田北雄気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田北 雄気 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タキタ ユウキ
ラテン文字 TAKITA Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-05-16) 1967年5月16日(51歳)
出身地 埼玉県
身長 184cm[1]
体重 80kg[1]
選手情報
ポジション GK
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

田北 雄気(たきた ゆうき、1967年5月16日 - )は、日本の元プロサッカー選手、サッカー指導者。埼玉県浦和市(現 さいたま市浦和区)出身。

選手時代はゴールキーパーを務め、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズで活躍した。2000年シーズン終了後に現役を引退。その後フットサル日本代表[1] などを経て、2002年からは横浜FCのゴールキーパーコーチを務める。

来歴・人物[編集]

1995年までは当時浦和の正GKだった土田尚史の控えに甘んじていたが、1996年シーズンは土田の故障により全試合に出場、リーグ戦30試合にフルタイム出場して、1枚も警告を受けず、またチームのリーグ最小失点に貢献した。1997年以降は土田と正GKのポジションを争い続けた。

1996年11月9日横浜フリューゲルス戦では味方が得たペナルティーキックでキッカーを務めゴールを記録、これはJリーグ史上初のGKによる得点である。その後もPK戦では5番目以内の順番で蹴ることもあった。なお田北が横浜FCで指導したGK菅野孝憲(現:北海道コンサドーレ札幌)が、2004年の公式戦で自陣の左サイド後方から蹴った88メートルのフリーキックがそのまま相手ゴールに入り、Jリーグ史上3人目のGKによる得点となった(2人目は当時京都パープルサンガ所属の松永成立)。

試合開始前に浦和サポーターによって出場選手個々に向けて行われる応援コールの際、最後に田北に向けて歌われるコール「ゆーきー・ゆーきー・たーきた・ゆーきー♪」は名物となった(原曲は栄養ドリンク・リゲインの当時のCMソング「勇気のしるし」のサビ部分)。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-1991 NTT関東 19 JSL2部 15 0 0 0
1991-1992 25 0 1 0
1992 浦和 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 14 0 3 0 0 0 17 0
1994 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 5 0 - 0 0 5 0
1996 30 1 14 0 4 0 48 1
1997 16 18 0 6 0 0 0 24 0
1998 17 0 0 0 3 0 20 0
1999 J1 30 0 4 0 2 0 36 0
2000 1 J2 32 0 0 0 0 0 32 0
通算 日本 J1 114 1 27 0 9 0 150 1
日本 J2 32 0 0 0 0 0 32 0
日本 JSL2部 40 0 1 0
総通算 186 1 28 0

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第3回アジアフットサル選手権 日本代表メンバーについて - ウェイバックマシン(2005年11月25日アーカイブ分) 日本サッカー協会 (2001年7月4日)

参考文献[編集]

  • 『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7
  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』、小学館、1992 ISBN 4-09-102301-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・サントリーシリーズ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102303-7
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・ニコスシリーズ ヤマザキナビスコカップ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102305-3
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・サントリーシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102310-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・ニコスシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102314-2
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・サントリーシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102318-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・NICOSシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102321-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102324-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1997』、小学館、1997 ISBN 4-09-102329-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1998』、小学館、1998 ISBN 4-09-102335-5
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8116-7
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8134-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-802-6
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-805-0
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-811-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-839-9
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2008』、コナミデジタルエンタテインメント、2008 ISBN 978-4-86155-847-4
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2009』、コナミデジタルエンタテインメント、2009 ISBN 978-4-86155-850-4
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2010』、コナミデジタルエンタテインメント、2010 ISBN 978-4-86155-852-8
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1994』、小学館、1994 ISBN 4-09-102309-6
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1995』、小学館、1995 ISBN 4-09-102317-7
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102323-1
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-099-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0

関連項目[編集]