田中碧 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 碧 Football pictogram.svg
名前
愛称 アオ
カタカナ タナカ アオ
ラテン文字 TANAKA Ao
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-09-10) 1998年9月10日(21歳)
出身地 神奈川県川崎市宮前区
身長 177cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF
背番号 25
利き足 右足
ユース

2007-2010
2011-2013
2014-2016
さぎぬまSC
川崎フロンターレU-12(鷺沼小)
川崎フロンターレU-15(有馬中
川崎フロンターレU-18(新城高
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- 川崎フロンターレ 28 (2)
代表歴2
2019- 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月7日現在。
2. 2019年12月18日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 碧(たなか あお、1998年9月10日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。日本代表ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

クラブ[編集]

さぎぬまSCに入団してサッカーをはじめ、小学3年生から川崎フロンターレの下部組織に入団。同アカデミーには高宇洋三好康児板倉滉などがいた。ユース時代には背番号「10番」を背負った[1]。2016年7月22日にトップチーム昇格が発表された[2]

2017年より川崎フロンターレに入団した。当時ボランチには日本代表の大島僚太エドゥアルド・ネットが君臨していたことや、怪我の影響もあり1年目は出番がなかった。この年、フロンターレは悲願の初優勝をかざった。

2018年9月15日、第26節の北海道コンサドーレ札幌戦で途中出場からJ1リーグデビューを果たすと、アディショナルタイムに初ゴールを決めた[3]。11月24日、第33節のFC東京戦でJ1リーグ初先発を果たした[4]。この年フロンターレは圧倒的な戦力でJ1連覇を達成した。

2019年シーズンは背番号を出世番号として前年大卒ルーキーとして活躍した守田英正の25番に変更した。2019年3月10日、第3節の横浜F・マリノス戦では大島僚太の怪我によって急遽先発して存在感を発揮し、レアンドロ・ダミアンの得点をアシストした[5]。大島の度重なる怪我や、守田の不調などもありボランチの選手はシーズンを通して中々定まらなかったが、その中でも田中は好調を維持し守備的ミッドフィールダーとしてレギュラーの座を掴んだ。11月2日、第30節のサンフレッチェ広島戦で今季リーグ戦初得点を決めた[6]。シーズン終盤には鼻骨を骨折したが、フェイスガードを付けながら試合に臨んだ。同年はリーグ戦24試合に出場し、ベストヤングプレーヤー賞に選出された[7][8]。川崎に所属する選手としては同賞の受賞は初となる。

代表[編集]

2019年6月、トゥーロン国際大会に臨むU-22日本代表に選出された。グループリーグ初戦のイングランド戦では、マン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど活躍し、日本代表の準優勝に貢献。大会ベストイレブンと大会ベストプレイヤー部門で3位に選ばれた[9]。 同年10月、トゥーロン国際大会決勝で敗れたブラジル代表と親善試合で対戦。田中はミドルシュートを2本決め、3-2での勝利に貢献。 同年12月にはEAFF E-1サッカー選手権2019に出場する日本代表に初選出された[10][11]。 2019年12月12日、香港戦にて同僚の大島僚太と共にボランチで先発し代表デビュー。攻守に渡って周りと息のあったプレーを披露し、解説の元日本代表田中マルクス闘莉王からも賞賛された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 川崎 32 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 4 1 0 0 0 0 4 1
2019 25 24 1 1 0 0 0 25 1
2020
通算 日本 J1 28 2 1 0 0 0 29 2
総通算 28 2 1 0 0 0 29 2
  • 2016年は2種登録選手。

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2017 川崎 32 0 0
2018 0 0
2019 25 4 1
通算 AFC 4 1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

川崎フロンターレ

代表[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 2 0
通算 2 0

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村憲剛も賞賛!“川崎アカデミーの星”田中碧がプロデビュー戦で示した輝きと覚悟 サッカーダイジェスト(2018年9月16日)
  2. ^ 田中碧選手加入内定のお知らせ 川崎フロンターレ 2016年7月22日
  3. ^ 川崎Fが札幌に7発圧勝!“七人七色”圧巻のゴールショーで首位・広島猛追/J1第26節 Goal.com(2018年9月15日)
  4. ^ FC東京、5位以下確定でACL出場権消滅…多摩川クラシコは川崎Fに軍配 ゲキサカ(2018年11月24日)
  5. ^ 【川崎】先発抜擢の田中碧は後半直前、ピッチ上で中村憲剛と何を話し合っていたのか? サッカーキング(2019年3月10日)
  6. ^ 川崎の田中碧がリーグ初得点となるゴラッソ!2-1で広島とのシーソーゲームを制して4位浮上サッカーダイジェスト(2019年11月2日)2019年11月2日閲覧。
  7. ^ “2019Jリーグ 各賞発表のお知らせ 最優秀選手賞は仲川 輝人選手(横浜F・マリノス)が初受賞~横浜F・マリノスからの受賞は3人目、得点王とダブル受賞~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月8日), https://www.jleague.jp/release/post-62206/ 2019年12月9日閲覧。 
  8. ^ “「2019 Jリーグアウォーズ」各賞受賞のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2019年12月8日), https://www.frontale.co.jp/info/2019/1208_1.html 2019年12月9日閲覧。 
  9. ^ 準優勝・日本から相馬ら3名選出!トゥーロン国際大会のベストイレブン決定 ゲキサカ 2019年6月18日
  10. ^ “日本代表メンバー選出のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2019年12月4日), https://www.frontale.co.jp/info/2019/1204_2.html 2019年12月7日閲覧。 
  11. ^ “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール ~EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年12月4日), https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00023750/ 2019年12月7日閲覧。 
  12. ^ 田中碧選手トップチーム登録のお知らせ 川崎フロンターレ 2016年7月22日
  13. ^ L’ÉQUIPE TYPE DU TOURNOI MAURICE REVELLO 2019 DÉCOUVREZ LES STARS DE DEMAIN 2019年6月17日
  14. ^ U-16日本代表メンバー選出のお知らせ 川崎フロンターレ 2014年6月30日
  15. ^ U-16日本代表「AFC U-16選手権タイ2014」メンバー選出のお知らせ 川崎フロンターレ 2014年8月26日
  16. ^ LOVEかわさき 2月15日放送 Jリーグ開幕!今年の川崎フロンターレ tvk3ch YouTube

関連項目[編集]