田代雅也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
田代 雅也 Football pictogram.svg
名前
愛称 タシ
カタカナ タシロ マサヤ
ラテン文字 TASHIRO Masaya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-05-01) 1993年5月1日(28歳)
出身地 埼玉県蕨市
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サガン鳥栖
ポジション DF
背番号 30
利き足
ユース
武南高校
法政大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2017 FC岐阜 28 (1)
2018-2020 栃木SC 89 (6)
2021- サガン鳥栖
1. 国内リーグ戦に限る。2021年1月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

田代 雅也(たしろ まさや、1993年5月1日 - )は、埼玉県蕨市出身のサッカー選手。ポジションは、ディフェンダー(DF)

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生の時に蕨北町サッカースポーツ少年団でサッカーを始めた[1]。中学校時代は大宮アルディージャ三菱養和SCのセレクションを受けたが不合格となり、武南ジュニアユースでプレー[1]。進学した武南高校では3年次に主将として[2]インターハイに出場したが、自身は怪我の影響で試合に出ることができなかった[1]。高校卒業後は法政大学に進学。大学でも主将を務め、ディフェンスリーダーとしてチームを牽引した[1]

プロ入り[編集]

2016年より、FC岐阜へ加入[3]3月6日の第2節北海道コンサドーレ札幌戦でJリーグデビューしたが、3月26日の第5節水戸ホーリーホック戦で左頬骨骨折・左眼窩壁骨折の怪我を負い戦列を離脱した[4]。6月に復帰後は[5]レギュラーセンターバックとして出場を続け、J2残留に貢献した。

2017年3月27日未明に石川県小松市において飲酒運転による自損事故を起こしたとして、同月31日付けで岐阜との契約が解除された[6]。岐阜との契約解除後は地元・埼玉に戻って工事現場などのアルバイトをしながら、社会人のサッカーの試合に参加していた[7]

2018年2月16日、J2に復帰した栃木SCに新加入することが決まった[8]

2021年1月6日、サガン鳥栖へ完全移籍により加入した[9]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 岐阜 30 J2 28 1 - 1 0 29 1
2017 3 0 0 - - 0 0
2018 栃木 30 20 0 - 0 0 20 0
2019 28 3 - 1 0 29 3
2020 41 3 - - 41 3
2021 鳥栖 J1
通算 日本 J1
日本 J2 117 7 - 2 0 119 7
総通算 117 7 2 0 119 7
出場歴

代表歴[編集]

  • 2014年 関東大学選抜

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “岐阜内定の法政大主将、田代雅也「プロの舞台で自分の限界を探る」”. サッカーキング. (2016年1月16日). https://www.soccer-king.jp/sk_column/article/391912.html 2017年1月9日閲覧。 
  2. ^ “出場校紹介:武南(埼玉2)”. ゲキサカ. (2011年7月21日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?87712-82735-fl 2017年1月9日閲覧。 
  3. ^ “田代 雅也選手(法政大学)、来季加入内定のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2015年12月1日), http://www.fc-gifu.com/information/11471 2017年1月9日閲覧。 
  4. ^ “田代 雅也選手の怪我について” (プレスリリース), FC岐阜, (2016年3月30日), http://www.fc-gifu.com/information/13010 2017年1月9日閲覧。 
  5. ^ “【岐阜 vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:帰ってきたルーキー、田代雅也の矜持”. J's GOAL. (2016年6月11日). http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00013435/ 2017年1月9日閲覧。 
  6. ^ “酒気帯び運転で事故、J2岐阜の選手を解雇”. 朝日新聞. (2017年4月1日). https://www.asahi.com/articles/ASK305GXTK30OHGB00P.html 2021年1月7日閲覧。 
  7. ^ “どん底だった田代雅也を支えた言葉。「過去は変えられないが、未来はいくらでも変えられる」【Jリーガーの履歴書 Vol.8 田代雅也編】”. 栃木フットボールマガジン. (2020年5月28日). https://www.targma.jp/tochigi/2020/05/28/post34942/ 2021年1月7日閲覧。 
  8. ^ “田代 雅也選手 新加入のお知らせ” (プレスリリース), 栃木SC, (2018年2月16日), https://www.tochigisc.jp/info/9292 2018年2月17日閲覧。 
  9. ^ “田代雅也選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2021年1月6日), https://www.sagan-tosu.net/news/p/5156/ 2021年1月7日閲覧。 

関連項目[編集]