田中嫺玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中嫺玉(たなか かんぎょく、1925年3月2日 - 2011年7月20日)とは北海道旭川市出身のベンガル語の翻訳家、著作家。女性。「田中かん玉」とも表記。

概要[編集]

1925年(大正14年)に北海道旭川市に生まれた[1]。北海道庁立旭川高等女学校、日本女子大学家政科に進学。1945年(昭和20年)に戦争が終わると、中退して帰郷し、結婚して男の子2人を育てる[1][2]。1954年(昭和29年)に東京都新宿区に引っ越した[1]。1959年(昭和34年)、目白ロゴス英語学校を卒業[1]。1969年(昭和44年)に仏教学者の渡辺照宏、東京外国語大学教授の奈良毅もとでベンガル語ラーマクリシュナの言行録『不滅の言葉』の翻訳を始め、5年後の1974年(昭和49年)に抄訳本を奈良毅と共訳で自費出版[1]。同年、日本翻訳家協会から分裂した平松幹夫らによる同名の組織・日本翻訳家協会による日本翻訳文化賞を、奈良毅とともに受賞した[1]。『不滅の言葉』は、1980年に三学出版より刊行されている。昭和51年ラーマクリシュナの伝記をまとめはじめ、1980年に『インドの光』として三学出版から刊行。

ラーマクリシュナも重んじた聖典『バガヴァッド・ギーター』の翻訳も行い、翻訳特別功労賞を受賞。

著書[編集]

  • 『インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯』 1991年、中公文庫。ブイツーソリューション、2009年

翻訳[編集]

  • 奈良毅 共訳 『大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉(コタムリト)』 中公文庫、1992年
マヘーンドラナート・グプターがまとめたラーマクリシュナの言行録の、ベンガル語原典からの抄訳。
  • 『神の歌 バガヴァッド・ギーター』 三学出版、昭和63年。TAO LAB BOOKS、2008年
日本ヴェーダーンタ協会で用いられる『シュリーマッド・バガヴァッド・ギーター(神の歌)』の底本となっている[3]

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f 『不滅の言葉(コタムリト) 大聖ラーマクリシュナ 第5巻』 ブイツーソリューション 著者紹介
  2. ^ 『神の歌 バガヴァッド・ギーター』 TAO LAB BOOKS 著者紹介
  3. ^ 日本ヴェーダーンタ協会の最新情報 2006年3月 第4巻 第3号PDF