田中大貴 (1980年生のアナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たなか だいき
田中 大貴
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県小野市
生年月日 (1980-04-28) 1980年4月28日(41歳)
身長 186.5cm
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学環境情報学部
職歴フジテレビジョンアナウンサー
活動期間 フジテレビ
2003年4月 - 2018年4月)
オスカープロモーション
(2018年5月 - 2019年6月)
アスリート・マーケティング
(2019年7月 - )
ジャンル スポーツ情報番組
公式サイト 公式サイト
出演番組・活動
出演中日曜はカラフル!!
J SPORTS STADIUM
『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』
出演経歴スポーツLIFE HERO'S
F2-X
スパイスTV どーも☆キニナル!
情報プレゼンター とくダネ!
すぽると!
プロ野球ニュース
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

田中 大貴(たなか だいき、1980年4月28日 - )は、日本フリーアナウンサースポーツジャーナリスト。元フジテレビのアナウンサー。スポーツコンサルティング企業Inflight.Co.,Ltd.[1]代表。

来歴・人物[編集]

兵庫県小野市出身。兵庫県立小野高等学校(普通科)時代は野球部に所属。2年時から4番に座り、主将も任された3年時は兵庫県大会では春ベスト16、夏(東兵庫大会)ベスト8。対ブラジル選抜戦では兵庫選抜の4番打者(ただし、県内ベスト8の試合が行われていたため、ベスト16敗退チームの中での選抜)。兵庫県高校野球優秀選手に選ばれた。

高校卒業後、AO入試慶應義塾大学環境情報学部へ進学[2]。大学の先輩である高橋由伸に憧れ慶大野球部に入部[3]

公立進学校出身ながら、東京六大学では3年時からベンチ入りし、4年時の春季リーグ戦で4番に座り、3本塁打を放つ。元西武ライオンズ長田秀一郎、元中日ドラゴンズ湊川誠隆は慶大同期。

もともとアナウンサーになる気はなかったが、同級生達とたまたまフジテレビの入社試験を受けに行ったところ合格。野球を続けるか悩みながらも、後述にあるように4年生の時の春季リーグ戦でホームラン数トップになったことで、野球を辞めてアナウンサーになることを決断。2003年に同局に入社する。

入社後は基本的にスポーツ情報番組を担当。『とくダネ!』『すぽると!』においてはバンクーバーオリンピック第2回WBC、2009年MLBオールスター、2008年MLBワールドシリーズ北京オリンピック野球アジア予選など様々なスポーツイベントを現地からリポートした。特にプロ野球中継ではフジテレビのエース実況者として日本シリーズ、クライマックスシリーズなどを担当してきた。一方でバラエティ番組にも携わり、2007年8月11日、『フジアナスタジオ まる生真夏の打ち上げ花火4時間スペシャル!!』(フジテレビ739)で放送された「男おばさんサマートークライブ2007」を契機に、同年9月15日放送分から渡辺和洋と「男おばさんJr」を結成し、同コーナーの担当を務めた。

2014年3月21日、総合司会の小倉智昭に惜しまれながらも、10年間務めた『とくダネ!』からの卒業を発表した。

2018年4月30日付でフジテレビを退社。フリーアナウンサーへ転身[4]

30代の現役男性アナウンサーが退社するのはフジテレビでは初めての例となった。テレビメディアでの活動だけではなく、成長する配信メディアでの活動を積極的に行うことも発表。同年5月からオスカープロモーションに所属[3]。5月1日、DAZNでの広島巨人戦中継の実況がフリー転身後の初仕事となった[3]

2019年6月にオスカープロモーションを退社、同年7月からはスポーツ分野における活動を中心としたアスリート・マーケティングに所属。

2018年5月に株式会社Infligt[1]を立ち上げており、スポーツを中心に組織作り、選手・チームのサポート、キャリアデザイン、また企業のブランディング、マーケティング、コーディネーション、プロモーション、メディア作りなども手掛ける。

また、一般社団法人DoubleEducation[2]では社会貢献事業を手掛け、地域への支援活動も行っている。

エピソード[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

書籍[編集]

連載[編集]

  • 週刊ベースボール 『松坂世代 あの夏から20年目の延長戦』(2018年4月 - 、ベースボールマガジン社
  • NumberWeb『All in the next Chapter』[4](2018年8月 - 文藝春秋)
  • フジサンケイビジネスアイ『未来のキャプテン』(2020年1月 - 産経新聞社)
  • 文春オンライン『文春野球 オリックス担当』[5](2020年3月 - 文藝春秋)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Inflight.Co.,Ltd.
  2. ^ 【野球】慶大野球部OB! 木村匡宏さん×田中大貴さん対談 慶應スポーツ新聞会 2013年12月15日閲覧
  3. ^ a b c d 田中大貴アナ、慶大の先輩・由伸監督の「生きていくっていうのは大変だから」の言葉胸に巨人戦でフリーデビュー”. スポーツ報知 (2018年5月1日). 2015年3月9日閲覧。
  4. ^ 田中大貴アナ、フリー発表「チャプター2にトライ」”. 日刊スポーツ (2018年3月19日). 2018年3月19日閲覧。
  5. ^ 25年前、オリックス2軍球場で見たレーザービーム。”. 田中大貴オフィシャルブログ「Sports United」Powered by Ameba (2018年5月5日). 2018年5月5日閲覧。
  6. ^ フジのイケメンアナが結婚!”. テレビ朝日 (2009年4月26日). 2018年5月9日閲覧。
  7. ^ Bリーグ情報をたっぷりお届け!「BS12水曜バスケ!」10月10日(水)19時から放送決定!” (日本語). BS12 トゥエルビ. 2018年12月30日閲覧。
  8. ^ 日曜はカラフル!! (2019年9月29日). “そして、昨日の放送で #田中大貴 さんが番組卒業となりました…” (日本語). @sunday_colorful. 2019年10月8日閲覧。