田子雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田子 雅 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム たご みやび
ラテン文字 Miyabi Tago
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技障害走短距離走
種目 400mH, 400m
大学 中央大学
生年月日 (1988-07-15) 1988年7月15日(31歳)
出身地 埼玉県さいたま市
身長 169cm
体重 51kg
引退 2016年9月
成績
地域大会決勝 アジア大会
400mH:7位(2010年
国内大会決勝 日本選手権
400mH:2位(2010年, 2011年
4x400mR:2位(2010年)
自己ベスト

60m:7秒95(2007年)
100m:12秒30(2011年)
200m:25秒55(2006年)
400m:54秒54(2010年)
100mH:14秒46(2010年)

400mH:55秒99(2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田子 雅(たご みやび、1988年7月15日 - )は、埼玉県さいたま市出身の元陸上競技選手。専門は障害走400mハードルの自己ベストは日本歴代4位の55秒99。2010年広州アジア大会日本代表

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

埼玉県さいたま市出身。血液型はA型[1]

幼稚園から中学3年生まではクラシック・バレエを習っていた。陸上競技は友人に誘われたのがきっかけで中学から開始。中学時代は全日本中学校選手権の出場を逃し(追い風参考記録でなら参加標準記録を超えていた)、県総体200mの6位が最高成績となった[1]

埼玉県立久喜高等学校に進学してからはロングスプリントに転向すると、高校2年時の秋から本格的に400mハードルを取り組み始めた。3年時にはインターハイ400mハードルで優勝を成し遂げた[1]

大学時代[編集]

中央大学進学後も記録を伸ばし続け、1年時の2007年には関東インカレ日本インカレで入賞、2年時の2008年には関東インカレ400mハードルで優勝、3年時の2009年には400mハードルで関東インカレ2連覇と日本インカレ初優勝を成し遂げ、香港・東アジア大会では金メダルを獲得した。

4年時の2010年には中央大学陸上部の女子主将となり、シーズン前の冬季練習では苦手だったウエイトトレーニングやハードリングなどに取り組んだ。すると、5月の国際グランプリ大阪400mハードルにおいて、大会前の自己ベスト(2008年の57秒35)を大幅に更新する日本歴代4位・日本学生歴代2位の55秒99をマーク。最内の1レーンながら、日本史上4人目となる55秒台で日本人トップの3位に入り、日本選手としては久保倉里美に4年ぶりに勝利した[2][3]。6月の日本選手権400mハードルでは久保倉里美に次ぐ2位に入り、11月の広州アジア大会日本代表に選出されると、迎えた大会では7位入賞を果たした。

大学4年間で、400mハードルでは関東インカレ3連覇、日本インカレ2連覇を達成し、大学4年時には日本学生個人選手権も合わせて学生の主要大会を全て制した。また、4×400mリレーでも大学4年時に関東インカレと日本インカレの優勝に貢献。

社会人時代[編集]

中央大学卒業後は、教員資格を取るために科目等履修生として中央大学に再度入学。授業のない日はJ.VIC(主に小中学生を対象にした陸上スクールのクラブチーム)で先生たちのサポートをしながら競技を続けた[1]

2014年からニシ・スポーツ所属。

2016年9月末で現役を引退した[4]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
400m 54秒54 2010年9月10日 日本の旗 東京都
100mハードル 14秒46 (+0.9) 2010年6月18日 日本の旗 平塚市
400mハードル 55秒99 2010年5月8日 日本の旗 大阪市 日本歴代4位

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 東アジア大会 (en 中華人民共和国の旗 香港 400mH 優勝 59秒23
2010 アジア大会 中華人民共和国の旗 広州 400mH 7位 57秒35
2011 アジア選手権 日本の旗 神戸 400mH 4位 57秒35
2016 日中韓3カ国交流 大韓民国の旗 金泉 400mH 決勝 DNF

日本選手権[編集]

4x400mR日本選手権リレーの成績

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2007 (大1) 第91回 大阪市 400m 予選 56秒28
400mH 4位 58秒97
2008 (大2) 第92回 川崎市 400mH 7位 59秒51
2009 (大3) 第93回 広島市 400mH 3位 58秒03
2010 (大4) 第94回 丸亀市 400mH 2位 56秒31
横浜市 4x400mR 2位 3分39秒11 (4走)
2011 第95回 熊谷市 400mH 2位 56秒90
2012 第96回 大阪市 400mH 8位 1分26秒02
2014 第98回 福島市 400mH 5位 59秒63
2016 第100回 名古屋市 400mH 予選 1分00秒09

その他[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 (高3) 日本ジュニア選手権 出雲市 400m 予選 57秒39
400mH 2位 1分00秒30
インターハイ 大阪市 400mH 優勝 59秒41 自己ベスト
国民体育大会 神戸市 400mH 優勝 59秒52
2007 (高3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 予選 7秒95 自己ベスト
2007 (大1) 関東インカレ (1部) 東京都 400m 2位 55秒77
400mH 3位 59秒31
日本インカレ 東京都 400m 5位 55秒72 自己ベスト
400mH 6位 59秒64
4x400mR 5位 3分47秒49 (4走)
全日本学生チャンピオンシップ 平塚市 400mH 8位 1分01秒53
国民体育大会 秋田市 400m 予選 56秒00
日本ジュニア選手権 大分市 400m 7位 56秒51
2008 (大2) 静岡国際 袋井市 400mH 6位 59秒38
関東インカレ (1部) 東京都 400m 4位 55秒59
400mH 優勝 58秒17
4x400mR 2位 3分41秒62 (4走)
日本学生個人選手権 平塚市 400mH 3位 59秒24
トワイライト・ゲームス 東京都 400mH 4位 59秒67
日本インカレ 東京都 400m 5位 55秒61
400mH 2位 57秒35 自己ベスト
4x400mR 3位 3分42秒69 (4走)
国民体育大会 大分市 400mH 4位 57秒77
実業団・学生対抗 小田原市 400mH 優勝 58秒10
2009 (大3) 静岡国際 袋井市 400mH 6位 58秒86
関東インカレ (1部) 東京都 400m 2位 55秒47
400mH 優勝 57秒79
4x400mR 4位 3分42秒53 (4走)
日本学生個人選手権 平塚市 400mH 2位 58秒38
トワイライト・ゲームス 東京都 400m 6位 55秒79
400mH 優勝 58秒21 大会記録
日本インカレ 東京都 400m 4位 55秒60
400mH 優勝 57秒94
4x400mR 2位 3分41秒75 (4走)
スーパー陸上 川崎市 400mH 3位 58秒25
国民体育大会 新潟市 400mH 2位 57秒73
実業団・学生対抗 平塚市 400mH 優勝 58秒46
メドレーR 2位 2分09秒01 (3走)
2010 (大4) 静岡国際 袋井市 400mH 4位 57秒55
国際グランプリ大阪 大阪市 400mH 3位 55秒99 自己ベスト
自身初の55秒台 (前ベスト57秒35)
関東インカレ (1部) 東京都 400m 2位 54秒55
400mH 優勝 56秒94 大会記録
4x100mR 予選 46秒25 (4走) 決勝進出[注 1]
4x400mR 優勝 3分39秒59 (4走) 大会記録
日本学生個人選手権 平塚市 100mH 予選 14秒46 (+0.9)
400mH 優勝 58秒30
トワイライト・ゲームス 東京都 400mH 優勝 57秒91 大会記録
日本インカレ 東京都 400m 3位 54秒54 自己ベスト
400mH 優勝 57秒74
4x400mR 優勝 3分40秒23 (4走)
実業団・学生対抗 小田原市 400mH 3位 57秒86
メドレーR 2位 2分13秒38 (3走)
2011 静岡国際 袋井市 400mH 4位 57秒64
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400mH 5位 57秒35
サマー・ゲームス 東京都 400mH 優勝 57秒49
国民体育大会 山口市 100m 準決勝 12秒46 (+0.2)
4x100mR 予選 DQ (4走)
2012 静岡国際 袋井市 400mH 3位 56秒57
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400mH 決勝 NM 計器故障のためレース不成立
東日本実業団選手権 熊谷市 400mH 優勝 56秒92 大会記録
トワイライト・ゲームス 東京都 400mH 3位 57秒62
全日本実業団選手権 福岡市 400m 6位 56秒91
400mH 3位 59秒06
国民体育大会 岐阜市 400m 予選 55秒97
400mH 3位 58秒02
2014 静岡国際 袋井市 400mH 5位 57秒64
木南記念 大阪市 400mH 5位 59秒05
東日本実業団選手権 福島市 400mH 3位 59秒37
実業団・学生対抗 小田原市 400mH 3位 58秒83
全日本実業団選手権 山口市 400m 予選 57秒71
400mH 4位 59秒40
2015 静岡国際 袋井市 400mH 4位 58秒92
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400mH 3位 58秒66
東日本実業団選手権 熊谷市 400m 6位 57秒67
400mH 2位 58秒59
実業団・学生対抗 平塚市 400mH 5位 59秒85
全日本実業団選手権 岐阜市 400m 7位 57秒11
400mH 5位 59秒69
2016 静岡国際 袋井市 400mH 4位 59秒44
木南記念 大阪市 400mH 4位 59秒56
全日本実業団選手権 大阪市 400mH 予選 1分03秒07

脚注[編集]

  1. ^ 予選のみ出場。決勝の中央大学は46秒06で4位
  1. ^ a b c d 「マイプライバシー / 田子雅(J.VIC)」『月刊陸上競技』第45巻第11号、講談社、2011年10月号、 39-41頁。
  2. ^ 「大阪グランプリ」『月刊陸上競技』第44巻第7号、講談社、2010年6月号、 22頁。
  3. ^ 「国際グランプリ大阪2010」『陸上競技マガジン』第60巻第11号、ベースボール・マガジン社、2010年6月号、 15頁。
  4. ^ 11月26日(土)に東金アリーナ陸上競技場にて「キッズ陸上教室in東金2016」が開催されました。”. 東金市陸上競技協会・公式フェイスブック (2016年11月30日). 2018年1月23日閲覧。