田中和徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
田中 和德
たなか かずのり
Tanaka Kazunori (2019).jpg
復興大臣就任時
生年月日 (1949-01-21) 1949年1月21日(71歳)
出生地 日本の旗 山口県豊浦郡豊田町(現下関市
出身校 法政大学法学部法律学科
前職 斎藤文夫神奈川県議会議員秘書
現職 復興大臣
福島原発事故再生総括担当大臣
所属政党 自由民主党山崎派甘利グループ麻生派
称号 法学士(法政大学)
親族 長男・田中徳一郎(神奈川県議会議員)
公式サイト 衆議院議員 田中和徳 公式WEBサイト

日本の旗 第10代 復興大臣
内閣 第4次安倍第2次改造内閣
在任期間 2019年9月11日 - 現職

選挙区比例南関東ブロック→)
神奈川10区→)
(比例南関東ブロック→)
神奈川10区
当選回数 8回
在任期間 1996年10月20日 - 現職

選挙区 川崎市川崎区
当選回数 1回
在任期間 1991年 - 1995年

選挙区 川崎区選挙区
当選回数 2回
在任期間 1983年 - 1991年
テンプレートを表示

田中 和德(たなか かずのり、1949年1月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)。復興大臣第10代)。

環境副大臣第2次安倍内閣)、財務副大臣第1次安倍内閣)、外務大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣)、財務大臣政務官第1次小泉第1次改造内閣)、国土交通大臣政務官第1次小泉内閣)、衆議院財務金融委員長自由民主党国際局長、自民党たばこ議員連盟副会長等を務めた。

来歴[編集]

山口県豊浦郡豊田町(現下関市)の農家に生まれる[1]。現在は神奈川県川崎市川崎区小田6丁目に在住[2]山口県立西市高等学校法政大学法学部法律学科卒業[1]。大学卒業後、斎藤文夫神奈川県議会議員(後に参議院議員)の秘書を務める[1]

1983年川崎市議会議員に初当選し、1987年に再選[1]1991年神奈川県議会議員選挙に鞍替えし、当選。1996年第41回衆議院議員総選挙神奈川10区から自由民主党公認で出馬し、神奈川10区では新進党前職の永井英慈に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し当選した。2000年第42回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党から出馬した永井英慈を破り、再選。2001年第1次小泉内閣国土交通大臣政務官災害対策社会資本整備の担当[3])に任命され、引き続いて第1次小泉第1次改造内閣財務大臣政務官第1次小泉第2次改造内閣第2次小泉内閣外務大臣政務官を務めた[1]2006年第1次安倍内閣財務副大臣に任命された[1]2008年より衆議院財務金融委員長[1]2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で民主党の城島光力に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し5選。

2010年に設置されたシャドウ・キャビネットでは、影の環境大臣に起用された[4]2011年、同じ山崎派に所属する甘利明が立ち上げた政策集団さいこう日本に参加[5]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、神奈川10区で前回敗れた城島を比例復活すら許さない大差で破り、6選。選挙後、石原伸晃の山崎派継承に伴い、石原派に参加せず退会した。第2次安倍内閣環境副大臣地球温暖化自然環境の担当[6])を務める[1]

2014年9月より自由民主党組織運動本部長。同年12月の第47回衆議院議員総選挙は城島を再び破り、7選。

2016年、自由民主党国際局長に就任。

2017年甘利明、田中同様に石原派への代替わりに反発して山崎派を退会した山際大志郎、無派閥の中山展宏福田峰之の5人で麻生派に入会した[7][8]。10月の第48回衆議院議員総選挙で8選。2019年9月、復興大臣に就任[1]

政策・主張[編集]

  • 永住外国人への地方選挙権付与に賛成。在日韓国人組織の在日本大韓民国民団(民団)の集会に出席した際、「外国人登録者は200万人を突破し、永住者も83万人にのぼる。開かれた国、誇り高い国として、開かれた社会の構築へ、共に地方参政権実現に努力することを約束する」と発言した[9]2009年第45回衆議院議員総選挙に際して朝日新聞が実施したアンケート調査では、「「永住外国人の地方参政権を認めるべきだ」の意見に賛成ですか、反対ですか」という項目に対して「どちらかと言えば賛成」と回答した[10]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に反対[11][12]
  • 日本国憲法第9条改正集団的自衛権の行使に賛成[13]
  • 原子力発電日本に必要[13]
  • 日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[14]
  • 女性宮家の創設に反対[14]
  • ヘイトスピーチの法律による規制に反対[13]。 
  • 道徳の教科化に賛成[13]
  • カジノの解禁に賛成[13]
  • 治安対策に精通しており、「99%が高校入学、その96%が卒業するんですが、残りの3%の中退者やそれ以下の学歴の人たちが刑務所に入る人の6割を占めている。高校は義務教育でないから問題を起こすとすぐ“退学しろ”となり、家庭に問題がある場合も多いから、犯罪につながりやすい。ここを学校・職安・役所が一体となってケアすれば、初犯の数がぐっと減る。でも要は社会が、刑務所で罪を償った人は普通の人、という認識をもって接してくれるのが一番大事。だから世間の方にもっともっと実情を知ってもらいたいと思っています」と述べるなど、犯罪者の再犯防止のためには出所者の社会復帰へのさらなる支援が必要だとしている[15]

復興大臣として[編集]

  • 2019年9月30日、東日本大震災で被災した宮城県沿岸部を就任後初めて視察した。田中は、沿岸6市町を訪問。気仙沼市では菅原茂市長の説明を受けて内湾地区の商業施設を視察後「ソフト面の支援が今後は一番大事になる。災害公営住宅には1人暮らしのお年寄りが多く、心のケアは大切。10年で終わることはない」と強調した。
  • 復興のためには「地震、津波、原発を乗り越え、発展できる国を実現させる。まずは福島県産の食料を東南アジアなどへ輸出し世界中の人々に食べてもらうことだ」と主張[16]
  • 新型コロナウイルスの感染拡大について「国民の健康を守るのは当然ながら、閣僚の一人として景気回復にも努めなければならない」と主張[17]
  • 台風19号による多摩川周辺の水害にも触れ「国と市が連携し時間と予算をかけ抜本的な改革を進める」と主張[18]
  • 議員外交に積極的で、これまで約100の国・地域を歴訪、自民党国際局長当時は議員交流を主導した[19]経験から風評被害対策に関し「外国でイベントをやるのも必要かもしれない」と語る[20]。また、「日本の食品を輸入している国や地域で、現地の人と生産地の人が触れ合うイベントのようなものを外務省や自治体と協力してやってみたい。私も99カ国、世界中を歩いてきた人間なので、土地勘もあるつもりだ。特にアジア方面に向け何かやってみたい」と語るなど、自ら海外に出向き「トップセールス」に臨む考えを明らかにした[21]
  • 新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う2020年3月11日に予定していた政府主催の東日本大震災追悼式の中止が決まったことについて、「縮小も含めていろいろと検討したが、コロナウイルスの感染拡大を防止するということで、このような状況になった。本当に残念なことだ」と述べ、11日の当日に関しては、「政府としても弔意を表明することなどについては検討が進められている。復興庁でも対応して弔意を示す。きちっとしたアピールをできるようにしたい」と語った[22]
  • 福島県産を中心とした被災地の食材が一部の国・地域で輸入規制され続けている現状について、韓国を念頭に「そっちの国より(日本産のほうが)よっぽど安全だし、きれいだ」と述べた。発言の根拠について、田中は「福島の食材は日本の中でも問題はない低い(放射能の)数値だ。韓国の数値も把握している。(日本は)世界中でもっとも厳しい基準をクリアしているものを流通させている」と説明した[23]
  • 韓国で東京電力福島第1原発事故をやゆする動きがあることについて、「遺憾というより、とんでもない。非常に大きな問題だ」と批判。外交ル-トを通じ韓国政府に申し入れた。韓国では、民間団体が防護服を着た聖火ランナーのポスターを作製するなどしている。田中は福島県の関係者から風評被害の助長を懸念する声が上がっていることを踏まえ、「関係省庁と連携し、科学的根拠に基づいて正確な情報を国際社会に丁寧に説明したい」と述べた。一方、この日の会見場には、福島県飯舘村の長泥地区で除染土を再利用する環境省の実証試験で栽培されたストックの花が飾られた。小泉進次郎環境大臣が各省庁に活用を呼び掛けており、田中は「いい香りがする。大臣室にも飾りたい」と笑顔を見せた[24]
  • 2020年03月08日、NHKの番組に出演し、2020年度末で設置期限が切れる復興庁を10年延長する法案を今国会に提出したことに触れ、「営農や観光面など、特に中小企業の皆さんに力を与えるようなきめの細かい施策を行っていく」と今後の被災地の支援に意欲を示した。番組では、福島県の内堀雅雄知事が「住民の帰還がなかなか進んでいない地域もある。特に子育て世代の帰還が進んでいない」との認識を示し、「医療や教育、商業施設など安心して帰還できる環境を整備することが重要だ」と強調した。また産業振興に関し、岩手県達増拓也知事は「さまざまな産業基盤は復旧してきているが、作った物を売っていくことや観光がいまひとつ軌道に乗っていない」と指摘。宮城県の村井嘉浩知事も「販路が回復しないことが非常に大きな問題だ。沿岸部はなかなか人が戻ってこないという課題があるので、人や物の流れをスムーズにするのが何よりも重要だ」と訴えた[25]

不祥事[編集]

人物[編集]

著書[編集]

  • 「この国を根こそぎ!信頼の監査制度の実現を(共著)」(東京プレスクラブ新書)ISBN 978-4-905156-06-2
  • 「世界の刑務所を訪ねて~犯罪のない社会づくり~(共著)」 小学館新書

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 衆議院議員 田中和徳 公式サイト - プロフィール
  2. ^ 自由民主党神奈川県支部連合会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 神奈川県選挙管理委員会 (2019年11月26日). 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ 第151回国会 国土交通委員会 第11号
  4. ^ 自由民主党シャドウ・キャビネット
  5. ^ “自民・甘利氏、政策グループ立ち上げ”. 日本経済新聞. (2011年6月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2201W_S1A620C1PE8000/ 2016年11月8日閲覧。 ||
  6. ^ 第182回国会 環境委員会 第2号
  7. ^ “甘利明前経済再生相が麻生派へ、側近議員らも 麻生派は二階派を抜き党内第4派閥に”. 産経新聞. (2017年2月1日). http://www.sankei.com/politics/news/170201/plt1702010007-n1.html 2017年8月26日閲覧。 
  8. ^ “自民党麻生派、拡大路線まっしぐら 甘利明氏入会、谷垣グループ、山東派にも触手 くすぶる警戒論”. 産経新聞. (2017年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/170210/plt1702100005-n1.html 2017年8月26日閲覧。 
  9. ^ “<参政権>「成立へ邁進の時 神奈川」”. 民団新聞. (2008年3月26日). http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=19&newsid=9510 2008年3月26日閲覧。 
  10. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  12. ^ 第154回国会請願2311号
  13. ^ a b c d e “2014衆院選 神奈川10区 田中和徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A14010003003&st=tk 2017年8月27日閲覧。 
  14. ^ a b “2012衆院選 神奈川10区 田中和徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14010002002 2017年8月27日閲覧。 
  15. ^ “[https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/frontline/20140613.html TBS�$B!V9q2q%H!]”. news.tbs.co.jp. 2019年9月10日閲覧。
  16. ^ 被災地食料を世界へ 田中和徳復興相 | 川崎区・幸区” (日本語). タウンニュース (2020年3月6日). 2020年4月19日閲覧。
  17. ^ 被災地食料を世界へ 田中和徳復興相 | 川崎区・幸区” (日本語). タウンニュース (2020年3月6日). 2020年4月19日閲覧。
  18. ^ 被災地食料を世界へ 田中和徳復興相 | 川崎区・幸区” (日本語). タウンニュース (2020年3月6日). 2020年4月19日閲覧。
  19. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年9月12日). “第4次安倍再改造内閣 閣僚の横顔:イザ!” (日本語). イザ!. 2020年4月19日閲覧。
  20. ^ 田中復興相就任1カ月 風評対策で独自色模索 揺れる発言に不安視も”. 2020年4月20日閲覧。
  21. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月27日). “田中復興相、風評被害払拭へ海外トップセールスに意欲:イザ!” (日本語). イザ!. 2020年4月19日閲覧。
  22. ^ 東日本大震災追悼式中止は「本当に残念」 田中復興相:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月19日閲覧。
  23. ^ 福島の食材、韓国念頭に「そっちの国より安全」 復興相:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年4月19日閲覧。
  24. ^ 韓国の防護服五輪ポスター「とんでもない」 復興相が抗議 | 政治行政 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年4月19日閲覧。
  25. ^ 中小企業向け施策に重点 田中復興相、移住促進にも意欲―東日本大震災9年:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月19日閲覧。
  26. ^ “暴力団関連会社にパーティー券/自民・田中氏側 06年に40万円”. しんぶん赤旗. (2011年10月23日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-23/2011102315_01_1.html 2017年8月27日閲覧。 
  27. ^ 日中国会議員書画展 田中和徳
  28. ^ “自・公・民66人に巨額献金/全国小売酒販政治連盟/本紙調べで判明”. しんぶん赤旗. (2005年8月19日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-19/2005081915_01_2.html 2017年8月27日閲覧。 
  29. ^ “ネット掲示板に国会議員殺害予告した無職男逮捕”. J-CASTニュース. (2009年4月3日). http://www.j-cast.com/2009/04/03038810.html 2009年4月3日閲覧。 
  30. ^ 議員立法「再犯防止推進法」を成立させ、即施行世界一犯罪の少ない国・日本の実現を! 衆議院議員・自民党更生保護議連会長自民党再犯防止推進特命委員長 田中和徳 | 川崎区・幸区” (日本語). タウンニュース (2017年4月28日). 2019年9月10日閲覧。
  31. ^ “[https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/frontline/20140613.html TBS�$B!V9q2q%H!]”. news.tbs.co.jp. 2019年9月10日閲覧。
  32. ^ 世界の刑務所を訪ねて” (日本語). 小学館 (2020年1月30日). 2020年6月9日閲覧。
  33. ^ 田中復興相、石巻など視察「雇用創出、力を注ぐ」”. 2020年4月20日閲覧。
  34. ^ スリッパ配布にパー券販売 田中復興相が否定 | 政治行政 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年4月19日閲覧。
  35. ^ 栗鼠島 (2019年9月11日). “やっぱりダブルスーツ愛用者だったのか。 政界全体だと石原慎太郎がそうだけれど、国会議員での愛用者は田中先生だけかも。 有権者受けを気にして着ない先生が多いのかなpic.twitter.com/2Xr44viN7O” (日本語). @humihumi_happa. 2020年4月19日閲覧。
  36. ^ 「国民を小馬鹿にする内閣」は何の目新しさも感じない! | 『黄昏』にはまだ早い ”. iwakaza1990.jugem.jp. 2020年4月19日閲覧。
  37. ^ 改造内閣の閣僚はこんな人 “腹筋100回が日課”!? 意外なおもしろ横顔紹介”. FNNプライムオンライン. 2020年4月19日閲覧。
  38. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会. 2018年4月11日閲覧。
  39. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会. 2018年4月11日閲覧。
  40. ^ パチンコ・チェーンストア協会
  41. ^ “自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー”. しんぶん赤旗. (2014年9月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-15/2014091515_01_1.html 2017年8月27日閲覧。 

関連項目[編集]

議会
先代:
原田義昭
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2008年 - 2009年
次代:
玄葉光一郎
公職
先代:
渡辺博道
日本の旗 復興大臣
第10代:2019年 -
次代:
現職
先代:
生方幸夫
園田康博
日本の旗 環境副大臣
井上信治と共同

2012年 - 2013年
次代:
井上信治
北川知克
先代:
竹本直一
赤羽一嘉
日本の旗 財務副大臣
富田茂之と共同

2006年 - 2007年
次代:
遠藤乙彦
森山裕
先代:
新藤義孝
土屋品子
日出英輔
日本の旗 外務大臣政務官
吉田幸弘
荒井正吾と共同
松宮勲
荒井正吾と共同

2003年 - 2004年
次代:
小野寺五典
河井克行
福島啓史郎
先代:
砂田圭佑
吉田幸弘
日本の旗 財務大臣政務官
森山裕と共同

2002年 - 2003年
次代:
七条明
山下英利
先代:
今村雅弘
吉田六左ェ門
岩井國臣
日本の旗 国土交通大臣政務官
木村隆秀
木村仁と共同

2001年 - 2002年
次代:
菅義偉
高木陽介
森下博之