。
  111. ^ 田中マルクス闘莉王選手が始球式に登場”. 西武ライオンズ公式サイト (2008年10月31日). 2011年12月18日閲覧。
  112. ^ 「Sportiva(スポルティーバ)」集英社、2010年7月号、JANコード 4910206790802、p24-25
  113. ^ (スペイン語)Cronica: Mundial 2010 Holanda 1 – Japόn 0”. As (2010年6月20日). 2011年9月14日閲覧。
  114. ^ 闘莉王 父が入院…チームに隠し戦い続けた[リンク切れ] - スポーツニッポン、2010年7月1日。
  115. ^ 闘莉王が現役続行 父の言葉で「もう1回」[リンク切れ] - サンケイスポーツ、2010年7月15日。
  116. ^ FC東京・今野ものまね「着ボイス」配信[リンク切れ] - サンケイスポーツ 2010年7月11日付記事
  117. ^ a b (英語)Brazilian Samurai ready to rumble for Japan”. FIFA公式サイト (2010年5月30日). 2011年7月31日閲覧。
  118. ^ a b (ポルトガル語)Recuperação japonesa após tragédia emociona zagueiro Tanaka”. globo (2011年12月20日). 2012年1月11日閲覧。
  119. ^ a b 茨城新聞 2011年4月15日付、19頁 (社会1面)
  120. ^ SAMURAI BLUE 選手情報”. 日本サッカー協会. 2011年8月27日閲覧。

関連項目[編集]