田中ユウスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 ユウスケ
生誕 (1977-12-24) 1977年12月24日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
ジャンル J-POP
映画音楽
アニメ音楽
CM音楽
職業 音楽プロデューサー
作曲家
編曲家
事務所 agehasprings、株式会社キュー
共同作業者 Q;indivi

田中ユウスケ(たなか ゆうすけ、1977年12月24日 - )は、日本音楽プロデューサー作曲家編曲家[1]兵庫県出身。血液型O型株式会社agehasprings/ 株式会社キュー所属。

人物[編集]

いきものがかりあいみょんYUKI元気ロケッツAKB48ポルノグラフィティ中島美嘉ら多数のアーティストとの音楽制作に携わるヒットメーカー[1][2][3]

代表作はYUKIJOY」(サウンドプロデュース・編曲)、いきものがかりじょいふる」「熱情のスペクトラム」(サウンドプロデュース・編曲)

AKB48ヘビーローテーション」(編曲)、中島美嘉流れ星」(サウンドプロデュース・作詞・作曲・編曲)、元気ロケッツHeavenly Star」(作・編曲)

あいみょん愛を伝えたいだとか」「君はロックを聴かない」「マリーゴールド」「今夜このまま」「ハルノヒ」(プロデュース・編曲)など[1][2]

また自身もメンバーとして活動するプロジェクト、Q;indiviでもプロデュースの手腕を発揮。

資生堂TSUBAKI」、TOYOTA「Prius a」、GREE「スマホ編 カジュアルゲーム」など、楽曲が起用された企業CMでは多方面から注目を集め、

トータルプロデュースを手掛けた派生プロジェクトQ;indivi Starring Rin Oikawaのアルバム「Wedding Celebration」はiTunes総合チャートにて1位を獲得している[1]

メジャーデビュー後のあいみょんの「生きていたんだよな」から「空の青さを知る人よ」までの計9枚のシングル曲のプロデュース・サウンドプロデュースを手がける。

来歴[編集]

2004年、株式会社キューに設立メンバーとして参加。同社では資生堂TOYOTASONY、ラフォーレ原宿など数多くの企業広告の音楽制作に従事する[1]

2005年、玉井健二が代表を務めるクリエイター集団「agehasprings」に加入。多数のアーティストとの音楽制作に携わるようになる[1]

2006年度、アメリカMTV系列「SPIKE TV」にて作編曲を手がけた、元気ロケッツのデビューシングル「Heavenly Star」がVIDEO GAME AWARDSのBEST SONG賞にノミネート。

2011年に設立されたインディペンデント系D.I.Yレーベル「coconoe records」に、レーベルプロデューサーとして参加[2]パスピエらをはじめとした次世代の新しい才能のリリース・発掘に携わる[2]

2012年公開の映画『鍵泥棒のメソッド』で初の音楽プロデュースを務める[1]

2014年全世界公開の長編3DCGアニメーション映画『アップルシード アルファ』に参加[1]

受賞歴[編集]

2010年度の日本レコード大賞にて、サウンドプロデュース作品が多数収録された、いきものがかりハジマリノウタ」が最優秀アルバム賞を受賞。

2014年度の日本レコード大賞にて、サウンドプロデュース作品である、いきものがかり「熱情のスペクトラム」が優秀作品賞を受賞。

2019年度の日本レコード大賞にて、プロデュース作品が多数収録された、あいみょん「瞬間的シックスセンス」が優秀アルバム賞を受賞。

作・編曲、プロデュースした主なアーティスト[編集]

ほか

リミックス [編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Yusuke Tanaka 田中ユウスケ”. agehasprings (CREATOR). 2019年6月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 【Creators Search】あいみょんやいきものがかりをヒットへ導く田中ユウスケの絶妙なポップセンス”. ORICON NEWS. オリコン (2019年5月5日). 2019年6月17日閲覧。
  3. ^ Q;indivi Starring Rin Oikawaインタビュー”. CINRA.NET (2010年12月16日). 2019年6月17日閲覧。