田川建三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田川 建三(たがわ けんぞう、1935年 - )は、日本の新約聖書学者、著述家。大阪女子大学名誉教授。宗教批判を通じて現代批判を試みた著作でも知られる。「神を信じないクリスチャン」[1]を名乗る。

経歴[編集]

1935年東京生まれ。聖学院高校東京大学宗教学宗教史学科(1958年卒業)を経て、同大学院西洋古典学科で学び、博士課程3年目の夏にストラスブール大学に留学。エティエンヌ・トロクメ教授に師事し、1965年に宗教学博士の学位を取得。1965年より1970年国際基督教大学で助手および講師として勤め、1970年4月に「造反教官」として追放される。チャペル礼拝のとき講壇から「神は存在しない」「存在しない神に祈る」と説教した[1]

1972年から1974年ゲッティンゲン大学神学部専任講師、1974年から1976年ザイール国立大学神学部教授、1977年にストラスブール大学で客員教授、帰国して大阪女子大学教授(西洋思想史、女性学)を1999年まで務める。その後、執筆活動を行いながら兵庫県西宮市などで私塾を主催する。

文献批判に立脚した新約聖書学の伝統の上で、キリスト教批判や宗教批判、そして現代社会批判を展開したことで知られる。代表作に『新約聖書 訳と註』(全7巻8冊・第71回毎日出版文化賞受賞作)、『書物としての新約聖書』、『イエスという男 逆説的反抗者の生と死』など。吉本隆明の著作を批判的に解き明かした『思想の危険について-吉本隆明のたどった軌跡』などの著作もある。

2018年の時点で新約聖書概論(仮題『事実としての新約聖書』)、『リーメンシュナイダーもしくは自治自由の都市の形成』、『マルコ福音書注解』中巻を執筆する予定としている。『新約聖書 訳と註』を書いたのは新約聖書概論で聖書の引用をする上で可能な限り正確な翻訳が先に存在していなければならず、新約聖書全体の訳とその詳細な註解がなければならないと考えたからである。[2]

思想[編集]

田川はルドルフ・ブルトマンが4福音書の矛盾を指摘したとして高く評価する。神を信じるとは、神を想像する偶像崇拝であり、「神とは人間がでっちあげた」ものなので、「神を信じないクリスチャン」こそが真のクリスチャンであり、自分は「神を信じないクリスチャン」であるとする。聖書ギリシャ語は教会解釈に逃げているのであり、「私はある意味で聖書を破壊した」という。またイエスという男はほとんど神について語っていないと考えている。聖書学の研究が進んだ19世紀後半から20世紀前半にはルターの伝統に従って正確なイエスという男の姿を追求していたが、後半からは保守反動が来ているとする[1]

著作[編集]

翻訳[編集]

  • 1965年11月 ハンス・コンツェルマン著『時の中心 ルカ神学の研究』新教出版社。
  • 1969年 エティエンヌ・トロクメ著『使徒行伝と歴史』新教出版社。
  • 1974年 ハンス・コンツェルマン著、田川建三、小河陽訳『新約聖書神学概論』新教出版社。
  • 2001年1月 デイヴィド・ダニエル著『ウィリアム・ティンダル ある聖書翻訳者の生涯』勁草書房、ISBN 4326101326
    • 原著: David Daniell, William Tyndale: A Biography, Yale University Press, 30 Nov 1994. ISBN 0300061323 / Paperback: 1st Mar 2001, ISBN 0300068808

自著[編集]

  • 1966年 Miracles et Evangile, la Pensée personelle de l'évangéliste Marc, Paris, Presses Universitaires de France
  • 1968年8月 『原始キリスト教史の一断面 福音書文学の成立』勁草書房、ISBN 4326100370
  • 1971年8月 『批判的主体の形成 キリスト教批判の現代的課題』三一書房、ISBN 4380712001
  • 1972年 『思想的行動への接近 イエスと現代』呉指の会
  • 1972年1月 『マルコ福音書』上巻(『現代新約注解全書』)、新教出版社
  • 1972年12月 『立ちつくす思想 田川建三評論集』勁草書房、ISBN 4326980141
  • 1976年6月 『歴史的類比の思想 田川建三評論集』勁草書房、ISBN 4326150750, Keiso c books, ISBN 4326980095
  • 1979年 『思想的行動への接近 イエスと現代』河田稔
  • 1980年2月 『イエスという男 逆説的反抗者の生と死』三一書房、ISBN 4380802116
  • 1984年3月 『宗教とは何か』大和書房、ISBN 4479800182, ISBN 4479730206
  • 1987年8月 『思想の危険について 吉本隆明のたどった軌跡』インパクト出版会、ISBN 4755400074 /新装版2004年10月30日 ISBN 4-7554-0145-3
  • 1997年1月 『書物としての新約聖書』勁草書房、ISBN 432610113X
  • 1997年2月 『マルコ福音書』上巻(増補改訂版)、(『現代新約注解全書』)、新教出版社、ISBN 4400111520
  • 2004年3月 『キリスト教思想への招待』勁草書房、ISBN 432615375X
  • 2004年6月 『イエスという男 第2版』(増補改訂版)、作品社、ISBN 4878936819
  • 2006年5月 『宗教批判をめぐる 宗教とは何か』上、洋泉社、ISBN 4862480292(1984年刊『宗教とは何か』を大幅に増補改訂し、分冊した上巻)
  • 2006年7月 『マタイ福音書によせて 宗教とは何か』下、洋泉社、ISBN 4862480454(同下巻)
  • 2006年9月 『歴史的類比の思想』(新装版)、勁草書房 ISBN 978-4326153886
  • 2006年9月 『立ちつくす思想』(新装版)、勁草書房 ISBN 978-4326153879
  • 2006年9月 『原始キリスト教史の一断面―福音書文学の成立』(新装版)、勁草書房 ISBN 978-4326101641
  • 2007年7月 『新約聖書訳と註 第3巻 パウロ書簡 その一』作品社、ISBN 978-4861821349
  • 2008年7月 『新約聖書訳と註 第1巻 マルコ福音書マタイ福音書』作品社、ISBN 978-4861821356
  • 2009年7月 『新約聖書訳と註 第4巻 パウロ書簡 その二/疑似パウロ書簡』作品社、ISBN 978-4861821363
  • 2011年2月 『新約聖書訳と註 第2巻上 ルカ福音書』作品社、ISBN 978-4861821370
  • 2011年8月 『新約聖書訳と註 第2巻下 使徒行伝』作品社、ISBN 978-4-86182-138-7
  • 2013年6月 『新約聖書訳と註 第5巻 ヨハネ福音書』作品社、ISBN 978-4-86182-139-4
  • 2015年3月 『新約聖書訳と註 第6巻 公同書簡 / ヘブライ書』作品社、ISBN 978-4-86182-155-4
  • 2017年8月 『新約聖書訳と註 第7巻 ヨハネの黙示録』作品社、ISBN 978-4-86182-419-7

編集[編集]

  • 1999年6月 『日本の名随筆』別巻100, 作品社、ISBN 4878936800
    • 各巻タイトル: 聖書/解説(田川建三): pp.210-236.

関連文献[編集]

  • 1981年 滝沢克己著『聖書のイエスと現代の人間 田川建三「イエスという男」の触発による』三一書房、ISBN 4380812030
  • 1997年7月23日 Tai Kawabata, Author Seeks an Exact History - Scholar's New Testament intro opens eyes, The Japan Times, 23 July 1997, p.3.(英語)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『考える人』特集「はじめて読む聖書」 【ロングインタビュー】田川建三「神を信じないクリスチャン」聞き手・湯川豊2010年春号 新潮社
  2. ^ 田川, 建三 (2008). 新約聖書 訳と註 1 マルコ福音書/マタイ福音書. 新約聖書 訳と註. 作品社. ISBN 978-4861821356. 

関連項目[編集]