田村丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田村 丈
170221 Joh Tamura.jpg
育成選手時代(2017年2月21日、宜野湾市立野球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 (1992-11-20) 1992年11月20日(27歳)
身長
体重
185 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 育成選手ドラフト3位
初出場 2018年8月1日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田村 丈(たむら じょう、1992年11月20日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

関大北陽高校では1年まで内野手をやっていたが、2年になって投手に転向した[1]。甲子園出場はなし。

関西学院大学では1年時から登板機会があったが、その後は腰のケガなどもあって戦線を離れる期間が長く[1]、リーグ通算は11試合に登板、0勝2敗、防御率3.57。4年時に横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの入団テストを受験したが、不合格となった[2]。その後大学を留年してトレーニングジムに通い、再び横浜DeNAベイスターズの入団テストを受験し合格[1]2015年のプロ野球ドラフト会議横浜DeNAベイスターズから育成3巡目指名を受け、11月15日に支度金300万円、年俸360万円で(金額は推定)で仮契約した[3]。背番号は「103」。

DeNA時代[編集]

2016年、2軍で8試合に登板し2勝1敗、防御率4.09[4]

2017年、主に先発として2軍で18試合に登板し3勝8敗、防御率4.78だった。

2018年、中継ぎに転向すると、2軍戦で好投を重ね、7月26日に支配下登録されることが発表された[5][6]。背番号は「92」。8月1日に一軍登録されると、対読売ジャイアンツ16回戦(横浜スタジアム)で一軍デビューを果たした。

2019年、一軍登板がなく、10月1日に戦力外通告を受けた。10月21日に現役引退を表明した[7]

現役引退後[編集]

2020年シーズンからは、横浜DeNAベイスターズが運営するベースボールクラブのコーチに就任している[8]

選手としての特徴・人物[編集]

最速151km/hのストレートと、フォークなどが持ち球[9]

入団テストでは50メートル5秒6をマークするなど[2]、野手を含めてもチーム1、2を争うほどの俊足の持ち主[10]。関学大時代の後輩の近本光司も「丈さんには負けてました」と話している[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 DeNA 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 3 0 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 3.00
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 3 0 0 0 0 0 0 0 2 2 18.00 3.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 103 (2016年 - 2018年7月31日[12]
  • 92 (2018年7月31日[12] - 2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ウイニングボールのトレーニングが、人生を変えるかもしれない。 パフォーマンス アップ スポーツ トレーニング メソッド
  2. ^ a b DeNA育成3位・田村は大学経て指名 デイリースポーツ 2015年10月22日
  3. ^ “DeNA、育成D3位の田村と契約合意 年俸360万円”. サンスポ SANSPO.COM. 共同通信社 (サンスポ). (2015年11月15日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20151115/den15111517280001-n1.html 2016年12月2日閲覧。 
  4. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月9日閲覧。
  5. ^ 田村丈選手 支配下選手として契約が決定 | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ. 2018年7月26日閲覧。
  6. ^ DeNA田村丈投手が支配下契約「初登板目指し」”. 日刊スポーツ (2018年7月26日). 2019年1月17日閲覧。
  7. ^ 田村丈選手 現役引退のお知らせ | 横浜DeNAベイスターズ”. 横浜DeNAベイスターズ (2019年10月21日). 2019年10月21日閲覧。
  8. ^ “横浜DeNAベイスターズ ベースボールスクール コーチ紹介”. https://www.baystars.co.jp/school/baseball/instructor/ 2019年12月2日閲覧。 
  9. ^ 留年、育成、そして1軍デビュー 横浜DeNA田村がプロ初登板 小田幸平氏「おもしろいですね」”. AbemaTIMES (2018年8月1日). 2019年1月17日閲覧。
  10. ^ 横浜DeNA・砂田、広島・丸も認めた俊足の持ち主が明かした驚きの事実 「野手も含めチーム1番の俊足投手が他にいる」”. AbemaTIMES (2018年8月21日). 2019年1月17日閲覧。
  11. ^ 関学大練習会で記者が審査役 走力も肩も二重丸 高校、大学先輩が明かすドラ1近本の素顔(3)”. デイリースポーツ (2018年10月29日). 2019年1月17日閲覧。
  12. ^ a b 新規支配下選手登録 | 2018年度公示 | NPB.jp 日本野球機構”. 2019年1月17日閲覧。

関連項目[編集]