田崎慎治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田崎慎治

田崎 慎治(たざき しんじ、1872年5月6日明治5年3月29日) - 1954年昭和29年)4月3日)は商学者村瀬春雄門下で、専門は海運論、海上保険論。神戸大学名誉教授、神戸商業大学(現神戸大学)初代学長。正三位勲一等

人物・経歴[編集]

長崎県西彼杵郡三重村(現長崎市三重)出身。長崎商業学校(現長崎市立長崎商業高等学校)を経て、1901年東京高等商業学校(現一橋大学)専攻部保険科を卒業。日本における保険学の祖である村瀬春雄の最初の門下生となった。村田省蔵は友人。1901年東京高等商業学校講師。1902年から文部省外国留学生としてバーミンガム大学で保険学を学び、1906年商学士の学位を取得。同年長崎高等商業学校(現長崎大学)教授に就任するが、隈本有尚校長と対立し、1908年、水島銕也の誘いをうけ神戸高等商業学校(現神戸大学)教授に就任。1925年から同校第2代校長、1929年から1942年まで、大学に昇格した神戸商業大学(現神戸大学)の初代学長を務め、六甲台への移転等にあたった。ブラジル移民政策を推進し、教え子に上塚司、辻小太郎、宮坂国人、粟津金六、九十九利雄らがいる。門下に加藤由作(一橋大学名誉教授)、福田敬太郎(第3代神戸大学学長)等[1][2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]