田島宣弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田島宣弘 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム たじま のぶひろ
ラテン文字 Nobuhiro Tajima
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技短距離走
種目 60m, 100m, 200m
大学 日本体育大学
生年月日 (1980-11-07) 1980年11月7日(39歳)
成績
国内大会決勝 日本陸上競技選手権大会
100m 2位 (2002年)
自己ベスト
60m 6秒79 (2002年)
100m 10秒13 (2002年)
200m 21秒36 (2001年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田島宣弘(たじま のぶひろ、1980年11月7日 - )は、日本陸上競技選手。専門は短距離走100mの自己ベストは10秒13。

経歴[編集]

2002年5月、水戸で行われた水戸国際陸上競技大会の100mに出場し、日本歴代5位(当時)に相当する10秒13をマークして2位に入った。このレースを制した末續慎吾は日本歴代3位(当時)の10秒05をマークしている[1]

2002年6月、金沢で行われた第86回日本陸上競技選手権大会の100mに出場し、10秒05の大会新記録をマークした朝原宣治に次ぐ2位に入った。

2002年9-10月、韓国釜山で行われた第14回アジア競技大会の100mに出場するも予選敗退に終わった[2]

2003年7月、横浜で行われた第72回日本学生陸上競技対校選手権大会の100mで初優勝を果たした[3]

2003年8月、韓国・大邱で行われた第22回ユニバーシアードの100mに出場し、石倉一希と共に決勝に進出して4位入賞を果たした(石倉は7位)。同種目での日本選手の決勝進出は1973年モスクワ大会石沢隆夫以来、実に30年ぶりだった[4]

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒13 (+1.9m/s) 2002年5月6日 日本の旗 水戸市
200m 21秒36 (0.0m/s) 2001年7月1日 日本の旗 東京都
室内
60m 6秒79 2002年2月23日 日本の旗 横浜市

脚注[編集]

  1. ^ 横山(観一高出)棒高制す 水戸国際陸上 四国新聞社 (2002-5-8) 2014年7月6日閲覧。
  2. ^ 第14回アジア競技大会(2002/釜山) 日本代表選手成績一覧 日本オリンピック委員会 2014年7月6日閲覧。
  3. ^ 田島が初優勝/日本学生対校陸上第2日 四国新聞社 (2003-7-5) 2014年7月6日閲覧。
  4. ^ 会報 - 第100号(2003年11月1日発行) 日本学生陸上競技連合 (PDF, 1.3 MB) 2014年7月6日閲覧。