田中秀臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
田中秀臣
人物情報
生誕 (1961-09-07) 1961年9月7日(59歳)
出身校 早稲田大学政治経済学部
早稲田大学大学院経済学研究科、修士(経済学)
学問
研究分野 日本経済思想史
研究機関 上武大学ビジネス情報学部
称号 教授
影響を
受けた人物
福原嘉一郎[1]
藪下史郎[2][3]
テンプレートを表示

田中 秀臣(たなか ひでとみ、1961年9月7日 - )は、日本の経済学者歴史家[4] である。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学。学位は修士(経済学)。現在は上武大学ビジネス情報学部で教授を務める。

来歴[編集]

早稲田大学政治経済学部を卒業後に大学院経済学研究科へ進み、藪下史郎に師事。博士課程を単位取得退学した後に、自由国民社[5][6] に勤務し労働組合の副委員長を務めた[7]。日本経済思想史経済学メディア研究[8]サラリーマン研究[8]、経済時論[9] を専門とする。リフレ派の論客[5][10] で、現在は、上武大学ビジネス情報学部教授、社会資本整備審議会委員[11]。をそれぞれ勤める。

人物[編集]

  • アイドルをはじめとするサブカルチャーを切り口に経済を論じ[12]、自ら「アイドル評論家兼経済学者」と称する[13][14]。著書『エコノミスト・ミシュラン』『不謹慎な経済学』などで、独自の視点から経済を批評している[15]
  • 韓流ドラマ冬のソナタ[16]』、アニメ機動戦士ガンダム[17]』、SFジャンル[18] などを題材に論評する一般向け著書も多く、経済時評・漫画などに関する評論も雑誌などに多く掲載されている。
  • 最初の著作となった『沈黙と抵抗 ある知識人の生涯──評伝・住谷悦治』は日本の経済学ジャーナリズムについて取り上げた三部作として構想されたものであり、住谷に続いて福田徳三高橋亀吉の順で発表する予定だった[19]。但し、社会主義キリスト教の信奉については、住谷とはまったく立場が異なるとしている[20]
  • 野口旭は経済論戦をする上で自身の師で、超えがたい目標であったとしている[21]
  • ブログSNSなどで発言し、しばしば自らを「韓流好きのリフレ派」「韓リフ」と称している。当初は、『冬のソナタ』ブームに一切興味が持てなかったが、原田泰に『冬のソナタ』を薦められたことがきっかけとなり、『冬のソナタ』のファンとなったとしている[22]
  • 学生時代にに影響を受けた
  • バックパッカー族で留年して[23] 大学を卒業した。卒後に転職ののちに大学院で学んで大学教員となった[24]。社会人と大学院生の間は「ニート」のような状況であったとしている[25]
  • 勤務した自由国民社[5][6] で、労働組合の副委員長を務めた[7]

主張[編集]

  • マクロ経済政策に関して、小泉政権聖域なき構造改革を批判している[26]日本銀行金融政策は引き締め過ぎで、デフレーション﹙デフレ﹚による弊害を招いていると一貫して強く批判し[26][27][28][29]、積極的な金融政策を中心にデフレから脱却することを重要課題とみなすリフレーション政策の支持者[28][30][31] である。日本の雇用政策は、積極的な財政政策と金融政策によるインフレターゲットを導入するポリシーミックスしかないと主張している[32]
  • 東日本大震災時の日本経済を「デフレを容認するということは、被災した東北の人たちを見捨てることである。数百万人の失業を放置し、失業の恐怖を与え続けるということである。財政赤字の悪化を放置し、未来ある若者から夢を奪うことである。この事実を知った者として、この時代に生きる一人の学者として、子を持つ親として、教え子を持つ大学教員として、一人の人間として、この状況を見過ごすことはできない」と評している[33]
  • 日本銀行の政策内容が、発表前に詳細が噂される「リーク問題」を著書の中で批判し、デフレとともに問題視している[28]
  • 安倍晋三首相の金融政策だけは断固支持する」と公言している[34]
  • 憲法学者に批判的で、「駆けつけ警護」などを違憲としていることに驚きを表明している[35]。朝日新聞のアンケートに回答した憲法学者は、約4割が自衛隊を違憲として憲法9条の改正に反対している[36]

AKB48について[編集]

AKB48 27thシングル選抜総選挙後のスポーツ報知の取材で「AKB48は永続的に残り続ける可能性のあるグループである。」と述べている[37]。田中は「総選挙はまさに大相撲番付で実力(人気)で決まるから透明性が高い」「専用劇場を本拠地としているのは宝塚歌劇団と同じ」「コアなファンに支持されていることは演歌と同じ」と指摘している[37]

田中は流行・文化は経済情勢を反映するとしており[38]、「AKB48はデフレカルチャーの中心にいる存在[39]」「(AKB48は)デフレに強いビジネスモデル[40]」と分析し、「(AKB48以外にも)特典商法は多くの歌手がやっている。歌手やビジネスに問題はない[41]」と指摘している。田中の話によれば「デフレは貨幣的現象であり、需給ギャップによって生じる。AKB48のビジネスモデルはデフレをもたらす原因ではなく、デフレの結果でしかない」「全体で数千億円単位の大きさしかないアイドル市場に日本の景気を左右する力は無い」と分析している[42]

田中自身は「デフレ経済には文化的にあまり好ましい影響を見出していない」と述べている[43]。田中は「AKBは『会いに行けるアイドル』というコンセプトと、メンバーが成長する姿をファンが見守っていくという物語性は優れているが、消費行動が多様化した時に沈む可能性がある」と指摘している[44]。田中は2013年時点で「リフレ政策は成功してもらいたいが、AKB48をはじめとするアイドルグループには消滅してほしくない」と述べている[45]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『沈黙と抵抗 ある知識人の生涯──評伝・住谷悦治』(藤原書店 2001年) ISBN 978-4894342576
  • 『日本型サラリーマンは復活する』(NHK出版 2002年) ISBN 978-4140019443
  • 『経済論戦の読み方』(講談社 2004年) ISBN 978-4061497603
  • 『最後の冬ソナ論』(太田出版 2005年) ISBN 978-4872339635
  • ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』(講談社 2006年) ISBN 978-4062132602
  • 『経済政策を歴史に学ぶ』(ソフトバンククリエイティブ 2006年) ISBN 978-4797336559
  • 『不謹慎な経済学』(講談社 2008年) ISBN 978-4062820813
  • 『雇用大崩壊』(NHK出版 2009年) ISBN 978-4140882832
  • 『偏差値40から良い会社に入る方法』(東洋経済新報社 2009年) ISBN 978-4492260982
  • 『デフレ不況 日本銀行の大罪』(朝日新聞出版 2010年) ISBN 978-4023308138
  • 『AKB48の経済学』(朝日新聞出版 2010年) ISBN 978-4023308725
  • 『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』(主婦の友社 2013年) ISBN 978-4072894149
  • 『ご当地アイドルの経済学』(イーストプレス 2016年) ISBN 978-4781650630
  • 『増税亡者を名指しで糺す』(悟空出版 2018年)ISBN 978-4908117619

共著[編集]

  • 『ベンガル-猫クラブ』田中秀和、田中秀喜、井川俊彦(誠文堂新光社 1996年)※ペンネームでの自身の父親との共著。 ISBN 978-4416796146
  • 『構造改革論の誤解』野口旭(東洋経済新報社 2001年) ISBN 978-4492393611
  • 『平成大停滞と昭和恐慌』安達誠司(NHK出版 2003年) ISBN 978-4140019788
  • 『昭和恐慌の研究』岩田規久男編(東洋経済新報社 2004年) ISBN 978-4492371022
  • 『二・二六事件とは何だったのか-同時代の視点と現代からの視点』伊藤隆著(藤原書店 2007年) ISBN 978-4894345553
  • 『日本思想という病』芹沢一也荻上チキ編(光文社 2010年) ISBN 978-4334976033
  • 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』上念司(宝島社 2010年) ISBN 978-4796683425
  • 『「復興増税」亡国論』上念司(宝島社 2011年)※『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』の改訂版[46]ISBN 978-4796689939
  • 『日本建替論〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』麻木久仁子田村秀男(藤原書店 2012年) ISBN 978-4894348431
  • 『やる気の出る経済学〜「アベノミクス」から「ももクロ」まで〜』勝間和代(Amazon Kindle 2013年)
  • 『「30万人都市」が日本を救う!』(藤原書店 2015年) ISBN 978-4865780413

編著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

  • 『アダム・スミスの失敗―なぜ経済学にはモラルがないのか』ケネス ラックス著(草思社 1996年) ISBN 978-4794206985
  • 『創造的破壊――グローバル文化経済学とコンテンツ産業』タイラー・コーエン著(作品社 2011年)監訳 ISBN 978-4861823343
  • 『エコノミストの昼ごはん』タイラー・コーエン著(作品社 2016年)監訳 ISBN 978-4861825590

連載[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、251頁。
  2. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、252頁。
  3. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、85頁。
  4. ^ 田中秀臣 『日本型サラリーマンは復活する』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002年、246頁。
  5. ^ a b c 飯田泰之 × 常見陽平「饒舌大陸」 田中秀臣さんと語る「2013年、就活の真実」 【第1回】日本を救うのは、ウルトラマンではなく営業マンだ! 現代ビジネス 2013年6月5日
  6. ^ a b 稲葉振一郎・田中秀臣・山形浩生「SFは僕たちの社会の見方にどう影響しただろうか?」(パワポ資料)
  7. ^ a b 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、83頁。
  8. ^ a b 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、293頁。
  9. ^ 株価急落で「アベノミクスの危うさ露呈」 朝日、毎日、民主は騒ぎ立てるが… (1/2) J-CASTニュース 2013年5月24日
  10. ^ 【私のハマった3冊】アベノミクスでAKBは消える? 不況とアイドルの関係を読み解く 週刊アスキーPLUS 2013年7月6日
  11. ^ 社会資本整備審議会 国土交通省
  12. ^ 東京秘宝書店 第28回 経済学者・田中秀臣さん TOKYO FM 80.0MHz
  13. ^ 景気と女性アイドル、浮き沈みに意外な法則 日本経済新聞 2014年2月20日
  14. ^ アイドル研究家兼経済学者と紹介もされている(ビートたけしのTVタックル テレビ朝日)。
  15. ^ 日本が移住しやすくなれば外国人労働者流入し多様な人材育つ NEWSポストセブン SAPIO2010年11月24日号 2010年11月17日
  16. ^ 暗い経済学から明るい経済学への振幅 田中秀臣 SYNODOS JOURNAL 2010年12月25日
  17. ^ ゲンジツ2.0とサブカルチャーの経済学--ガンダムと日本 田中秀臣 SYNODOS JOURNAL 2011年2月16日
  18. ^ 3.11以後の世界とSF第一世代の可能性 SYNODOS -シノドス- 2012年5月29日
  19. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、11-12頁。
  20. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、250頁。
  21. ^ 田中秀臣 『経済政策を歴史に学ぶ』 ソフトバンククリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2006年、41頁。
  22. ^ 田中秀臣 『最後の『冬ソナ』論』 太田出版、2005年、6-8頁。
  23. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、44頁。
  24. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、61頁。
  25. ^ 田中秀臣 『偏差値40から良い会社に入る方法』 東洋経済新報社、2009年、152頁。
  26. ^ a b #254 無知につけ込まれて生きることのないために必要なこと。 - 田中 秀臣 さん(上武大学ビジネス情報学部教授) mammo.tv
  27. ^ メディアよ、いいかげん「ダメな経済学」を捨てよ! 就活と政策、トンデモ・エコノミスト糾弾。今経済学者がすべきミクロ・マクロ政策とは ダイヤモンド・オンライン 2009年10月22日
  28. ^ a b c 【田中秀臣氏インタビュー】日本をデフレから救うのは、凡庸だが最良の処方箋の「リフレ政策」 ソフトバンク ビジネス+IT 2010年9月10日
  29. ^ このあと日本経済に何が起きるのか?誰も語らない、震災恐慌の怖さ 田中秀臣、上念司 SYNODOS JOURNAL 2011年5月19日(2011年5月21日時点のインターネットアーカイブ
  30. ^ 【田中秀臣氏インタビュー】日本の経済問題の突破口をもとめて ソフトバンク ビジネス+IT 2006年10月31日
  31. ^ 大震災の経済学を展望する--復興のための論点は何か:経済学者 田中秀臣氏論考 『震災恐慌! 経済無策で恐慌がくる!』共著 田中秀臣氏 ソフトバンク ビジネス+IT 2011年5月17日
  32. ^ <書評>田中秀臣「雇用大崩壊-失業率10%時代の到来」 ネットアイビーニュース 2009年4月6日
  33. ^ 田中秀臣・上念司 『震災恐慌!〜経済無策で恐慌がくる!』 宝島社、2011年、221頁。
  34. ^ リフレ政策 評価 田中秀臣・上武大教授 「アベノミクス」支持 東京新聞 群馬(TOKYO Web)2013年3月7日
  35. ^ 2015年6月16日
  36. ^ 朝日新聞 憲法学者アンケートの結果の一部を紙面に載せず日本報道検証機構 2015年7月22日
  37. ^ a b 田中秀臣「大相撲+宝塚+演歌=AKB 永久不滅のビジネスモデル」『スポーツ報知』2012年6月6日、7版、15面。
  38. ^ AKB48の経済学 田中秀臣著〜一貫した方法論で人気の秘密を分析 - 東洋経済オンライン 2011年1月31日
  39. ^ デフレカルチャーの中心に存在するAKB48 The Social Insight Updater 2011年4月13日
  40. ^ アベノミクスでAKB48は沈む?(1) NetIB-NEWS ネットアイビーニュース 2013年5月31日
  41. ^ 関西発 ニュース 握手券欲しさにAKBのCD500枚詐取…京都 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年1月30日
  42. ^ 田中秀臣 『AKB48の経済学』 朝日新聞出版、2010年、77-78頁。
  43. ^ 田中秀臣 『AKB48の経済学』 朝日新聞出版、2010年、92頁。
  44. ^ アベノミクスでAKB48は沈む?(2) NetIB-NEWS ネットアイビーニュース 2013年6月3日
  45. ^ 田中秀臣 『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』 主婦の友社、2013年、182頁。
  46. ^ 麻木久仁子・田村秀男・田中秀臣 『日本建替論 〔100兆円の余剰資金を動員せよ!〕』 藤原書店、2012年、269頁。
  47. ^ 編著者以外に安達誠司飯田泰之、飯塚尚己、岡田靖、岡野裕介、高橋洋一、中村宗悦が寄稿している。