田中隆三 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中隆三 (政治家)
たなか りゅうぞう
Ryuzo tanaka.jpg
生年月日 1864年11月14日
元治元年10月15日
出生地 日本の旗 日本 久保田藩
徳川葵 江戸幕府
没年月日 (1940-12-06) 1940年12月6日(76歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学英法科[1]
所属政党 (立憲政友会)→立憲民政党
称号 従二位
勲一等旭日大綬章

日本の旗 第39代文部大臣
内閣 濱口内閣第2次若槻内閣
在任期間 1929年11月29日 - 1931年4月14日
テンプレートを表示
田中隆三

田中 隆三(たなか りゅうぞう、1864年11月14日元治元年10月15日) - 1940年昭和15年)12月6日[1])は、元治から昭和初期の農商務官僚・政治家である。衆議院議員[1]。文部大臣[1]。族籍は秋田県士族[2]

経歴[編集]

出羽国楢山(のち秋田県秋田市)出身。田中隆世の長男[2]。秋田中学校(現秋田県立秋田高等学校)、大学予備門、帝国大学(現東京大学)法科卒業。農商務省鉱山局長・農商務次官を経て、その後実業界に入り秋田鉱山専門学校(現秋田大学工学資源学部)の設立に尽力した。ついで政界に転じ、1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙で当選した。濱口内閣第2次若槻内閣文部大臣を務め、議員を7期務めて1932年(昭和7年)に引退した。所属政党は当初政友会であったが、のちに民政党に移った。

引退後は終生枢密顧問官を務めた。

人物[編集]

趣味の古銭蒐集鑑定で有名だった[1]

栄典[編集]

位階
勲章等

著書[編集]

  • 『教育勅語の御精神を拝察し奉りて』 (田中隆三)
  • 『最新電気機関車工学』 (田中隆三)
  • 『實用電氣機關車技術要覽 : 問答式』 (田中隆三)
  • 『鉱業行政ニ就テ 鉱業法ノ論評』 (田中隆三、和田維四郎)
  • 『鉱業行政一斑 全国諸鉱山同盟諸職工慈善共済会ノ設立ヲ望ム 職夫共済組合規約等』(田中隆三、沖龍雄、笠原鷲太郎)
  • 『湘南電車の解説』 電気車研究会(発行人: 田中隆三)
  • 『日本の鉄道』(石田靖一、田中隆三)
  • 『新編電気機関車読本』(田中隆三)
  • 『実用電気機関車工学』(田中隆三)
  • 『鉱業法釈義』(宮部準次、田中隆三)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 田中 隆三とはコトバンク。2019年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第9版』タ52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 田中隆三』 アジア歴史資料センター Ref.A06051180600 
  4. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  5. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  8. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  9. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)
  10. ^ a b 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「菊次郎」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。


公職
先代:
小橋一太
日本の旗 文部大臣
第39代:1929年 - 1931年
次代:
鳩山一郎