田中商店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中商店街(たなかしょうてんがい)は、長野県東御市にある商店街である。

概要[編集]

田中商店街は、長野県東御市の田中・県・常田地内の商店街であり、しなの鉄道線田中駅前周辺を中心に長野県道166号東部望月線沿いに北方は国道18号まで約310m、東方は約450mにかけて形成されている。稲荷山、銀座、中央、常田の4つのブロックが一体となった商業集積地を形成している。

以前宿場町であった、北国街道田中宿が、発展して形成された東御市で最大の商店街である。明治時代に宿場機能が失われてからは製紙業、1938年(昭和13年)頃には特に繭糸の集荷などの栄えを経て、現在に至る。商店数は、約80〜100軒ほど存在する。

商店街としては小さいが、結婚式場などの比較的大きな施設も存在する。

また2007年には、歩道を設置、田中駅前に信号機の設置、電線地中化などの工事が完了し以前と比べて、商店街の景観や利便性が向上している[要出典]

周辺[編集]

主な業種[編集]

商店などが多く立ち並んでいるが、結婚式場や、銀行の支店、郵便局、ビジネスホテルなどの施設もある。稲荷町という商店街の一角があり、居酒屋などが立ち並んでいる。

行事[編集]

  • 田中祇園祭
  • 東御市民祭り(旧雷電祭り)
  • 田中商店街 恵比寿講祭り

関連項目[編集]