田中一郎 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中一郎
生誕 (1954-12-08) 1954年12月8日(64歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県
ジャンル ロック
職業 ギタリスト
ミュージシャン
音楽プロデューサー
音楽大学講師
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1974年 -
レーベル MMRecords
共同作業者 リンドン
ARB
甲斐バンド
公式サイト ichiro-tanaka.com

田中 一郎(たなか いちろう、1954年12月8日 - )は、福岡県出身のミュージシャンギタリスト

来歴[編集]

  • 中学時代はドラマーだったが、高校入学後より本格的にギターを始める。
  • 1973年3月福岡大大濠高校卒業(甲斐バンドの松藤英男は、同学校の同級生で音楽仲間だった)。
  • 1974年照和等で高校時代から活動していたバンド「リンドン」でプロ・デビュー。 ※シングル3枚を出すが、1976年解散。
  • 1977年、バンド「ARB」を結成(リーダー)し、翌年デビュー。在籍中に6枚のアルバムを残す。
  • 1983年9月、ARBを脱退。それまでレコーディングに参加していた甲斐バンドのライヴ・ツアーに参加。
  • 1984年6月甲斐バンドの正式メンバーとなるが、1986年にバンド解散。
  • 1987年甲斐よしひろのツアーサポートを皮切りにソロ音楽活動開始。また以降、現在までソロ活動と並行しながらプロデューサーとして、他バンド・ミュージシャンのサウンドプロデュースを手がける。
  • 1988年、初のソロアルバム『IN』発表。
  • 1993年、ミュージシャン活動と並行して、東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)で、レコード・メーカーのプロデューサーとなる。
  • 1995年2001年KIT16としてプロデューサー活動やソロ活動も並行させながらバンド活動。
  • 1996年、甲斐バンド期間限定復活に参加。
  • 1998年~、再びフリーのプロデューサーとなり、多くのアーティストの育成を手掛ける。
  • 1999年2001年2008年~、甲斐バンド再結成に参加(2009年以降、活動再開)。
  • 現在、ソロ活動の他、音楽大学でのギター講師やプロデューサーとしての活動もしている。

活動スタイル[編集]

ソロ活動はアコースティックギターでの独演スタイルと、ドラム:西川貴博(THE KIDS)、ベース:市川洋二(ex.THE STREET SLIDERS)、(現在は、One boy players,One boy trio,KIT16のメンバーでもあった榎本高)との3ピースのバンドスタイルの、2スタイルとなっている。

エピソード[編集]

  • 父親は、少年院の教官であった。
  • ARB・3代目ギタリストである白浜久の父親も同じ少年院の教官で田中と白浜とは幼馴染。田中と白浜の兄は同級生だった。
  • 甲斐よしひろは1学年先輩であるが、通った幼稚園・小学校・中学校が同じである。
  • いかす!!バンド天国』の審査員を務めていた。(ARB解散後の白浜久も審査員を務め共演する)
  • NHK-BS 「BSヤングバトル」の審査員も務めた。
  • 不定期に「R&R CONVERSATION」というタイトルのイベントを主催し、様々なゆかりあるミュージシャンを呼んでいる。直近は2006年7月1日日比谷野外音楽堂で開催。
  • 毎年12月、行われるアコギワンマンライブは、10年以上続く恒例行事となっている。長らく足立区・梅島YUKOTOPIAで開催されていたが、閉店後は杉並区・高円寺ShowBoatで開催されている。
  • 2010年末、LIVE GATE TOKYO@EBISUにて年越しライブ『Thanks & Hello 2010-2011』を主催。斉藤光浩BTRTHE KIDS、黒葛原りつ with Le2、THE RISKY DRIVE SHOW、白浜久らが参加
  • プロレス団体「SWS」に所属していた北尾光司、佐野直喜両選手の入場テーマ曲を手がけたことがある。ちなみに当時のSWSのオーナー企業の社長は田中八郎氏。
  • エースコック「スーパーカップ」のCMソング「雨を見たかい」リリース後、ライバル企業が運営していたライブハウスである日清パワーステーションへのライブ公演、出演ができなかった時期がある。出演解禁後に高橋研、井口一彦とのジョイント・ライブに出演。井口がアドリブ(?)で「雨を見たかい」を歌い出し「それはダメ」と田中が慌てるが日清カップヌードルのCMソング「翼の折れたエンジェル(中村あゆみ)」(高橋研 作詞・作曲)を演奏するというオチをつけた。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル
田中一郎 and 甲斐よしひろ 1988年3月5日 あり、か
田中一郎 1988年6月5日 0℃の誘惑
Powerful Par's Pop T.V

(Powerful Par's Pop T.Vは略すと「パ・ぺ・ポ TV」。「鶴瓶上岡パペポTV」のテーマ曲)

田中一郎スーパーノマッド 1990年3月14日 雨を見たかい

アルバム[編集]

リリース日 タイトル
1st 1988年4月29日 IN
2nd 1989年6月14日 HOBO
3rd 1990年11月21日 Going To Paradise
4th 1991年8月30日 my home town
5th 1992年2月26日 morning glow
6th 2003年4月16日 Believe in R&R
7th 2005年3月2日 It's a Rock
8th 2005年12月21日 1954 BLUES
9th 2006年6月28日 Timeless Rock'n Roll
10th 2011年5月25日 Black & Red
田中一郎スーパーノマッド
リリース日 タイトル
田中一郎スーパーノマッド 1990年5月30日 SUPER NOMAD
One boy players
リリース日 タイトル
One boy players 1990年 GIMME A BREAK
KIT16
  • KIT16(1997年7月25日)
  • Let's Fly Out(1998年6月22日)
  • VEX&CAVE(1999年11月)
  • AAA(2002年1月21日)
詳細はKIT16の項参照。

DVD[編集]

  • Acoustic Guiter Techique (教則DVD)(2000年)
  • 東京百歌&Tokyo Acoustic Nite (2006年1月)
  • Still & Move ICHIRO TANAKA R&R CONVERSATION in HIBIYA(2006年7月)
  • TREASURE BOX of Rock'n Roll(教則DVD)(2007年10月26日)
  • 田中一郎のロックン・ロール・ハイスクール上下全6巻(教則DVD)

関連項目[編集]