田原市ぐるりんバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田原市ぐるりんバスは、愛知県田原市で運行しているコミュニティバスである。

ぐるりんバス
中央公園西バス停(市街地東線)

概要[編集]

豊橋鉄道渥美線および豊鉄バス伊良湖本線伊良湖支線を補完するために [1]運営している。田原町時代に運行を開始し、赤羽根町渥美町合併後、旧2町の地域にも運行されている。田原市が事業主体で、民間事業者が運行主体である(ぐるりんミニバス八王子線のみ、民間事業者が事業主体・運行主体)[2]

年末年始を含め毎日運行(八王子線を除く)。ただし気象条件などにより、臨時運休する場合がある。

運行担当[編集]

  • ぐるりんバス全線:豊鉄ミデイ
  • ぐるりんミニバス表浜線(左回り)・中山線・八王子線:豊鉄タクシー
  • ぐるりんミニバス表浜線(右回り)・高松線:渥美交通

運賃[編集]

路線によって運賃体系が異なる。

  • ぐるりんバス(童浦線除く)は、1乗車100円。ぐるりんバス童浦線・ぐるりんミニバス全線は、1乗車200円。なお、小学生以下は全線無料。
  • 「田原市ぐるりんバス運転免許証自主返納者無料乗車券」[注釈 1]を呈示すると無料。
  • 障害者は、介護人(1名まで)とともに運賃が半額(現金の場合のみ。身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳を呈示する必要あり)。
  • ぐるりんミニバス八王子線は、「八王子線乗車パス」(500円、発行年度内有効)を呈示すると1乗車100円。
  • manacaTOICAなどのICカード乗車券は使用できない。

歴史[編集]

ぐるりんバス[編集]

  • 2001年7月 - 9月まで試行運行。豊橋鉄道に運行委託[4]
  • 2002年7月21日 - 運行開始。渥美交通に運行委託。西部線、童浦線、中央線、表浜線の4路線[5]
  • 2003年7月1日 - 運行委託事業者を豊鉄ミディバスに変更。大久保線、西浦循環線を新設し、6路線となる。
  • 2003年10月12日 - 赤羽根線を新設し、7路線となる[6][7]
  • 2004年
    • 運行委託事業者を豊鉄ミデイに変更。
    • 7月21日 - 表浜線から高松線を分割。8路線となる[8]
  • 2007年7月1日 - 中山線を新設。9路線となる[9][10]
  • 2009年4月1日 - 西浦循環線の運行を休止[11]
  • 2014年6月 - 「第2次田原市地域公共交通戦略計画」作成[12]。路線の再編が盛り込まれる。

田原市コミュニティバス[編集]

  • 2015年10月1日 - 路線競合や運賃格差等の課題を解消するため大規模な再編が行われる[13][14]

田原市ぐるりんバス[編集]

  • 2017年4月1日 - 市街地バス東線・西線をぐるりんバス市街地東線・西線へ、地域乗合タクシーをぐるりんミニバスへ改称し、一部運行内容を変更[15]

路線[編集]

ぐるりんバス[編集]

市街地東線[編集]

  • 田原駅→神戸→晩田→博物館入口→田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅
  • 田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅→博物館入口→晩田→神戸→田原駅
    • 市街地活性化のための政策交通として、中央線および各路線の田原市街地・周辺部を循環線に再編したものである。[16]

市街地西線[編集]

  • 田原駅→図書館→藤七原湿地→衣笠→田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅
  • 田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅→衣笠→藤七原湿地→図書館→田原駅
    • 市街地活性化のための政策交通として、中央線および各路線の田原市街地・周辺部を循環線に再編したものである。[16]

童浦線[編集]

  • 渥美病院→田原駅→市役所前→図書館→シェルマよしご→波瀬→片西→白谷海浜公園
  • 白谷海浜公園→片西→波瀬→シェルマよしご→図書館→田原駅→市役所前→渥美病院
  • 片西南→シェルマよしご→図書館→田原駅→市役所前→渥美病院
    • 童浦校区から田原市街地(三河田原駅・渥美病院など)への路線である。[16]

野田線[編集]

  • 野田→芦集会所→サンテパルク→野田→仁崎→野田
  • 野田→芦集会所→サンテパルク→仁崎→野田
  • 桜橋→仁崎→野田→芦集会所→サンテパルク→野田
    • 競合解消のため西部線を見直し、校区内で豊鉄バス伊良湖本線に乗り継ぐようにしたものである。田原中学校通学のスクールバス機能ももつ。[16]

ぐるりんミニバス[編集]

表浜線[編集]

  • 図書館→市役所前→田原駅→渥美病院→神戸小学校→東ヶ谷→浜田→谷熊→渥美病院→田原駅→市役所前→図書館
    • 2017年4月1日に東部六連線 (渥美病院→田原駅→博物館入口→やぐま台集会所→浜田→百々集会所) と神戸線 (東ヶ谷集会所→神戸小学校→渥美病院→田原駅→図書館→田原駅→渥美病院→新美) を統合してできた路線である。[15]

高松線[編集]

  • 図書館→市役所前→田原駅→渥美病院→大草市民館→高松東
    • 大草校区、田原南部校区および高松校区の伊良湖本線・支線運行区域外から田原市街地への路線である。[16]

中山線[編集]

  • 渥美支所→保美営業所→(ライフランド)→福江中学校→小中山→田戸神社→(ライフランド)→保美営業所→渥美支所
    • 中山校区から福江市街地への路線である。一部の便はライフランドを経由しない。[16]

八王子線[編集]

  • ’’’東行’’’泉市民館→馬伏→八王子東→サンテパルク→野田(月・火・水・金・土曜日運行 予約式)
  • ’’’西行’’’八王子東→馬伏→渥美支所→ライフランド(火・水・土曜日運行)
    • 泉校区の伊良湖本線運行区域外と野田・福江市街地を結ぶ路線である(野田から豊鉄バス伊良湖本線に乗り継ぎができる)[16]。東行の「泉市民館 - 八王子東」・西行の「八王子東 - 馬伏」間はフリー降車区間として、路線上の任意の場所で降車できる(乗車は停留所のみ)。他路線と異なり、運休日(12月29日 - 1月3日)が設定されている。

過去の路線[編集]

2015年9月以前の路線[編集]

  • 中央線(渥美病院 - 田原駅 - 図書館 - 田原駅 - 渥美病院 - 志田)
  • 西部線(福祉センター - 図書館 - 田原駅 - 市役所 - サンテパルク)(朝の一便はサンテパルクではなく「桜橋」から発車する)
  • 表浜線(図書館 - 田原駅 - 渥美病院 - 豊島駅 - 渥美病院 - 田原駅 - 図書館)
  • 高松線(図書館 - 田原駅 - 渥美病院 - 高松東)
  • 大久保線(図書館 - 田原駅 - 福祉センター - 渥美病院 - サンテパルク)
  • 童浦線(渥美病院 - 福祉センター - 田原駅 - 図書館 - 吉胡台 - 片西)
  • 西浦循環線(田原駅 - 吉胡台 - 西浦 - 吉胡台 - 田原駅)(土曜・日曜のみ運転、2009年4月1日より運行休止)
  • 赤羽根線(サンテパルク - 赤羽根市民センター)
  • 中山線(渥美支所 - ライフランド - 小中山 - 一本松 - ライフランド - 渥美支所)

2015年10月-2017年3月の路線[編集]

市街地バス[編集]

  • 東線:田原駅→神戸→晩田→博物館入口→田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅
  • 西線:田原駅→図書館→権現の森→滝頭公園→衣笠→田原駅→市役所前→渥美病院→田原駅

ぐるりんバス[編集]

童浦線[編集]
  • 渥美病院→田原駅→図書館→波瀬→片西→白谷海浜公園
  • 渥美病院→田原駅→図書館→片西南
野田線[編集]
  • 野田→芦集会所→野田→仁崎→野田
  • 野田→芦集会所→仁崎→野田
  • 桜橋→仁崎→野田→芦集会所→野田

地域乗合タクシー[編集]

東部六連線[編集]
  • 渥美病院→田原駅→博物館入口→やぐま台集会所→浜田→百々集会所
神戸線[編集]
  • 東ヶ谷集会所→神戸小学校→渥美病院→田原駅→図書館→田原駅→渥美病院→新美
高松線[編集]
  • 図書館→田原駅→渥美病院→大草市民館→高松東
中山線[編集]
  • 渥美支所→保美営業所→(ライフランド)→小中山→田戸神社→(ライフランド)→保美営業所→渥美支所
八王子線[編集]
  • 東行:泉市民館→馬伏→八王子東→サンテパルク→野田(完全予約式、月・火・水・金・土曜日運行、12月29日-1月3日運休)
  • 西行:八王子東→馬伏→渥美支所→ライフランド(火・水・土曜日運行、12月29日-1月3日運休)

車両[編集]

ぐるりんバスの各路線は大型または中型バス (豊鉄ミデイ所属) で、ぐるりんミニバスの各路線は9人乗りワゴン車両で運行される。

注釈[編集]

  1. ^ 田原市内に住民登録している70歳以上の高齢者が、2017年(平成29年)4月1日以降に警察へ運転免許証を自主返納した際に支給される[3]

出典[編集]

  1. ^ 田原市内にある公共交通”. 田原市 (2017年3月29日). 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ 田原市ぐるりんバスのご利用案内”. 田原市 (2017年12月15日). 2018年6月23日閲覧。
  3. ^ 田原市からのお知らせ【70歳以上の田原市民の方へ】 運転免許証の自主返納を支援します (PDF)”. 田原市. 2018年6月23日閲覧。
  4. ^ 「街角ニュース 巡回バス実験運行」、中日新聞2001年6月30日付朝刊、東三河版、26面。
  5. ^ 「21日から本格運行 田原「ぐるりんバス」」、中日新聞2002年7月12日付朝刊 東三河版、25面。
  6. ^ 広報たはらNo.565(平成15年10月号)『お知らせ(生活) ぐるりんバスが赤羽根地区を走ります!』 (PDF)”. 田原市. p. 13 (2015年9月4日). 2018年6月23日閲覧。
  7. ^ 早川昌幸「ぐるりんバス赤羽根へ 田原市長 ルート延伸を発表」、中日新聞2003年9月30日付朝刊、東三河版、20面
  8. ^ 広報たはらNo.574(平成16年7月号)『ぐるりんバス 路線・ダイヤの変更』 (PDF)”. 田原市. p. 6 (2015年9月4日). 2018年6月23日閲覧。
  9. ^ 広報たはらNo.609(平成19年6月号)『市政の話題 渥美地区で「ぐるりんバス」運行開始【7月1日-】』 (PDF)”. 田原市. p. 3 (2015年9月4日). 2018年6月23日閲覧。
  10. ^ 岡田健三「田原の「ぐるりんバス」 新路線きょう誕生 保美-中山」、中日新聞2007年7月1日付朝刊、三河総合版、23面
  11. ^ 広報たはらNo.638(平成21年3月15日号)『おしらせ(生活) ぐるりんバス西浦循環線を休止します』 (PDF)”. 田原市. p. 11 (2015年9月4日). 2018年6月23日閲覧。
  12. ^ 第2次田原市地域公共交通戦略計画 平成26年6月/平成27年3月一部改訂 (PDF)”. 田原市(田原市地域公共交通会議) (2015年3月). 2018年6月23日閲覧。
  13. ^ 田原市コミュニティバス(コミュニティ乗合交通)の再編”. 田原市. 2018年6月20日閲覧。
  14. ^ 角野峻也「田原「ぐるりんバス」あす再編 バス停は増、一部値上げ」、中日新聞2015年9月30日付朝刊、東三河版、20面。
  15. ^ a b 田原市ぐるりんバスの路線・ダイヤが変わります!!”. 田原市. 2018年6月20日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g http://www.city.tahara.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/956/kohotahara_2707.pdf 広報たはら 2015年7月1日号

関連項目[編集]