田悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田 悦(でん えつ、751年 - 784年)は、中国節度使河朔三鎮の一つであった天雄軍を率いた。平州盧龍県の出身。

幼くして孤児となり、叔父の魏博節度使田承嗣に育てられる。大暦14年(779年)に田承嗣の死後を魏博節度使の留後となり、魏博節度使の継承が許されて検校工部尚書と御史大夫を兼ねた。当初、7万の軍勢を有していたが、朝廷は節度使の勢力削減の一環として天雄軍の兵力を3万に制限して残りを帰農させるように命じた。彼は表向きこれに屈して削減に応じたが、帰農する兵士たちに自己の財産を分け与えて返したために却って名声を得た。

建中2年(781年)に河朔三鎮の一つである成徳節度使の継承問題を巡って河朔三鎮と朝廷が対立すると、田悦ら河朔三鎮側は反乱を起こして、翌年田悦は魏王を称した。続いて河南二鎮(平盧節度使・淮南西道節度使)も挙兵したことから、興元元年(784年)に徳宗は河朔三鎮に屈して、田悦は魏王の称号を取り消す代わりに、節度使は留任したままで検校尚書右僕射と済陽王の地位を与えられた。だが、戦闘中の誤りから動員した兵の7割以上を失ったために、軍内部の不満が高まり、間もなく田承嗣の子の田緒を擁したクーデターによって殺害された。

参考文献[編集]

  • 布目潮渢「田悦」(『アジア歴史事典 6』(平凡社、1984年))