田村しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田村しげる

田村 しげる(たむら しげる、1908年明治41年)12月20日 - 1980年昭和55年)10月14日)は昭和期の作曲家。

経歴[編集]

京都府峰山町(現京丹後市)出身。家は、現在の田村写真館(京丹後市峰山町白銀) 1925年大正14年)、地元の宮津中学を卒業し上京。武蔵野音楽学校に入学。 1927年(昭和2年)3月7日に発生した北丹後地震で故郷の家が被災し、財産を喪失。苦学の末に武蔵野音楽大学を卒業。

1931年(昭和6年)ビクターレコードから「酔って笑って」を作曲し作曲家デビュー。翌年キングレコードの専属となり、東海林太郎等に曲を提供する。

戦後は、コロムビアの専属として、ラジオ歌謡の「たそがれの夢」、「白い花の咲く頃」、「リラの花咲く頃」などの曲を数々手がけた。

妻は作詞家の寺尾智沙である。「白い花の咲く頃」は妻と共に作詞作曲した。 また、白い花が咲くころは、丹後文化会館に石碑がありボタンを押すと白い花が咲くころのメロディーが流れる。

代表曲[編集]

  • 『山は夕焼』(昭和9年9月)[岡田千秋作詞、歌:東海林太郎
  • 『母をたずねて』(昭和9年11月)[時雨音羽作詞、歌:東海林太郎]
  • 『綾乃の子守唄』(昭和9年12月)[久保田宵二作詞、歌:東海林太郎]
  • 『女の友情の唄』(昭和9年12月)[吉屋信子作詞、歌:松島詩子、山野美和子]
  • 『家なき児』(昭和10年5月)[時雨音羽作詞、歌:東海林太郎]
  • 『さくら道成寺』(昭和12年4月)[佐藤惣之助作詞、歌:三門順子
  • 『ふるさとの母』(昭和12年9月)[梁取三義作詞、歌:松島詩子]
  • 『チンライ節』(昭和13年8月)[時雨音羽作詞、歌:樋口静雄
  • 『たそがれの夢』(昭和23年6月)[西沢義久作詞、歌:伊藤久男
  • 『白い花の咲く頃』(昭和25年11月)[寺尾智沙作詞、歌:岡本敦郎
  • 『リラの花咲く頃』(昭和26年5月)[寺尾智沙作詞、歌:岡本敦郎]