田口大二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

田口 大二郎(たぐち だいじろう、1975年10月2日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の美浦トレーニングセンターに所属していた元騎手。現在企業経営者。東京都出身。血液型O型。

小学生時代は、少年野球チームに所属して野球をしていた。

裏開催の福島競馬場などでは、しばしば大穴の片棒を担ぐなど地味に活躍。騎手生活の晩年は体調不良に苦しめられる一方、体重調整ができず平地競走では規定重量で騎乗出来なくなり、騎乗停止処分を受けるなどの負の連鎖も重なった。このため、2000年以降の3年間は平地競走よりも重い体重で騎乗しやすい障害競走のみで現役を続けた。

来歴[編集]

ム超過の55.5キログラムで騎乗。

  • 2002年4月5日付けで引退。JRA通算643戦37勝(うち平地競走383戦13勝、障害競走260戦24勝)。
  • その後、民間企業に就職した後に起業。

おもな騎乗馬[編集]

関連項目[編集]