田中隆荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

田中隆荘(たなか りゅうそう、1925年[1] - 2008年7月14日[2])は、日本の生物学者。

広島県広島市出身[2]広島高等師範学校広島文理科大学卒業後、広島大学理学部教授。理学部生物学科の植物形態学講座の研究を引っ張った。植物の染色体研究のほか、広島大学附属植物遺伝子保管研究施設では、植物の組織培養(クローン)[3]の研究を行った。その後、1989年から1993年まで広島大学学長[1]広島市立大学[4]初代学長となった。2000年、旭日重光章受章。

脚注[編集]

  1. ^ a b 広島大学歴代学長”. www.hiroshimapeacemedia.jp. 2020年9月4日閲覧。
  2. ^ a b 田中隆荘氏死去/元広島大学長 四国新聞、2008年7月14日
  3. ^ Shokubutsu no kurōn zōshoku gijutsu. Tanaka, Ryūsō, 1925-, 田中, 隆莊, 1925-. Tōkyō: Shīemushī Shuppan. (2004). ISBN 4-88231-817-2. OCLC 676032531. https://www.worldcat.org/oclc/676032531 
  4. ^ ヒロシマの記録'98”. 2020年9月4日閲覧。