田子ノ浦部屋 (2000-2012)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田子ノ浦部屋(たごのうらべや)は、かつて日本相撲協会に所属していた相撲部屋。現存する同名の部屋とは、系統的なつながりはない。

歴史[編集]

1998年(平成10年)9月場所限りで引退して準年寄久島海として出羽海部屋の部屋付き親方となった後、1999年8月に年寄・田子ノ浦を襲名した14代田子ノ浦が、2000年2月1日付で出羽海部屋から分家独立してさいたま市に田子ノ浦部屋を創設した。2003年12月には東京都江東区へ部屋を移転した。

所属力士の四股名には、当初は師匠の現役時の四股名から1字取って「久」という字がよく使用されていたが、後年は師匠の故郷である和歌山県の海の色に因む「碧」(あお)という字を使用するようになった。2011年7月場所にはブルガリア出身の碧山が新十両へ昇進し、部屋史上初となる関取が誕生して、その後のさらなる弟子育成も期待されていた。

しかし、2012年2月13日に師匠である14代田子ノ浦が急逝し[1]、後継者の資格を有する部屋付きの親方もいなかったため、田子ノ浦部屋は閉鎖された。残された8人の弟子たちは、同じ出羽海一門に所属する出羽海部屋(5人)と春日野部屋(3人)に分割移籍した。同じ部屋の所属力士が2つの部屋に分かれて移籍する例は戦後初のこととなった。なお、力士たちの移籍する部屋が2つに分かれたのは、各人の希望を尊重した結果であるという[2]

最終所在地[編集]

師匠[編集]

  • 14代:田子ノ浦啓人(たごのうら けいひと、前1・久島海、和歌山)

閉鎖時点の所属力士[編集]

春日野部屋へ移籍[編集]

  • 碧山亘右(前7・ブルガリア)※移籍後に関脇へ昇進
  • 碧天大市(下8・大阪)
  • 碧己真己樹(三1・大阪)

出羽海部屋へ移籍[編集]

  • 海龍玄氣(下29・和歌山)
  • 久之虎克太(三31・和歌山)
  • 碧の正謙太(三68・大阪)
  • 碧海浜翔馬(二3・神奈川)
  • 碧城景旦(二68・愛知)※移籍後に吉村景太(本名)に改名

脚注[編集]

  1. ^ 田子ノ浦親方、46歳で急死 部屋で吐血 スポーツ報知 2012年2月13日閲覧
  2. ^ “田子ノ浦部屋の8力士、移籍先は2部屋”. 日刊スポーツ. (2012年2月22日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20120222-907390.html 2012年2月22日閲覧。