田光神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
田光神社
拝殿
所在地 愛知県名古屋市瑞穂区大喜新町3-23
位置 北緯35度7分37.17秒
東経136度55分28.28秒
座標: 北緯35度7分37.17秒 東経136度55分28.28秒
主祭神 大帯比売命
誉田別命
仁徳天皇
社格 郷社
創建 782年延暦元年)
別名 田光八幡社
例祭 10月体育の日
テンプレートを表示

田光神社(たこうじんじゃ)は、名古屋市瑞穂区大喜新町にある神社。「田光八幡社」とも称する。

由緒[編集]

782年延暦元年)に熱田神宮の神官である守部公彦正が創建。熱田神宮の真東の鎌倉街道沿いにあり、熱田神宮の遙拝所であったと伝えられる。かつては神宮寺、高座宮とともに熱田神宮関連の神事が行われていた。

延久年間(1069年-1074年)、守部第十九代彦正が八幡社を勧請した。守部氏(大喜氏)は大碓命の子孫で、朱鳥元年に初代守部宿彌孫谷が社職となり、代々正六位大内人として熱田神宮に社職として、明治4年まで奉仕した。

祭神[編集]

境内社[編集]

  • 別宮白龍社
    • 祭神:白龍大神
  • 白山社
  • 八剱社
  • 稲荷社
  • 黒龍社

主な年中行事[編集]

  • 10月体育の日の前日:宵祭
  • 10月体育の日:例祭
  • 毎月1日・15日:月次祭

その他[編集]

白龍社の御神体となっている楠は弘法大師お手植えの由緒をもつ樹齢千有余年の巨木で、根には白蛇が住んでいると伝えられる。なおこの楠は、同じく境内にあるやや小ぶりの楠(御神体の楠の「白龍様」に対して「黒龍様」と呼ばれている)と併せて、1996年(平成8年)2月27日付で名古屋市の都市景観重要建築物等(都市景観保存樹)に指定されている[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “名古屋市:都市景観重要建築物等指定物件”. 住宅都市局都市計画部都市景観室 (名古屋市). (2012年9月25日). http://www.city.nagoya.jp/kankou/category/358-1-0-0-0-0-0-0-0-0.html 2012年11月15日閲覧。