田中優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 優子(たなか ゆうこ、1952年1月30日 - )は、日本江戸文化研究者エッセイスト法政大学総長(第19代)。

来歴[編集]

人物[編集]

主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度に賛成。「選択的夫婦別姓案への反対意見には、『誰もが選べる、自分も選べる』という視点が抜け落ちている。」「もし選択することじたいが困難で『決断』ができず、めんどうだから何でも政府が型を決めてくれた方が良いと思う人が大半なのであれば、日本に未来はない。」と述べる[6]。また、「日本人の夫婦が同姓になったのは1898(明治31)年。それまでは夫婦別姓だったので、この時も日本の伝統に合わない、と反対があった。このように『伝統に合わない』という言葉は『私の意見と違う』という意味に使われる。」とも述べている[7]
  • 全く歴史的根拠の無い「伝統の創造」にあたるとの批判のある江戸しぐさ[8][9]について、過去に江戸しぐさを肯定する内容の講演を行ったことがある[10]が、2015年(平成27年)6月25日放送のTBSテレビNEWS23』において、江戸しぐさを「空想である」と否定した[11]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

編集・監修[編集]

  • 『日本の名随筆 別巻 94 江戸』(1998年作品社)- 編集
  • 『メディア・コミュニケーション』(2005年、法政大学出版局) 共編:石坂悦男
  • 『江戸の懐古』(2006年、講談社学術文庫)- 監修
  • 『残したい日本の美201』(2006年、長崎出版)- 監修
  • 『手仕事の現在』(2007年、法政大学出版局)- 編著
  • 『日本人は日本をどうみてきたか: 江戸から見る自意識の変遷』(2015年、笠間書院) - 編著

出演[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 法政大の次期総長に田中優子氏 日本経済新聞 2013年11月22日
  2. ^ 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請
  3. ^ 小谷野敦『江戸幻想批判 改訂新版』(新曜社)に収められた対談。
  4. ^ 日本近世文学会大会研究発表一覧”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。
  5. ^ 『近世文藝』総目次”. www.kinseibungakukai.com. 2019年8月11日閲覧。
  6. ^ 「『選択』能力が欠けている?」、毎日新聞、2016年1月13日。
  7. ^ 「伝統」という言い訳、毎日新聞、2017年12月13日
  8. ^ 続・江戸しぐさの正体
  9. ^ 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日 東京夕刊
  10. ^ 法政大学 社会学部メディア社会学科教授 田中優子 氏が講演(2013.6.12)”. 麗澤大学. 2015年6月26日閲覧。
  11. ^ 第13回:田中優子法政大学総長の方向転換 『NEWS23』における「江戸しぐさ」報道によせて”. ジセダイ/星海社. 2016年1月25日閲覧。
  12. ^ 『カムイ伝講義』(小学館)あとがき