田代元湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 田代元湯
田代元湯.jpg
早朝の田代元湯
温泉情報
所在地 青森県青森市駒込
泉質 硫化水素芒硝泉
泉温(摂氏 48 ℃
液性の分類 アルカリ性
テンプレートを表示
単管とワイヤーによる吊り橋と立て札

田代元湯(たしろもとゆ)は青森県青森市駒込、八甲田山中にある「やまだ館」の跡地にある温泉のこと。

概要[編集]

かつて存在した宿泊施設は廃業し廃墟となっており、温泉も廃湯となっている。獣道同然である山道の通行及び、温泉への入浴はすべて自己責任となる。

現在は木製の露天風呂と岩風呂(露天)の二つの湯船と、辛うじて倒壊を免れたものの屋根の一部が損壊した木造の建物がひとつを残すのみの廃墟である。しかしながら現在でも湯量は豊富であり、地元の有志により清掃が行なわれているが不定期であるため常に入浴可能な状態ではない。

木製の湯船は清掃が容易であるが、岩風呂はメンテナンス性が悪く排水も完全にできないためヘドロと藻が完全に排出できず、少なくとも3~4人で取り掛からなければ困難である。また、奥深い自然の中であるため、ツキノワグマニホンカモシカマムシヤマカガシアオダイショウなどの警戒および、オオスズメバチキイロスズメバチブユアブダニなどの防護も必要である。

泉質[編集]

硫化水素芒硝泉(硫化水素芒硫泉)アルカリ性。源泉温度48℃。

褐色の豆腐のような沈殿物と濃い緑色の藻類が繁殖している。1週間から10日ほどで入浴に適さないほど汚れ、硫化水素のせいでドブのような臭いになる。また、落ち葉などの堆積物と温泉成分の沈殿で嫌気性菌バクテリアの繁殖により衛生状態は悪い。

効能[編集]

リウマチ神経痛[1]、胃腸病、婦人病糖尿病など

歴史[編集]

  • 時期は不詳であるが、東津軽郡造道村桐野沢の太田茂助という者が、狩猟の折に出湯を発見し、「茂助湯」と呼ばれる[2]
  • 1791年寛政3年)、洪水のため破壊されるが、後に修復される[2]
  • 田代元湯の小屋は明治時代に建てられた。1902年(明治35年)1月に発生した八甲田雪中行軍遭難事件において、行軍が目指したのは田代元湯から上流に位置する田代新湯の宿であった。行軍隊は遭難したが、本隊からはぐれた2名が田代元湯の小屋にたどり着き、厳冬の中を温泉を飲んでしのいだ。そのうちの1名のみが救助され生還した。生還したのは第六中隊の村松文哉伍長で、2月3日、捜索隊に発見されたもの[3]
  • 鉱山労働者の湯治として1963年(昭和38年)までにぎわう。
  • 1967年(昭和42年)に建替えを行なっている。
  • 1995年(平成7年)に宿泊施設が廃業し、廃湯となる。
  • 駒込ダムの建設が進んでおり、2018年(平成30年)頃にはダムに沈むと言われている。
  • 2012年6月以降、最後の渡河のための吊り橋が倒壊状態で、基本的に到達不可状態となっている。
  • 2015年9月25日放送の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」の番組企画で、お笑い芸人温泉ソムリエスギちゃんが入湯した[4]
  • 2017年9月10日 手前の吊り橋が落橋し、到達はほぼ不可能になった。

やまだ館[編集]

この場所にはかつて「やまだ館」という宿泊施設があった[5]。電気も電話も無い一軒宿で、当時の交通手段は県道40号線に車を停めて徒歩で30分以上掛かる場所にあり、食料品などは山道を人力で運んでいた。そのため周囲の温泉宿よりも1,000円ほど宿泊料が高かったとされる。営業期間は5月~10月末までであった[1]。上述の通り1995年に廃業。その後施設は特に撤去もされないまま放置されていたが、2003年(平成15年)から2004年(平成16年)に主な建物および内湯が倒壊し、残っていた母屋の一部も2005年(平成17年)から2007年(平成19年)の大雪で全壊した。 更に2011年(平成23年)から2012年(平成24年)の豪雪で残っていた2階建ての木造建屋および奥の湯船の柱部分が半壊。そこへ到達するための単管パイプの橋(小)が雪の重みで歪曲して渡河危険な状態になったほか、最後の単管+ワイヤーの吊り橋も素人では回復不可能な状態にまで破損して渡河不可能となった。

ギャラリー[編集]

交通[編集]

  • 自家用車
    • 環状7号線の筒井交差点から県道40号線で南へ。山間部を走り銅像の茶屋(後藤房之助伍長銅像あり)の前を通過し東へ。木々のトンネルに入ったらすぐ左折すると未舗装路となる。ここから10~15分ほど歩く。
    • この道路は駒込ダムの建設のための工事車両の通行に使用され、道幅が一定ではないため擦れ違いが困難な場所が多い。
    • 冬季は通行不能となる(おおむね5月下旬から6月上旬ごろに開通する)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『秘湯の旅』85頁
  2. ^ a b 『青森県鉱泉誌』28頁
  3. ^ 『津加流 後編』28頁
  4. ^ “所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!(2)地図に載っていない温泉”. 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!公式サイト. (2015年9月25日). http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/backnumber/150925_b.html 2015年9月25日閲覧。 
  5. ^ 『秘湯の旅』85頁には「山田旅館」、『露天風呂』91頁には「やまだ荘」とある。

参考文献[編集]

  • 佐藤義輔編『津加流 後編』(佐藤義輔,1913)
  • 青森県警察部衛生課編『青森県鉱泉誌』(青森県警察部衛生課,1920)
  • 藤嶽彰英『秘湯の旅』85頁(保育社,1978)
  • 藤嶽彰英『露天風呂』91頁(保育社,1982)

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • 美坂哲男『山のいで湯 日本百名湯 上 北海道・東北・関東編』(山と溪谷社,1986) ISBN 4635240061
  • 大友正悦『男のためのおんなの秘湯』(山本美麗堂,1997) ISBN 4871822710

座標: 北緯40度42分29秒 東経140度54分00秒 / 北緯40.70793度 東経140.89999度 / 40.70793; 140.89999