田島バイパス (国道289号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道289号標識

田島バイパス(たじまバイパス)は、福島県南会津郡南会津町にある国道289号バイパス道路である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:南会津郡南会津町大字田島
  • 終点:南会津郡南会津町大字永田
  • 計画全長:2.2㎞
    • 供用済全長:1.8km
  • 計画幅員:25.0m(車道部 6.5m×2、歩道部 4.5m×2。現在は片側を用いた暫定2車線供用)

概要の詳細[編集]

会津鉄道会津田島駅周辺の南会津町(旧田島町)中心市街地の混雑緩和及び良好な市街地環境の形成が求められていたことから、通過交通と生活交通の分離のため、また鉄道との平面交差の解消のために1994年7月15日に都市計画決定、1995年度に事業化が行われ、会津線を挟んで市街地の北側に建設された。現在は起点側、御蔵入大橋を含む0.5㎞と、終点側、新大門橋を含む1.3㎞の計1.8㎞が暫定2車線で供用中であり、残りの中間400mの整備が行われている。また、国道289号現道と国道121号宇都宮方面との分岐地点から会津線を越え当バイパスに至る159mが都市計画道路鎌倉崎松ノ下線として計画されており、2018年7月6日に国道289号の道路区域として編入された[1]

接続路線[編集]

道路施設[編集]

御蔵入大橋(阿賀川)
新大門橋
  • 全長:25m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成30年7月6日付け 定例第3017号 福島県告示第574号
  2. ^ 橋梁年間 御蔵入橋詳細 - 日本橋梁建設協会

出典[編集]