田中一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

田中 一(たなか はじめ、1904年5月7日[1] - 1989年4月2日)は、日本のキリスト教社会主義者である。

来歴[編集]

青森県出身。戦前よりキリスト教社会主義運動、農民運動の指導に携わる。1950年、参議院議員選挙全国区から立候補し初当選。日本社会党に属し、4期務めた。この間、参議院建設委員長、参議院決算委員長、参議院逓信委員長を歴任。また、電機労連の顧問を長く務めた。1966年から1978年まで日刊建設通信新社代表取締役会長を務める[1]。1978年、勲二等旭日重光章を受章した[1]

主な著書[編集]

  • 「水の社会化」

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.398
議会
先代:
大和与一
日本の旗 参議院建設委員長
1970年 - 1971年
次代:
小林武
先代:
占部秀男
日本の旗 参議院逓信委員長
1965年 - 1966年
次代:
野上元
先代:
小松正雄
日本の旗 参議院決算委員長
1955年 - 1956年
次代:
千葉信