田口貞善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田口 貞善(たぐち さだよし、1941年 - 2019年4月6日)は、日本の体育学者奈良産業大学教授・京都大学名誉教授教育学博士東京大学)。運動筋肉生理学生化学が専門。

略歴・人物[編集]

岐阜県益田郡金山町(現:下呂市)生まれ。金沢大学教育学部卒業後、東京大学大学院修了。京都大学教養部助教授〜同大学大学院人間・環境学研究科教授を経て、2007年より奈良産業大学ビジネス学部教授。

運動時の筋肉の可塑性、特に収縮特性や代謝特性の変化について多くの研究成果を残す。

助教授時代の1987年 - 1989年、及び教授時代の1993年春に京都大学硬式野球部の監督を務め、1989年春には関西学生野球連盟において第5位の成績を残す。2001年から2004年まで硬式野球部部長を務めた。

2019年4月6日、京都市左京区京都大学医学部附属病院で死去、77歳没[1]。叙従四位[2]

著作[編集]

  • 「体力・健康・運動―その科学的基礎」 - 文理閣(1981年5月)
  • 「運動生理学―エネルギー・栄養・ヒューマンパフォーマンス」(翻訳) - 杏林書院(1992年8月)
  • 「若い時に知っておきたい運動・健康とからだの秘密」(共著) - 近代科学社(1998年10月)
  • 「スポーツの百科事典」(監修) - 丸善(2007年1月)
  • 「スポーツサイエンス入門」(編集) - 丸善(2010年1月)

脚注[編集]

  1. ^ “田口貞善氏が死去 京都大名誉教授、運動生理学”. 京都新聞社. (2019年4月6日). https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190408000151 2019年4月10日閲覧。 
  2. ^ 『官報』7号、令和元年5月15日