田中好子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たなか よしこ
田中 好子
本名 小達 好子(おだて よしこ)
旧姓:田中
生年月日 (1956-04-08) 1956年4月8日
没年月日 (2011-04-21) 2011年4月21日(55歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都足立区[1]
死没地 日本の旗 日本 東京都港区三田
国際医療福祉大学三田病院[2]
国籍 日本の旗 日本
身長 155cm
血液型 A型
職業 歌手女優
ジャンル 歌謡曲
映画テレビドラマ舞台
活動期間 1972年 - 1978年
1980年 - 2011年
配偶者 小達一雄
著名な家族 楯真由子(継娘)
小達敏昭(義弟)
夏目雅子(義妹)
風間柚乃(姪)
田中俊亮(甥)
公式サイト 田中好子 公認ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
虹子の冒険
連続テレビ小説『おしん
銀河テレビ小説『親の出る幕』
家なき子
大地の子
神様、もう少しだけ
ふたつの愛
ちゅらさん

映画
黒い雨
鉄道員(ぽっぽや)
リング0 バースデイ
0からの風
明日への遺言遺作
テンプレートを表示

田中 好子(たなか よしこ、1956年4月8日 - 2011年4月21日[3][4][5])は、日本で活動していたアイドル歌手キャンディーズメンバー女優。本名:小達 好子(おだて よしこ)。旧姓:田中。愛称「スーちゃん」。

経歴[編集]

デビューまで[編集]

東京都足立区生まれ[1]。その愛らしいルックスに反して、子供の頃は男の子をいじめるような腕白振りでガキ大将的な存在だったという。小学校4年生で町内の民謡研究会に入り[注釈 1]、発表会で「ソーラン節」等を披露。後の才能の片鱗を窺わせる。東京成徳短期大学卒業[6]

1969年昭和44年)、渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。入学後、スクールメイツのメンバーに選抜される。同期生には伊藤蘭太田裕美らがいた。1972年10 - 12月、日本テレビ系のヒーロー作品『突撃! ヒューマン!!』に新聞記者・星山ルミ子役で出演。

キャンディーズ[編集]

1972年(昭和47年)、NHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに伊藤蘭藤村美樹とともに合格。3人組は「キャンディーズ」と命名され、マスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として活動。この年の紅白歌合戦で、橋幸夫(曲は「子連れ狼」)のバック・コーラスや、南沙織(曲は「純潔」)のバックダンサーを務めた。

1973年(昭和48年)9月1日、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(コーラスパートはメゾソプラノ)。ニックネームは「スーちゃん」(好子の“好”という字が「すき」の「す」であるため)[注釈 2]。キャンディーズのメンバーでは最年少であった[注釈 3]。伊藤や藤村からはスーさんと呼ばれていた。

デビュー曲の「あなたに夢中」から4曲目の「なみだの季節」までは、歌唱力を評価されてキャンディーズ初期のセンター位置のリードボーカルを担当した。その間はヒット曲に恵まれず、その後5曲目の「年下の男の子」以降殆どは、メインボーカルを伊藤に譲り、向かって右の立ち位置でコーラスを務めた[注釈 4]

1977年(昭和52年)以降は、歌手としてだけではなく、作詞作曲(共作を含む)も行う。作品に「LOVE ME LOVE ME」「ミッドナイト・ハイウェイ」「私の彼を紹介します」「季節の別れ」「一番星さん」「なんとなく」「午前零時の湘南道路」「PLEASE COME AGAIN」「いけない人」「土曜日の夜」がある。

1978年(昭和53年)4月4日、キャンディーズが解散する。

芸能界復帰、女優業[編集]

1980年(昭和55年)、芸能界に復帰。1984年1月21日、ソロシングル『カボシャール』、ソロアルバム『好子』を発表。その後は女優として活躍した。

芸能界復帰の理由としては、骨肉腫で闘病生活を送っていた6歳下の実弟が田中の復帰を強く希望していたことや、萩本欽一の著書「欽ちゃんつんのめり」を読み感銘を受けて、萩本の家を直接訪問し、事情を聞いた萩本から「弟さんのために芸能界でもう一度一等賞を獲って、弟さんを喜ばせてやろうよ」と励まされたことなどがある。萩本の家は偶然にも藤村美樹の家の隣であった。萩本の協力により、1980年5月の復帰会見を経て、7月の「欽ちゃんのどこまでやるの!?」にて正式復帰を果たした。しかし、田中の芸能界復帰を誰よりも喜んでいた実弟は、田中が復帰を果たした翌年に19歳でこの世を去り、田中が後述の各主演女優賞を実弟に見せることは叶わなかった[7][8]。1980年4月から12月まで、田中を主人公のモデルとしたアニメスーキャット』(東京12チャンネル)が放送された。

1989年(平成元年)に公開された『黒い雨』で、主役・「高丸矢須子」役を演じ、日本アカデミー賞ブルーリボン賞キネマ旬報賞毎日映画コンクール報知映画賞などで主演女優賞を受賞。日本アカデミー賞などでは作品に対しても大賞を受賞し、第42回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上演された。原爆症の表現のため、入浴シーンで体の変化を表現する為に敢えてヌードを披露し話題を呼んだ[注釈 5]。この頃から演技派女優としての地位を固め始める。

1991年(平成3年)5月21日、以前より親交のあった夏目雅子の実兄で実業家の小達一雄と結婚。田中は初婚だったが、小達は3度目の結婚であった。挙式・披露宴には、両家の親族や田中のプロダクション関係者らごく内輪の人たちだけが出席した[9]

テレビでは、1983年(昭和58年)から1984年(昭和59年)の連続テレビ小説おしん』のおしんの養女役や、1994年(平成6年)の『家なき子』(日本テレビ)でヒロインの母役、2001年(平成13年)の連続テレビ小説ちゅらさん』では主役の母役などを演じた。映画では2003年の『鏡の女たち』、2007年の『0からの風』や『親父』などで主要キャストに扮した。

田中には継娘が居たが、自身に子供は生まれなかった。しかし、女優としては母親の役を当てられることが多く、田中の子供役として共演した経験のある俳優は男22人、女25人で合計47人にものぼる。田中の葬儀の際、夫の小達は「(好子は)22男25女、合わせて47人もの子供に恵まれた。好子はそのすべての子供たちを心の底から愛していました」と言い、その名母親役ぶりを称えた[10][注釈 6]

福祉活動[編集]

女優以外にも、夫の小達一雄が夏目雅子の実兄であることより夏目雅子ひまわり基金の活動、厚生労働省の公衆衛生審議会委員、国立国際医療センター顧問、エイズ予防財団及び日本エイズストップ基金運営委員なども務めた。

19年間の闘病と死[編集]

結婚翌年の1992年(平成4年)に乳癌が見付かり、幾度か再発を繰り返したが、いずれも早期発見で秘密裏に治療を受けながら芸能活動を続けていた。これらの事実は、田中の死去直後の記者会見において、夫の小達により初めて公式に明らかにされた。闘病の事実は親族のみに伝えられ、盟友である伊藤蘭と藤村美樹ですら、伝えられたのは死の約3年前で、共演者には一切明かされていなかったという。

2010年(平成22年)10月に十二指腸潰瘍を患い、その治療のため絶食したことで体力・免疫力が低下、乳がんが再発。結果として、このときの絶食が田中の容態を最終的に大きく悪化させる原因となった。2011年(平成23年)2月に、がん細胞組織が急激に増殖するラッシュ状態となり、肺や肝臓にもがんが転移した。

2011年(平成23年)3月14日、夫が「ゴールデンウィークは越せないかもしれない」と余命を伝えたところ、「こんな事をあなたに言わせてしまってごめんね」と夫を気遣い、「私は大勢の人に支えられて生きてきたので、みなさんにお礼が言いたい」と話したため、3月29日午後、夫とマネージャー立会いで葬儀の際流されたメッセージが病室でベッドのリクライニングを起こした体勢で録音された。

4月21日午後7時4分頃、懸命の治療も甲斐なく、国際医療福祉大学三田病院にて死去[11][2][3][5][12]。55歳だった。長年の盟友だった伊藤蘭と藤村美樹は、田中が危篤状態になった際、「2人とも家族同然だから」という親族の計らいで病室に呼ばれ、田中が息を引き取るまで、7時間にもわたって田中の名前を呼び続けていたという[13]

葬儀[編集]

通夜は4月24日、葬儀・告別式は25日に青山葬儀所でそれぞれ営まれた。棺と葬儀場の絨毯は田中のキャンディーズ時代のイメージカラーだったで彩られた[14]戒名は、春芳院妙純日好大姉[14]

葬儀では藤村美樹が「私たちは永遠にキャンディーズだから」と語りかけ[15]、伊藤蘭は「もう一度だけでいいから、(キャンディーズの)3人で逢いたかった」と涙を堪えながら弔辞を読んだ[16]

葬儀の最後の喪主の挨拶の中で、本人のラストメッセージとなる肉声録音テープ(約3分20秒)[17]が流された。映画の撮影を模した形でテープが公開され、テープが流される前及び流された後に、夫がカチンコを鳴らしたり撮影の掛け声を掛けた[18][19]。その後、棺に花を入れていく「最後の別れ」は、一般より長い40分続いた[20]。出棺の時には、キャンディーズ時代のデビュー曲「あなたに夢中」が流される中、日本キャンディーズ協会のメンバーなどが霊柩車に向けて、青いテープを投げ入れ最後の別れを告げ、遺体は品川区桐ヶ谷斎場で荼毘に付された。

死後[編集]

田中の逝去の報に、『家なき子』で共演した安達祐実[21]をはじめ、NHK連続テレビ小説ちゅらさん』で共演した国仲涼子毎日放送制作ドラマ『筆談ホステス』で共演した北川景子など、田中と映画、ドラマ等で共演した多くの俳優・女優を始め、長年のキャンディーズフリークとして知られている当時自由民主党政務調査会長石破茂[22]などが追悼の辞を発表している。

2011年7月6日放送の徹子の部屋では、追悼特集(番組への出演歴がある故人)として田中の特集も放送され、黒柳は言葉を詰まらせながら田中との思い出を語っていた。田中の盟友である伊藤蘭の娘・趣里は、2011年8月1日、女優デビュー後初の記者会見の場で、尊敬する女優として田中の名を挙げ、「私もスーちゃんのような女優さんになりたいです」と語った。

死去から1年となる1日前の2012年4月20日に一周忌を追悼する「独占秘話!初公開!秘蔵映像田中好子最後の180日〜スーちゃんが愛する人に残したメッセージ〜」がフジテレビ系列で放送された。ラストシーンは「私たちは春が来るたびにあなたのことを思い出すに違いない」と締めくくられた。ナレーションは遠藤憲一がつとめた。

エピソード[編集]

  • 中学校で3年間隣りの席だった男の子に初恋。相思相愛の関係になるも、初デートで相手が時間を間違えて現れず傷付き、失恋したという。
  • NHK「趣味悠々」出演を通じて墨彩画に出会い、俳優で墨彩画家でもある片岡鶴太郎に師事。ロケ先にも画材専用のトランクを携行する程の入れ込みようであった(「生活ほっとモーニング」より)。
  • 伊藤蘭の夫である水谷豊は、「キャンディーズの3人が家(水谷邸)に集まって長い時間談笑しているんだよ」と語っていた[23]
  • 1979年(昭和54年)に放送されたアニメ『スーキャット』の登場キャラクター「スー」、『おじゃる丸』の登場キャラクター「タナカヨシコ」、『しゅごキャラ!』の登場キャラクター「スゥ」のモデルである。
  • 怪獣映画『モスラ』とザ・ピーナッツが演じた小美人のファンであり、『今夜は最高!』のゲスト出演時には平田昭彦と共に怪獣を題材にしたコントにも出演し、以後に製作された映画『ゴジラvsビオランテ』『ゴジラvsモスラ』にも出演している。特に『vsモスラ』は2シーンのみの出演だが、モスラ映画に出演したいという本人の熱望によるものであった[24]
  • 2006年(平成18年)11月24日、『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」にゲスト出演。岡江久美子とは1984年(昭和59年)の『金曜日の妻たちへII 男たちよ、元気かい?』で共演して以来、22年ぶりに顔を合わせた。薬丸裕英とは、「一世を風靡した元売れっ子3人組アイドル」という共通点に、芸歴20年以上を持つが、その時が初対面であった。しかし、「なんか初めてお逢いしたようには思えないんですけどねぇ……」と語った。

家族[編集]

夫はスイート・ベイジル会長など務めた実業家・小達一雄。連子の女優の楯真由子は継娘[注釈 7]、女優の夏目雅子は義妹、プロゴルファー小達敏昭は義弟、宝塚歌劇団月組男役の風間柚乃は姪[28]作曲家田中俊亮は甥[29]にあたる。継子の楯真由子の事を実の娘の様に可愛がっており、どこに行くにも一緒で、学校行事にも積極的に参加し、非常に仲の良い母子だったという。夏目雅子とは親友でもあった。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
Invitation
1 1984年
1月21日
A面 カボシャール 与詞古 斎藤ノブ AKAGUY VIHX-1625
B面 恋に揺れて 伊達歩 梅垣達志 馬飼野康二
徳間ジャパン
2 1989年
10月25日
01 二枚目酒(居酒屋パートII)
[注釈 15]
阿久悠 大野克夫 桜庭伸幸 12NT-158

アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ クラシックバレエを習いたかったものの、祖母に「(日本人が)足などを上げるものではない」と反対されたため、民謡を選んだ。“「好子は47人すべての子を愛していました」”. 日刊スポーツ. (2011年4月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110426-766543.html 2021年2月1日閲覧。 “スーちゃんは民謡を歌っていた!?”. イザ!. (2007年11月9日). http://andoh.iza.ne.jp/blog/entry/380748/ [リンク切れ]
  2. ^ キャンディーズ結成当初のニックネームは「ヨッチ」だったが、「ラン・ミキ・ヨッチ」では語呂が悪いので、ファンに「スー」というニックネームを付けてもらった。「はなまるマーケット」 2007年12月3日より
  3. ^ 藤村美樹は同い年だが、藤村が早生まれである為1学年違い、伊藤蘭との年齢差は1歳だが、伊藤が早生まれである為2学年違いであった
  4. ^ 但し「わな」では、センターは藤村となり、向かって左が田中、右に伊藤と移動する。事実上のラストシングルだった「微笑がえし」は、2番(又は3番)の途中サビの部分で伊藤と入れ替わり、田中がセンターについていた。
  5. ^ 今作はモノクロ映画だった。
  6. ^ 神様、もう少しだけ」「天使の歌声 〜小児病棟の奇跡〜」「神様、何するの」「瞳スーパーデラックス」「筆談ホステス」など、難病・障害を抱える娘の母親役もあった。“「ちゅらさん」メンバーは仲良し…田中好子(3)”. ZAKZAK. (2007年4月19日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_04/g2007042019.html 
  7. ^ 夫と前妻との一人娘[25]。初対面は2008年に死去した義母・小達スエの葬儀[26]だったが、すぐに親しくなり、「私が芸能界のお母さんになってあげるね」と死去までメールの交換を続けたという[27]
  8. ^ 2011年5月8日、追悼番組として再放送。“スーちゃんの追悼番組放送、NHK来月8日”. デイリースポーツ. (2011年4月27日). オリジナルの2011年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110428150910/www.daily.co.jp/gossip/article/2011/04/27/0004004438.shtml 
  9. ^ 2011年4月24日日曜ビッグバラエティ枠で追悼番組として再放送。“田中好子さん:テレビ東京が追悼で主演ドラマ再放送”. 毎日新聞デジタル. (2011年4月22日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/9Wmm 
  10. ^ 2011年5月28日、CS・TBSチャンネルで追悼番組として放送予定。“「田中好子さん追悼番組」放送のお知らせ”. TBSチャンネル. (2011年4月22日). http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/oshirase/syousai201104221240.html [リンク切れ]
  11. ^ 2011年4月25日チャンネルα枠(関東ローカル)で追悼番組として再放送。
  12. ^ 2011年5月1日、CS・TBSチャンネルで追悼番組として放送。“「田中好子さん追悼番組」放送のお知らせ”. TBSチャンネル. (2011年4月22日). http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/oshirase/syousai201104221240.html [リンク切れ]
  13. ^ 死去翌日の2011年4月22日、『ワイド!スクランブル』で出演シーンが放送された。
  14. ^ 死去翌日の2011年4月22日、『ワイド!スクランブル』で出演シーンが放送された。
  15. ^ 五木ひろしとのデュエット。
  16. ^ 2007年9月21日にCD版がリリースされた(規格品番:VICL-62590)。

出典[編集]

  1. ^ a b 田中好子 | NHK人物録 | NHKアーカイブス”. 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ a b “【スーちゃん死去】田中さん、元メンバーに死期近いこと告げていた(1/2ページ)”. サンケイスポーツ. (2011年4月22日). オリジナルの2011年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110916080931/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110422/ent11042207020002-n1.htm 2019年12月19日閲覧。 
  3. ^ a b “元キャンディーズの田中好子さん死去 55歳”. 朝日新聞. (2011年4月21日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0421/TKY201104210569.html 2011年4月21日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “「キャンディーズ」田中好子さん、乳がんで死去”. 読売新聞. (2011年4月21日). オリジナルの2011年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110425034648/www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110421-OYT1T01006.htm?from=top 2011年4月21日閲覧。 
  5. ^ a b “元キャンディーズ、田中好子さん死去”. 日刊スポーツ. (2011年4月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110421-764575.html 2011年4月21日閲覧。 
  6. ^ 田中好子(たなかよしこ)とは - コトバンク”. 2019年4月28日閲覧。 百科事典マイペディア参照
  7. ^ “田中さん夫・小達さん秘話「弟のために」”. サンケイスポーツ. (2011年4月26日). オリジナルの2011年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110428122258/www.sanspo.com/geino/news/110426/gnj1104260508017-n1.htm 
  8. ^ “「キャンディーズ」スーちゃん、55歳で乳がん死…田中好子さん、闘病19年”. スポーツ報知. (2011年4月22日). オリジナルの2011年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110424111640/hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110422-OHT1T00024.htm 
  9. ^ 日刊スポーツ「田中好子 青年実業家・小達一男さんと極秘結婚 21日に身内だけ20人で」(1991年5月25日)
  10. ^ 田中好子さん死去“22男25女の母”天国へ[リンク切れ]毎日新聞2011年4月27日閲覧
  11. ^ 突然すぎる…キャンディーズ「スーちゃん」死去”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2011年4月22日). 2020年11月21日閲覧。
  12. ^ “元キャンディーズ、田中好子さん急死”. デイリースポーツ. (2011年4月22日). オリジナルの2011年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110731070650/daily.co.jp/newsflash/2011/04/22/0003987339.shtml 2011年4月22日閲覧。 
  13. ^ 最期は病室で…伊藤蘭「ただ名前を呼び続けることしかできなかった」[リンク切れ] スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  14. ^ a b ファンのために…棺とじゅうたん スーちゃんのイメージカラー「青」 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  15. ^ 藤村美樹さん弔辞全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  16. ^ 伊藤蘭さん弔辞全文 スポーツニッポン 2011年4月26日閲覧
  17. ^ 田中好子さん肉声全文 スポーツニッポン 2011年4月25日閲覧
  18. ^ 【田中好子さん告別式】スーちゃん肉声で「もっと女優を続けたかった」 最後のメッセージ再生+(1-2ページ)”. MSN産経ニュース (2011年4月25日). 2011年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  19. ^ 【田中好子さん告別式】スーちゃん肉声で「もっと女優を続けたかった」 最後のメッセージ再生+(2-2ページ) - MSN産経ニュース[リンク切れ]
  20. ^ “3分20秒のラストメッセージ”スーちゃん肉声に涙… ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
  21. ^ 安達祐実「本当のお母さんのような存在」 スポーツニッポン 2011年4月22日閲覧
  22. ^ 自民・石破氏「青春そのもの。ありがとう。忘れないよ」[リンク切れ] 産経新聞 2011年4月22日閲覧
  23. ^ TBSテレビ『うたばん
  24. ^ 監修:川北紘一『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年、146頁。ISBN 978-4-04-886119-9。
  25. ^ 高須基仁 (2011年4月17日). “【人たらしの極意】スーちゃんは、下町生まれの“オチャッピー娘””. ZAKZAK (産経デジタル). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110427/enn1104271209004-n1.htm 2018年10月20日閲覧。 
  26. ^ “夏目雅子さんの母通夜で義姉田中好子も涙”. 日刊スポーツ. (2008年5月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080514-359628.html 2018年10月20日閲覧。 
  27. ^ “夏目雅子の姪Mayulaが初CDリリース “十四光”の重圧が語る”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 2. (2018年10月20日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/239891/2 2018年10月20日閲覧。 
  28. ^ 宝塚100期生の配属決定 3月に初舞台”. 日刊スポーツ (2015年2月17日). 2015年2月19日閲覧。
  29. ^ NMB48の新曲
  30. ^ ドラマスペシャル 『大地の子』”. NHKアーカイブス. NHK. 2021年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  31. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。

演じた女優[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]