田中義清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 義清(たなか よしきよ、生没年不詳)は、平安時代武将里見義俊の次男で、里見義成の弟。子に田中重政。

概要[編集]

『千家系譜』、『千利休由緒書』によると、安土桃山時代茶人千利休(田中与四郎)はその末裔とされるも、具体的な確証がなく疑わしい。

平安時代に上野国の田中村(現在の群馬県太田市)に居館を構えて田中氏と称した。田中氏は後に越後国に所領を与えられて同地から赴いたという。館の跡地には長慶寺が建立(開基は義清、開山は慶弁)され、この寺は利休ゆかりの寺としても知られている。